映画“せか猫”原作・川村元気×主題歌・HARUHIスペシャル対談「この曲がエンディングで流れることで悲しみがちゃんと希望に変わる」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

現在公開中の佐藤健×宮崎あおい出演の映画『世界から猫が消えたなら』。今回、同映画の音楽担当・小林武史プロデュースで話題の主題歌「ひずみ」でメジャーデビューしたシンガー・HARUHIと原作小説の作者でもあり、『告白』や『モテキ』など様々なヒット映画のプロデュースで知られる川村元気氏の対談の模様が届いた。


公開中の映画『世界から猫が消えたなら』主題歌「ひずみ」を歌うHARUHI(右)と原作者の川村元気氏(左)(中央のぬいぐるみは劇中に登場する猫・キャベツ)

この対談をおこなった日(5月1日)は、映画に出演の佐藤健、宮崎あおい、HARUHIの3人が登場するイベント試写会が行われ、来場者の前で主題歌「ひずみ」を初披露したHARUHI。今回イベント終了後に2人の対談を行った。

すでに4年くらい前には出会っていたという2人からは、主題歌や制作時の知られざるエピソードなど興味深い話しが飛び出した。

—— この映画の主題歌としてHARUHIさんが担当することになったきっかけは何ですか?

【原作者・川村元気】もう4年前くらいになりますが、ある時13歳のHARUHIさんのデモテープを聞かせて頂く機会があり「すごい声だな」と衝撃を受けて、いつか一緒にお仕事できたらと思っていました。それで、今回映画『世界から猫が消えたなら』で音楽を小林武史さんにやっていただけることになって、4年前の思いもあってリクエストをして、今回主題歌「ひずみ」をHARUHIさんと、小林武史さんに作っていだたくことになりました。

4年前はまだ小説の構想も固まってなかったし、映画化されるとは夢にも思っていなかったのですが、彼女とはいつか一緒にやってみたいと思っていたミュージシャンの1人で、今回は正に「狙っていた」という感じです(笑)

—— そんな川村さんに「狙われていた」HARUHIさんですが、このお話は最初どんな感じでお聞きになったのですか?

【主題歌・HARUHI】2年ほど前この映画主題歌のお話があるとは聞いていたのですがまだ曲もできていなくて、半信半疑で高校生活を送っていたのですが、ある日小林武史さんから「曲が出来たので聴いてみて」と言われてスタジオに顔を出したら、いきなり「歌ってみて」と言われて初めてその場で「ひずみ」を歌うことになって、それが主題歌との初めての出会いです。

日本語で歌うこと自体初めてだったので、最初は言葉を正確に発することで頭が一杯でしたが、今は映画も見て曲の意味も理解して本当に素晴らしい曲だと思っていて、歌っていて本当に楽しいです。

【川村】実は今回の曲は何度かレコーディングをし直しているのですが、結局採用されたのは一番最初のテイクで、永井監督とは初めて聞いた時に、歌詞の日本語一文字一文字を丁寧に歌ってくれているのに感動しました。彼女自身も普段から日本語が苦手と言って、それが一生懸命伝えようとする力になって我々に伝わってきたんだなと思います。

—— 映画の中で「ひずみ」が流れるわけですが、いかがですか?

【川村】この映画は簡単にいうと死にゆく人のお話なので見方によってはバッドエンディングにも見えてしまうのですが、この曲がエンディングで流れることで悲しみがちゃんと希望に変わるんですね。こんなことってあまりなくって、だから本当にこの曲は凄いなと思っています。

【HARUHI】この曲も映画も観る方聞く方、それぞれの想いを込めて見たり聴いたりできる広い世界観を持っているので、私も特定の場面や誰かに想いを込めて歌うというより、聴いてくれる一人一人が想像を広げてもらえるように歌っています。

【川村】僕は彼女が日本語が上手になってほしくないなと思っているんですけど(笑)日本語が上手じゃないからこそ、日本語で歌うことの意味があるんじゃないかと思って。

※HARUHI「ひずみ」が流れる映画『世界から猫が消えたなら』予告編

ひずみ

シングル

映画「世界から猫が消えたなら」主題歌


試聴する
停止する

—— 本日(※インタビュー日は5月1日の試写会での後に行った)試写会の終わりで歌われましたがいかがでしたか?

【HARUHI】普段もライブはやっているのですが、試写会で歌ったのは初めてで、キャストの皆さんもいらっしゃったので、かなりプレッシャーでした(笑)いつものライブハウスとは違ってホールでやったのも初めてだったし、お客さんのリアクションも新鮮でした。

【川村】今回聞いてHARUHIさんにはホールがあってるなと感じましたし、歌っている時はこんなに格好いいのに、MCでは本当に子供みたいなので(笑)つられて宮崎あおいさんも珍しく感化されたのか、今日は子供みたいになっていて面白かったです(笑)

でもその子供ごころというか童心が声に出ているのが良いなと改めて思いました。今回、映画チームが「ひずみ」のMVを製作させていただいたのですが、MVにも最後の数秒は彼女の素の姿が出ていて、この童心から、この声が生まれるんだなと。制作スタッフはみんな「ひずみ」という曲が好きで集まってくれたので、いい出会いだったなと改めて思います。

【HARUHI】クレーンなど大掛かりな機材もあって、ダンサーのかたもいて、雨が降っていてものすごく寒かったので足湯も用意してくださっていて(笑)デビュー曲でこんなに素晴らしいMVを作って頂いて感謝しています。

—— 今回発売されるシングルには英語の曲も入っていますが、今後「ひずみ」の英語バージョンや今後の予定などは?

【HARUHI】「ひずみ」は日本語ならではの表現があって、英語だと伝わらない部分もあると思うので日本語のままが良いなと思います。川村さんがおっしゃったみたいに歌詞の一言一言が英語だと表現が難しくて。

今回のシングルには英語の曲もあって、それぞれの特徴を活かした形で今後もやっていきたいし、日本語と英語が混ざった曲もやっていきたいですね。

【川村】今回、明光義塾さんのCMでHARUHIさんと小林武史さん共作の「あたたかい光」が使われていてそのCM制作をやらせていただいたのですが、内容がドキュメンタリーだったので歌詞に合わせて映像を繋いでいったのですが、やはりHARUHIさんの曲は映像と合うなと改めて感じました。

今後は映画はもちろん、CMやドラマ、アニメ、アメリカの映画でも良いし、彼女自身アートもやる人なので、どんどんいろいろな映像作品やクリエイターと組んでいったらより良さが出るアーティストなんじゃないかと思います。

【HARUHI】ありがとうございます!そう言っていただけると嬉しいです。頑張ります。今後ライブを予定しているので、そこで皆さん聴いていただきたいです。

—— 最後に、この映画は自分の命を延命するためにいろいろな物を消していくストーリーですが、HARUHIさんがこの世から絶対消したくない、曲、映画、本をお聞かせください。ちなみに先日川村さんは、映画は『E・T』、音楽はチャップリンの『スマイル』本は『谷川俊太郎の詩集』、マンガは『ドラえもん』と答えていただきました。

【HARUHI】難しい!本は最近読んだ「アルケミスト」という小説がすごく感動しました。曲は……PARAMORE(パラモア)の「Ignorance」ですね。つらい時にずっと歌っていたので、この曲が無かったらと思うと……。映画は凄く悩みます……。2つあるのですが『ジュリー&ジュリア』と『ショーン・オブ・ザ・デッド』なのですが。

【川村】えっ『ショーン・オブ・ザ・デッド』?(笑)

【HARUHI】だって面白いんですよ!(笑)あっ、でも『千と千尋の神隠し』ですね。これは絶対に消したくないと思います。

【川村】あれも名前が消えてしまう映画でしたね。僕の中でもベスト3に入る作品ですね。

—— ちょうどいい作品が出たところで、最後に読者にメッセージをお願いします。

【川村】ぜひ映画と原作の両面から、少し不思議な世界を楽しんでいただければと思います。よろしくお願いします。

【HARUHI】ありがとうございました。この映画をきっかけに「ひずみ」を聴いてくれる人が増えたら嬉しいです。応援よろしくお願いします!

原作者・川村元気(左)とHARUHI(右)

■映画『世界から猫が消えたなら』全国公開中

余命わずかの郵便配達員の前に現れた、自分と同じ姿の悪魔。この世界から大切なものをひとつ「消す」こととひきかえに、1日の命をもらえるとしたら…。

2016年5月14日(土)公開『世界から猫が消えたなら』(愛称=“せか猫”)は、『電車男』『告白』『悪人』『モテキ』『バケモノの子』など数々の大ヒット映画を製作してきたプロデューサー・川村元気が、LINE連載小説という世界初の形態で発表し、90万部を突破した初小説を原作とする映画。主人公“僕”と“悪魔”(二役)を佐藤健、同作のヒロインで“僕”のかつての恋人役を宮崎あおいがそれぞれ務めるほか、“僕”のたった一人の親友に濱田岳、疎遠になった父に奥田瑛二、死別した母に原田美枝子、そして愛猫キャベツが共演する。

出演:佐藤健 宮崎あおい
   濱田岳 奥野瑛太 石井杏奈 奥田瑛二 原田美枝子
原作:川村元気「世界から猫が消えたなら」
監督:永井聡
脚本:岡田惠和
音楽:小林武史
配給:東宝
映画公式サイト⇒http://www.sekaneko.com/
映画公式Twitter⇒https://twitter.com/sekaneko_movie/ @sekaneko_movie #せか猫

※宮崎あおいさんの「崎」は「立つ崎」

■6月11日(土)HARUHIプレミアムLIVE開催

今回対談に登場したHARUHIのプレミアムLIVEが6月11日に開催されることが決定。
2016年5月11日(水)発売 デビューシングル『ひずみ』<初回生産限定盤(AICL-3104〜3105)>を、Sony Music Shopで購入者頂いた限定で、先着でプレミアムイベント御招待券をプレゼントするとのことだ。

詳細は公式サイトを参照されたい。

●HARUHI公式サイト:http://www.haruhi99.jp

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP