草なぎ剛、主演ドラマ「スペシャリスト」撮影に充実感「あまりにも楽しい現場!」 (1/2)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木曜ドラマ「スペシャリスト」出演者、左から松原唯子役・芦名星、我妻真理亜役・夏菜、滝道博喜役・吹越満 (c)テレビ朝日
画像を拡大して見る

草なぎ剛主演の木曜ドラマ「スペシャリスト」の制作発表記者会見がテレビ朝日本社アトリウムにて行われ、草なぎ剛をはじめ、南果歩、芦名星、和田正人、夏菜、平岡祐太、吹越満といった主要キャストが、自身の演じる役柄と意気込みについて語った。

「スペシャリスト」は、冤罪で10年間服役し、その期間中に受刑者の犯罪手口や背景、心理状態などを知り尽くす“犯罪心理のスペシャリスト”となった異色の刑事・宅間善人(草なぎ剛)が、その類まれなる経歴と能力を活かし、様々な難事件を解決していく新感覚刑事ドラマ。過去4回のスペシャル放送を経て、2016年1月14日(木)午後9:00より連続ドラマとしてスタートする同作の詳細については、公式サイト(http://www.tv-asahi.co.jp/specialist_2016/)を参照されたい。

●チームワークもバッチリ! 「あまりにも楽しい現場!」と草なぎも太鼓判

 テレビ朝日・堂真理子アナウンサーに呼び込まれ、出演者全員が舞台上に登壇すると、会場に集まった報道陣からは無数のフラッシュが! 100人を超える観客からも大歓声が沸く中、キャスト陣から『スペシャリスト』における役柄と意気込みが語られました。

 今回の現場について、草なぎは「みんなで話したり、体操したり…と、いつも自然で和やか。でも、集中する時は集中する、あまりにも楽しい現場!」とニッコリ。そんないい環境の中、2013年のスペシャル第1弾から3年にわたり、“宅間善人”という役と向き合ってきた彼は「今回から新メンバーの夏菜ちゃんと和田っちも参加してくれて、新しくて良い風を吹かせてくれていることもあり、とってもいい撮影ができてます。また、僕が何度も犯人が誰だか分からなくなったほど(笑)、台本もよく出来ていているし、宅間の家族愛も描かれるんですよ。ぜひ謎解きと人間ドラマを楽しんでほしいです!」と、作品への熱い思いを吐露。長きにわたってコンビを務めてきた南も、頼もしそうに見つめていました。

●草なぎ、2016年にかける思いを“書”にしたためる! 「涙」という字に込めた願いとは…?

 会見後半には、「今年初めて」という紋付袴に着替えた草なぎが再登場。2016年も始まったばかりということで、気持ちも新たに“書き初め”に挑戦しました。2m×3.6mの巨大な紙を前にした草なぎは「こんなに大きい紙に書くのは初めてかもしれない!」と目を丸くしながらも、特大の筆を手にさっそく書き初めを開始することに。「難しい!」とあたふたしながらも、一角一角丁寧かつ力強くしたため、「涙」という文字を完成させました! この文字に込められた思いについて草なぎは「いろんな涙があるけど、1年を通して嬉し涙をたくさん流したい」と、前向きなコメント。さらに「制作陣は視聴者に一粒の涙を流させたいという気持ちでドラマを作っているところがあるんです。『スペシャリスト』でも皆さんに感動の涙を流してほしいです」と、視聴者にも語りかけました。

■宅間善人(たくま・よしと)役 草なぎ剛 コメント

 現場のチームワークはホントに整ってます。セリフが多いので、みんな自分のことで精一杯ではあるんですけど(笑)、みんなで一緒にいる時はいろいろ話したりしてるんですよ。今は寒いので、果歩さんに以前教えてもらった湯たんぽを、夏菜ちゃんにも勧めてみたり、あとはみんなで体操してみたり…と、いつも自然で和やか。でも、集中する時は集中する、あまりにも楽しい現場ですね! 今回から新メンバーの夏菜ちゃんと和田っちも参加してくれて、新しくて良い風を吹かせてくれていることもあり、とってもいい撮影ができてます。また、僕が何度も犯人が誰だか分からなくなったほど(笑)、台本もよく出来ていて、仕掛けがスゴいんです。今回は宅間の家族愛も描かれて、感情がぶつかり合うところはグッとくるんですよね。ぜひ謎解きと人間ドラマを楽しんでほしいです! ホントに楽しんでいただける作品になっていると思いますので、ぜひとも期待してください。

――1月14日(木)放送『科捜研の女』への宅間役での出演について

 沢口靖子さんは自分がこの世界に入る前から見てた方なので、緊張しましたね。1シーンだけだったんですけど、沢口さんのオーラがスゴすぎて圧倒され、8回くらいNGを出してしまいまして(苦笑)。でも、この経験を通してひとつ勉強になりましたし、すごくいいシーンになったので、ぜひ『科捜研の女』と『スペシャリスト』を続けて見ていただけると、楽しいと思います。

――この中で“スペシャリスト”だと思う人物は?

 越さん(=吹越)はスペシャリストですよ。芝居してるけど、芝居してないっぽいというか(笑)。真剣にやっているのか、ふざけているのか分からないような、すごく面白いお芝居をされるんですよね!

――新成人へのメッセージ

 社会に出るといろんな壁や失敗もあるし、迷ったり戸惑うこともあると思うけど、どんどんいろんなことにチャレンジして、負けないで頑張っていれば、絶対何かに結び付けられます。このドラマも諦めずに長ゼリフを覚えてたら(笑)、連ドラになりましたしね。何事も近道はないと思うし、大変なことも必ず自分の身になると思います。なので、めげずに頑張ってほしいです。

次ページ:■姉小路千波(あねこうじ・ちなみ)役 南果歩 コメント>

<<

<

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP