卒業間近、生徒に突きつけられるクラスの闇!! 菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

長谷部香苗

丸メガネに安全靴の美術教師の計画とは!?菅田将暉主演、日本テレビ系列ドラマ『3年A組−今から皆さんは、人質です−』。1月6日(日)夜10時に放送された第1話(30分拡大)は、菅田将暉演じる柊一颯が、半年間準備を重ねてきた最後の授業を開始。爆弾によって孤立した生徒たちに、一颯の狂気が容赦無く襲い掛かります!


菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話 (c)日本テレビ

卒業式まであと10日。魁皇高校3年A組の教室に、担任の柊一颯(菅田将暉)が入ってきます。銀ブチの丸メガネにツイードのジャケットという装いは、まさに美術教師と呼ぶに相応しい。

29人の生徒の前に立った一颯は、「今から皆さんには、人質になってもらいます」と言い放ち、この瞬間から一颯は豹変し、衝撃の授業を始めます。

雑魚キャラと思われていた一颯が…!?

菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話  (c)日本テレビ

人質宣告された3年A組の生徒は急に笑い出し、女子生徒の宇佐美香帆(川栄李奈)は、「ブッキー、スベっちゃったね〜」と茶化し、面白がっています。イブキという名前からブッキーと呼ばれている一颯ですが、親しみからそう呼ばれているわけではなく、明らかにバカにされています。

男子生徒の甲斐隼人(片寄涼太)が、「アホらしい。帰る」と言って教室から出ようすると、扉は一颯が特殊な鍵をつけていて開けることができません。イラついた甲斐が一颯に掴みかかると、一颯はあっという間に甲斐を組み倒し、甲斐がポケットに忍ばせていたナイフを没収します。

「どうやら状況をのみ込めていないようだな。なら、これでどうだ」と言って、一颯は腕にはめたスマートウォッチを操作します。すると…教室の外で大きな爆発音が!! 一颯が仕掛けた爆弾によって、生徒たちは逃げ道を失い、3年A組の教室は完全に孤立。生徒たちが行き来できるのは、3年A組の教室と隣の美術室、それにトイレだけとなってしまいます。

ただならぬ状況に置かれたことに気づく生徒たち

菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話  (c)日本テレビ

一颯は、他にも学校内に爆弾を設置しており、いつでも起爆することが可能だと説明します。さらに、外部との連絡を絶つために、生徒のスマホとカバンを回収します。そして、なぜ人質に取ったのか、その理由を明かします。それは、半年前に自殺した3年A組の生徒・景山澪奈(上白石萌歌)が、“なぜ自殺したのか”を考えること。

一颯は回答者として、学級委員で澪奈と仲の良かった茅野さくら(永野芽郁)を指名し、「夜8時までに答えが出なければ、このクラスの中から1人死んでもらう」と宣告します。

澪奈はオリンピック候補と言われるほど有望な競泳選手で、近寄りがたい雰囲気とは裏腹に、じつは気さくで芯の強い生徒でした。そんな澪奈に憧れを抱いたさくらは、澪奈と仲の良い時期がありました。ところがある日、澪奈のドーピング疑惑がSNS上で拡散され、みんなは澪奈を無視するようになります。その矢先の、澪奈の自殺。

その後、一颯が3年A組の担任になりましたが、誰1人として澪奈の自殺について触れる生徒はいませんでした。

卒業式目前に掘り起こされる、半年前の生徒の自殺

菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話  (c)日本テレビ

いっぽう、先に避難していた校長・市村浩一(ベンガル)、教育コメンテーターとしてテレビにも出ている数学教師・武智大和(田辺誠一)らが、校庭から3年A組の様子を確認しようとしますが、一颯が事前に窓ガラスを交換していて外から教室内を見ることができません。

そこへ瀬ヶ山署刑事の郡司真人(椎名桔平)や、マスコミが駆けつけます。一颯は自ら警察に通報し、取り付けた監視カメラの映像を大手SNS・マインドボイスに同時配信していたのです。捜査一課理事官・五十嵐徹(大友康平)率いる特殊部隊も到着し、生徒の救出を試みますが、赤外線センサーで侵入がバレて手も足も出ません。

警察に事情を聞かれた市村は、澪奈へのイジメはなかった、遺書もなく自殺したので理由はわからない、と答えます。

生徒のクズ発言合戦

菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話  (c)日本テレビ

重々しい空気の中、澪奈の自殺の理由について議論を交わす生徒たち。とめどなく出てくるクズ発言。ドーピング疑惑で叩かれ、それを苦に自殺した、とみんなの意見がまとまりますが、澪奈から手紙をもらっていたさくらは、「1番許せないのは私…」と涙ながらに告白を始めます。

澪奈からの手紙には、「さくらとは、友達になれない」と書かれていました。手紙をもらったさくらは、みんなと同じように澪奈を避けるようになり、手紙に託した澪奈の真意に気づかないフリをしていたと話します。約束の夜8時が近づき、さくらは一颯に 「(イジメに)私を巻き込まないために書いた手紙だったのに、それを無視した…澪奈が自殺したのは私のせい」 と回答します。

ですが、澪奈から本当の理由を聞いていた一颯は、さくらの回答を《不正解》とし、約束通りこの中から1人殺す、と言い放ちます。すると、答えを間違えたさくらが死ねばいい、と言い出す生徒たち。

「お前らクズだな」とついに怒りを爆発させた一颯は、「おまえらの考えが、いかにもろく弱いものなのか、思い知らせてやる。そして変わるんだ!」と声を振り絞り、最初の犠牲者・中尾蓮(三船海斗)を、甲斐から没収したナイフで刺してしまいます。刺された中尾の左胸からは血が流れ、一颯は動かなくなった中尾を美術室に引きずって行きます。

5000万人 × 100円 = 50億円!!

菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話  (c)日本テレビ

美術室の奥は何台ものモニターが置かれ、一颯の要塞と化していました。モニターには、マインドボイスに書き込まれる無数の無責任なコメントが映し出されます。一颯は画面を見てほくそ笑むと、ユーザー5000万人に対して、この事件をエンターテイメントショーとして楽しむなら、その見物料として1人100円ずつ送金するよう要求します。

そしておもむろに自分のスマホを取り出し、待受画面を見つめる一颯。そこには3年A組の前担任らしき女性の姿が…!?

オリジナル脚本ならではのエンタメ性

菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話  (c)日本テレビ

菅田将暉のスタイリッシュでエッジの効いた怪演、永野芽郁が見せる心の中の苦悩、回想シーンでも輝く上白石萌歌、3年A組のクズっぷりを発揮した生徒たちなど、見応えたっぷりの第1話。予測できないストーリー展開にも引き込まれます!

原作小説があったら絶対に読んでいたであろう、個人的に好みのジャンルですが、武藤将吾氏によるオリジナル脚本だからこそ、先の読めないハラハラドキドキ感が倍増。登場人物も多く、今後、一颯の計画に誰がどう絡んでいくのか楽しみです!!

第2話は、1月13日(日)夜10時30分放送

菅田将暉主演『3年A組−今から皆さんは、人質です−』第1話  (c)日本テレビ

授業2日目。次の課題は…!? 次回第2話は日本テレビ系列で1月13日(日)夜10時30分放送。

3年A組−今から皆さんは、人質です− 公式サイト
https://www.ntv.co.jp/3A10/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP