「すごーい!」「たーのしー!」が止まらないアニメ『けものフレンズ』人気の秘密

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年1月よりTVアニメ作品の放送が始まった『けものフレンズ』。可愛らしい雰囲気からは想像できない謎の世界観も漂わせ、インターネット上ではさまざまな考察が飛び交っている。そんな『けもフレ』人気の秘密を紐解いてみよう。


TVアニメ「けものフレンズ」キービジュアル (C)けものフレンズプロジェクトA

■メディア複合プロジェクトから始まった『けものフレンズ』

架空の動物園「ジャパリパーク」を舞台に、“アニマルガール”と呼ばれる擬人化された野生動物たちを主人公としたメディア複合プロジェクトである。
先行コンテンツとして、2015年3月にスマホ用ゲーム・アプリがリリース。続いてマンガ雑誌『月刊少年エース』にて2015年7月号より連載が開始。
2016年11月からはインターネット・ラジオ番組『けものフレンズRADIO!!』がHiBiKi Radio Stationにて配信。
そして2017年1月よりテレビ東京ほかでTVアニメが現在放送中である。

■TVアニメ『けものフレンズ』のあらすじ

世界のどこかにある超巨大総合動物園「ジャパリパーク」。
そこはまだ明らかにされていない“サンドスター”の力によって、動物たちがヒトの姿に変身した“アニマルガール”が集まっている。
そこに暮らすサーバルは、ある日“かばん”と名付けられた迷子と出会う。
“かばん”の正体を突き止めるため図書館を目指すサーバルたち。
広大なパークを移動するためバスを手に入れ、さまざまなフレンズと出会いながら困難や危機を乗り越えながら旅路を進む—。

■高まる『けものフレンズ』人気の「すごーい!」秘密

人気の秘密はいくつかあるが、まず耳に残るシンプルで肯定的な言い回しもその1つだろう。「すごーい!」「たーのしー!」といった心から肯定するセリフが脳に沁みると語るアニメ・ファンが多い。
擬人化されたキャラクターはあくまで“野生動物が人間の外見をしているもの”として描かれているだけに、動物の習性が魅力的な個性として反映されている。本物の動物に関心が持てるようになるだけでなく、新しい発見があれば公式サイトの「けもフレ図鑑」に反映され、すぐに知識や情報を共有できるのも面白い。
そして『けもフレ』最大の魅力はさまざまな謎が散りばめられた世界観だということ。人類文化史をなぞる物語の構成、文字について、火を使わない料理など新事実が登場するたびに、張り巡らされている伏線と回収に引き込まれるだろう。

けものフレンズ

無料あり アニメ コメディ

製作年:2017年

女の子の姿になった動物たちが繰り広げる大冒険!

2016年放送のドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』で大ブレイクした星野源も『けもフレ』ファンと公言。さらに動物園にもアニメ・ファンが足を運ぶ姿が確認されており、『けもフレ』効果の盛り上がりを感じさせている。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP