運命を信じる亀梨とキュートな山Pが笑いを誘う!亀梨和也主演「ボク、運命の人です。」第1話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荻窪太郎

亀梨和也主演、日本テレビ系列・土曜ドラマ「ボク、運命の人です。」。4月15日(土)に放送された第1話では、亀梨和也演じる主人公・正木誠(まさき・まこと)が、山下智久演じる「神様」を名乗る謎の男と遭遇! 木村文乃演じる湖月晴子(こづき・はるこ)との、「運命の恋」を信じはじめるのだが……!?


亀梨和也主演「ボク、運命の人です。」第1話

「すごく良い!」「亀梨くんがカッコイイ」「山Pのキャラクターがカワイイ」と、インターネットでも大いに話題を集めた第1話。クスッと笑えて、グッとくる痛快ラブコメディが大好評だ!

女運が最悪の男!?

4月。都内の会社に異動して来た主人公・正木誠(亀梨和也)。なぜかこれまで交際してきた女性は「大きな難のある人ばかり」という最悪の女運を持つ誠だったが、現在交際している相手のことを「運命の人」だと信じていた……。

ところがそんなある日、誠の前に自らを「神様」と名乗る謎の男(山下智久)が出現し、「残念ながらキミは騙されている」と言い放つ。そして、その男の言うとおり、誠の交際相手は美人局の容疑者として逮捕されてしまうのだった。

謎の男は、落ち込む誠に向かって1枚の写真を差し出すと、そこに写った見知らぬ女性・湖月晴子(木村文乃)こそが「本当の運命の人」だと宣言。
そして、「ふたりの子供が未来の地球を救う。もしふたりが結ばれなければ、地球は滅亡する」と言うのだが……。

運命を信じる男!

半信半疑の誠だったが、謎の男が言うとおり、晴子は隣の会社に勤めていることが判明! 壁1枚をはさんだ場所で晴子が仕事をしていることを知った誠は、謎の男の「彼女はキミがこれまでに何度も運命的なすれ違いを重ねてきた女性だ」という言葉を信じ、勇気をふりしぼって晴子に声をかけることに。

「あなたは、ボクの運命の人です……ボクたちの子供が、地球を救う救世主になるんです!」と。

運命を信じない女!?

一方、「堅実で地に足の着いた人と恋愛したい」と願っている晴子は、もうすぐ30歳になるというのに男運に恵まれないままだった……。とはいえ、突然「運命の人です」と話しかけてくるような男性には当然ドン引き!

というわけで、最悪の出会い方をしてしまった誠と晴子だったが、その翌日、ふたりは出張先の駅のホームで偶然顔をあわせることになって……。

最悪の出会いからはじまった「運命の恋」!?

「やっぱりボクたちには不思議な縁がある」と感じた誠は、子供の頃に行った海水浴場や大学受験の試験会場で運命的なすれ違いを重ねてきたことを晴子に伝え、「ボクも運命なんて信じていませんでした……でもそうじゃなかった。晴子さん、あなたもボクと同じようにツラい恋愛をしてきたんですよね? ……大変お待たせしました。ボクがあなたの運命の男です」と告白!

ところが、それを聞いた晴子の返答は、「本当に気持ち悪いです。2度と話しかけてこないでください」というもので……。

恋のライバルが登場!?

さすがに落ち込む誠だったが、その数日後、今度は偶然クラシックコンサートの会場で晴子と遭遇! 誠は、高校時代に所属していた野球部の最後の試合でも晴子と運命のすれ違いをしていたことを思い出すことに。一方、晴子も次第に誠のことが気になりはじめて……。

ところがそんなとき、謎の男がさらなる予言を告げた。「野球部の試合で、誠がサヨナラヒットを打たれたバッター・定岡光圀(満島真之介)が、恋のライバルになる」と。

そうして、誠は「恋のライバルに2度も負けるわけにはいかない!」と、あらためて晴子との「運命の恋」に向け気合いを入れることになったのだった……。

次回第2話は、4月22日(土)よる10時より放送

「運命の恋」を信じはじめた誠の前に、恋のライバルが出現! この恋を勝ち取るために必要な武器は、「お金」!?
第2話は、日本テレビ系列で4月22日(土)よる10時より放送。

「ボク、運命の人です。」公式サイト
http://www.ntv.co.jp/boku-unmei/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP