大泉洋が新幹線開業に勝負をかける函館の老舗旅館と弁当店のチャレンジを応援

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「新幹線通ったら人生変わった~大泉洋が応援!大逆転にかける北海道の人々~」ポスター (c)HBC/TBS
画像を拡大して見る

北海道・函館の“勝負のとき”に密着したドキュメントバラエティ「新幹線通ったら人生変わった~大泉洋が応援!大逆転にかける北海道の人々~」が、2016年2月21日(日)午後3:30よりTBS系にて放送される。

いよいよ2016年3月に開業する北海道新幹線。東京と北海道が一本の線路でつながる一大交通インフラが実現するが、それは地元の人にとって、人生最大の転機をつかむ切っ掛けになるのだった…。同番組では、北海道新幹線の開業を間近に控えて奮闘する地元の人たちに密着し、彼らの様子を大泉洋が応援する。老舗旅館による“外国人誘致作戦”や、弁当店のヒット駅弁開発の様子を追うほか、「地元の駅が“通過点”になるのを防ごう!」と町ぐるみで取り組む、北海道新幹線の玄関口・木古内(きこない)町の人たちの姿も紹介する。

●外国人客を呼び込め…老舗旅館のチャレンジ!

いまや宿泊客が減少し廃業寸前、函館のはずれにある創業80年を誇る老舗旅館「二本柳旅館」。その4代目主人が、北海道にも数多く訪れる外国人客を旅館に呼び込むべく、和室に手を加えたり、宿泊する外国人がそば打ち体験する企画を立てたりと悪戦苦闘する。さらに、外国人客の取り込みで成功している東京の旅館に弟子入りしようと意気揚々と乗り出すが…。果たして50代を迎えたご主人の一世一代の“外国人誘致作戦”の結末は!?

●ヒット駅弁を生み出せ…地元業者の開発に密着!

函館で細々と駅弁を販売する弁当店「函館みかど」は、青函連絡船の往来が盛んだったころの忙しい日々を懐かしく思いながら、再び地元が盛り上がる機会に、北海道新幹線にあやかった駅弁をつくろうと一念発起。年1回、新宿の京王百貨店で開催される駅弁界最大の祭典“京王駅弁大会”に、新幹線弁当を出品しようと試作を重ねるが、当日、予想外のハプニングが起こってしまい…!?

出演は大泉洋、河野真也(オクラホマ)、室谷香菜子(HBCアナウンサー)、ナレーターは北川久仁子が務める。

ついに函館まで延伸する北海道新幹線 (c)HBC/TBS

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP