順子、母性愛に目覚める!? 深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』第4話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

火山ロミ

深田恭子主演、TBS系列ドラマ『初めて恋をした日に読む話』。2月5日(火)よる10時に放送された第4話は、『山王ゼミナール』の強化合宿に八雲雅志(永山絢斗)が現れる。春見順子(深田恭子)と雅志が仲良くする姿を見て、イライラが収まらない由利匡平(横浜流星)は合宿所から抜け出して…。


深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』第4話 (c)TBS

前回1月29日に放送された第3話では、順子から子ども扱いされる事に憤慨した匡平は授業をボイコットする。匡平の気持ちに全く気付いていない順子は、匡平に「いい加減な気持ちなら受験はやめなさい」と一喝する。順子の「匡平を絶対に東大に入学させる」という真剣な態度をみた匡平は、深く反省するのだった。

20年分の重い想い

深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』第4話 場面1 (c)TBS

背後から抱きしめられて「俺はお前が好きだ」って言われたら、ほぼ100%の人が愛の告白と思うはず。しかーし、超スーパー鈍感な順子は全く動じない。真剣な眼差しの雅志に「飲みに行くならいつでも付き合うよ」完全スルー。20年間の友情期間はそう簡単に崩せないのだった。雅志が可哀想すぎる…。

遊ぶのを我慢して勉強してきた人達

深田恭子主演『初めて恋をした日に読む話』第4話 場面2 (c)TBS

『山王ゼミナール』の強化合宿が始まる。上位成績優秀者の生徒たちは、江藤美香(吉川愛)に愛されているピンク頭の匡平の存在が気に入らない。「馬鹿なくせに、ちやほやされやがって」と敵意をむき出しにする。そこで、匡平を塾から追い出せないかと、悪だくみをするのだった。

母性愛誕生!?

合宿に来る前に、山下一真(中村倫也)から匡平の母親が亡くなっている事を聞いた順子は、必要以上に匡平の世話を焼く。まるで母親の様な順子の態度に呆れる匡平。愛情の形はちょっとズレているが、少しずつ匡平と順子の距離が近づいてるから、ま、いいのか!?

恋愛ゲーム

匡平は順子に告白できない分、どうにか自分の想いを伝えようと順子に優しく接する。順子に上着をかけてあげたり、頬についたご飯粒を取ってあげたり、歩道で車から守ってあげたりと、致せり尽くせり。順子さーん、羨まし過ぎるー!!

悪だくみ

夕飯の時間に姿が見えない匡平。すると裏山のロッジで匡平がタバコを吸っていたという情報が!! 順子は直ぐにロッジに迎えに行くが、山道のぬかるみに足を滑らせて身動きが取れなくなってしまう。そこへ、颯爽と匡平が現れる。本当に恋愛ゲームの王子様のよう!! 惚れない順子はやっぱりしくじり女だなぁ〜。順子と匡平は支え合いながら裏山を歩き、そして、仲良くインフルエンザにかかるのだった…。笑。

第5話は、2月12日(火)よる10時放送

匡平の優しさは師弟愛だよね? 次回第5話はTBS系列で2月12日(火)よる10時放送。

初めて恋をした日に読む話 公式サイト
https://www.tbs.co.jp/hajikoi_tbs/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP