動物の剥製であふれる旅館に幽霊の戦慄! 深川麻衣主演『日本ボロ宿紀行』第3話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アキコ・ポジチーボ

深川麻衣主演、テレビ東京系列ドラマ『日本ボロ宿紀行』。2月8日(金)深夜0時52分に放送された第3話は、厳しい営業の旅が続く中、春子はお化けが出そうなボロ宿で眠れない夜を過ごす。


深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第3話 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会

売れたCD?

音楽事務所を経営する父の急死により、経験のないまま父の仕事を継ぐことになった篠宮春子(深川麻衣)。所属タレントが続々やめていく中、春子は父の元でかつて一発当てた歌手、桜庭龍二(高橋和也)に目をつける。売れ残ったCDを売り切り、新たにヒットを飛ばそうと、春子は龍二の営業に精を出す。

今日の営業は、旧北軽井沢の駅舎。ベンチに座る人などにむけて旧時代な振り付けと共に自らのヒット曲「旅人」を熱唱する龍二。そこに不意な闖入者によって、またしても楽曲は途中で止められてしまう。水鉄砲を持った子供が、こともあろうに熱唱する龍二めがけて発射したのだ。子供は、CDを持って営業スマイルをしている春子をも狙う。怒りを子供にぶつけようとする龍二を制して、春子は「いいのよ、子どものしたことなんだから」と。

慌てて謝りに来た母親が「ほら、あなたも謝りなさい!」と言うと、子供は素直に「ごめんなさい。おじさん。おばさん。」と答える。しかし、春子はこの「おばさん」でスイッチが入ってしまう。「子供がしたことは、大人に責任を取ってもらいます!」と、水で濡れたCDを母親の前に突き出し「5枚で5400円。税込みです!」と、強制的に買わせてしまう。

湯の花旅館(群馬県嬬恋村)

深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第3話 場面1 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会

営業の後二人が向かったのは、岩肌露出する山道を登った後に現れた「湯の花旅館」。門をくぐり、宿の人を探すが、人気がない。人がいない代わりに、壁や机の上は、たくさんの動物の剥製で溢れかえっている。ロビーには、「本当に“出る”旅館」と書かれた本を読んでいる男が…。「ちょっとトイレ行ってくるわ」と龍二が離席すると、気がつけば男はいなくなっていた…。

程なくして、外に出ていた宿の主人が帰ってくる。机の上にあるクマを見て「本物なんですか?」と問う春子に「剥製ですから。ちゃんと内臓とかは取ってありますけど」と答える。「最近は新しいホテルが多いから、いろいろと個性を出しているんです」と説明する宿の主人。日本一古い旅館。日本一標高の高い旅館。日本一大きいサルノコシカケがある旅館…。

プッチン鯖缶

深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第3話 場面2 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会
深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第3話 場面3 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会

春子と龍二は、主人に「半自炊です」と言って宿を案内される。半自炊とは、ご飯と味噌汁は提供するが、あとは泊まる人間が料理するというもの。主人は美味しいおかずを出す事はできますと春子に勧めるが、春子は倹約してそれをさらりとかわす。

「簡単な料理ならできます」といって春子が龍二に出した料理は、皿の上に鯖缶を開けてひっくり返しただけのもの。名付けて、「プッチン鯖缶」と春子が命名する。「せめてほぐせよ!」と文句を言う龍二に、「これをほぐしながら食べれば、会話もほぐれるの。」と、春子。プッチン鯖缶をご飯にのせて、マヨネーズと七味をかけて渋々口にした龍二だが、意外と美味しいなと笑みをこぼした。

幽霊?幽霊が好きな人?

深川麻衣・高橋和也主演『日本ボロ宿紀行』第3話 場面4 (c)「日本ボロ宿紀行」製作委員会

龍二が「これ洗っといて」とまとめて置いておいた洗濯物を、宿の洗濯機で洗おうとする春子。夜、宿の灯りは殊のほか暗い。「怖くない怖くない」と自分に言い聞かせる春子だが、廊下で、ロビーで出会った男と遭遇してしまい、つい大声を上げてしまう。

目の下のクマもあらわに

取り乱した春子は一人で風呂場に行く事ができず、龍二についてきてもらう。男湯と女湯で隔てた壁越しに「しりとり」をして気を紛らわすが、龍二が少しでも長い時間考えていると静寂が怖くなり、龍二を急かす春子。さらには自分の部屋で寝るのも怖くなり、布団を持って龍二の部屋にやってくる。

翌日「よく寝れましたか?」の主人の言葉に「ええ、ぐっすり。」と春子は返すが、その目の下にはべったりとクマが出ていたのであった。

龍二と春子のズッコケ珍道中は、まだまだ続く。

第4話は、2月15日深夜0時52分放送

龍二のファンが現れ、春子は嫉妬?
深川麻衣主演『日本ボロ宿紀行』第4話は、テレビ東京系列で2月15日深夜0時52分放送。お楽しみに。

ドラマ25『日本ボロ宿紀行』公式サイト
https://www.tv-tokyo.co.jp/boroyado/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP