『バットマン vs スーパーマン』最新予告編で2大ヒーローが衝突するプロセスが明らかに!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』初解禁画像 (C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC
画像を拡大して見る

誰もが知る世紀の2大ヒーローによる夢の共演を描くエンターテイメント超大作『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の最新予告編が解禁され、両者が“世紀の対決”を迎えるまでのプロセスがついにベールを脱いだ。

華やかなパーティー会場で、新聞記者からバットマンについて尋ねられた男が不敵に笑うシーンで映像は始まる。声をかけられたブルース・ウェインは、世界有数の資産家であり、大企業ウェイン・インダストリーを統括する大富豪。夜は高級車でパーティーに繰り出し美女たちとハデに騒ぐプレイボーイだが、彼は夜が深まった頃、バットマンとしての活動を開始する。一方のクラーク・ケントは、デイリー・プラネット社で働く、メガネをかけた生真面目な新聞記者だが、その真の姿は、家族と愛する女性との出会いによって世界を守るための行動を開始した“地球最強の男”スーパーマンだ。

■映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』世紀の対決編 予告

彼らは、自分の周りの人々に危害が及ばぬよう、自身がヒーローであることをひた隠しにしながら孤独に戦い続けてきた。しかし、ヒーローとしての互いの存在は認識しており、恐怖で悪を支配するバットマンの正義を批判するクラーク・ケントと、強大過ぎる力を持つスーパーマンを持ち上げる記事を書き続けるデイリー・プラネット社の記者であるクラークの間には、一触即発の危機感が立ち込める。そこに突如現れ「世紀の対面だ」と嬉しそうに割り込んでくる謎の男、レックス・ルーサー。2人の正体を知っているかのように振る舞うこの男は、いったい何者なのか?

行き過ぎた正義で批判されるバットマンと、超人的能力を持ち人類から巨悪とみなされ「過大な力は害をもたらす」と恐れられていくスーパーマン。彼ら2人の“世紀の対面”は、やがて“世紀の対決”へと姿を変えていく。映像の最後に登場する謎の生物の正体とは? 愛する家族と女性を守ってきたはずの“正義の象徴”スーパーマンがどうして悪に染まってしまうのか? 最強の男、スーパーマンを、人類の希望を背負ったバットマンは止められるのか?

2016年3月25日(金)日米同時公開となる映画『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』の詳細については、公式サイト(http://www.batmanvssuperman.jp)をチェックしよう。

■『バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生』

2016年3月25日(金)日米同時公開決定!

公式サイト⇒http://www.batmanvssuperman.jp
プロジェクトDCコミックス⇒https://warnerbros.co.jp/dccomics/
配給:ワーナー・ブラザース映画
(C)2016 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC., RATPAC-DUNEENTERTAINMENT LLC AND RATPAC ENTERTAINMENT, LLC

歴代バットマン映画の最高傑作『ダークナイト』

歴代バットマンの映画の中でも、最も評価が高い評価をウケているのが『バッドマン ビギンズ』『ダークナイト』、『ダークナイト ライジング』の『ダークナイト』シリーズの3本。

今までのアメコミの概念を覆す、バットマンを演じるクリスチャン・ベールが描く苦悩するヒーロー像、そして『ダークナイト』でジョーカーを演じたヒース・レジャーの今までにない狂気に満ちた敵。

『バットマン vs スーパーマン』の予習のためにも事前に見ておきたい作品だ。 

[字] [吹] バットマン ビギンズ

映画 洋画 アクション サスペンス アドベンチャー

製作年:2005年

壮大なスケールで描かれた衝撃の本格アクション超大作。

[字] [吹] ダークナイト

映画 洋画 アクション サスペンス アドベンチャー

製作年:2012年

アカデミー賞最有力!ヒース・レジャー、史上最凶のジョーカーを怪演。

[字] [吹] ダークナイト ライジング

映画 洋画 アクション サスペンス 犯罪/クライム

製作年:2012年

伝説が、壮絶に、終わる。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

PAGE
TOP