〜恋するペンギン〜からの恋する人々…松岡茉優主演「水族館ガール」第5話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとせ ゆみ

松岡茉優が主演をつとめる、NHK総合「水族館ガール」。7月29日(金)よる10時に放送された第5話は…ついに、きた。嶋由香(松岡茉優)が、恋心を自覚。知られざる水族館をめぐる過去の人間関係のこもごも、そしてどうやら由香をとりまく因縁が何かあるような…!?


松岡茉優主演「水族館ガール」第5話 (c)NHK

いよいよ残すところ2話となった「水族館ガール」第5話。

突如総務部への異動を命じられた由香。翌日から小学校の見学の引率スタッフを任される。
おお。すごい無茶ブリだ、内海良太郎館長(伊東四朗)。
しかも、本社の森下洋司(木下ほうか)発案の、イルカセラピートークショーの責任者に抜擢される。

気になっちゃって、目覚めちゃうんだな。

松岡茉優主演「水族館ガール」第5話 場面1 (c) NHK

トークショーの講師としてアメリカから呼ばれたのは、今田修太(澤部佑)曰く、梶良平(桐谷健太)の恋人・沢渡夏子(中村アン)…!?
いや、違和感ありありなんですけど!? なぜって、お色気ゼロのサメ男・梶くんにそんな存在が居るなんてまったく想像できませんが!? と思っていたら、やはり訳あり。
梶は「夏子は最高の、大事な友達!」と言い切る。いやあ、それも似合わない。
だけど、異常に気にしてしまった人物が一人。
そう、当然由香だ。親友の小柴久美子(足立梨花)に問い詰められるも、まだ自分の気持ちに確信が持てず、グラグラ。
まあ…気づいたところで攻めどころが全くわからない相手だが。

一方、夏子って。

松岡茉優主演「水族館ガール」第5話 場面1 (c) NHK

夏子はどういう女性かというと、パキパキもの言う、Sっぽい美女。呼んだ当人・森下は下心丸出しで挨拶しようとするが、あまりの女王っぷりにドン引きして、早々に退散。
そうか、S女に弱いのか。頑張れ、由香。正論に高飛車を混ぜれば、やっつけられるぞ!
それはさて置き、梶は「大事な友達」でも、夏子の方はそうではない様子。
そして、梶と夏子が共有する、ある辛い過去が露呈する。
夏子の死んだ恋人が、梶の親友だったのだ。

今回は辛い過去がいっぱい出てきたよ。

一方、我らが姉御・吉崎一子(西田尚美)に現在進行形の辛い過去があったことがわかる。
現在海外で水中カメラマンとして活躍する息子と気持ちが通いあっていないということ。
離婚した当初、不登校になった息子とうまく関係を修復できず、何年も誕生日プレゼントも送れないままになっている。
夏子と吉崎の息子は時を同じくしてイルカセラピーに出会い、共に心の傷を癒していったという。
由香、ますます夏子にリードを奪われ、疎外感。
負けるなよう。

こちらの恋も、三角関係。

ところで数話前から気になる、今田と久美子の関係。
ついに二人っきりで食事まで進展。「やったね、今田!」と思いきや、久美子から突然恋話相談を受けてしまう。
久美子、由香の元彼・矢神拓也(西村元貴)が気になっている様子…わあー。かわいそう。合コンなれた女子、気安く二人っきりの食事に繰り出してはいかんよ。という、良い例。
それでも心で泣いて、「久美子さんを応援します!」と言う今田…男だな!

さあ、いよいよ本丸だよ。

結局夏子と梶は「友達だよね」「うん、そうだよね」と確認しあって一件落着。
夏子、粋に梶を焚きつけてアメリカへ戻る。
「もじゃこも、ハマチやぶりになる」
なるほど。まだまだもじゃ子なのね。
だけど、それ以上に気になる展開が。
無事にイルカセラピーのイベントを「親子が互いを分かり合う」という強いテーマで成功させた由香。
イルカトレーナーに未練はあるものの、「今あるものに向かいあおう」と総務部で頑張ることを決意した矢先、母・香子(戸田恵子)が来館。
館長とばったり出会うが、明らかに訳あり空気。
「はじめまして」とお互い挨拶しながら、ギクシャク満載。全く気づかない由香。うーん。父・晴彦(山西惇)が海洋生物嫌いなのと、何か関係があるのだろうか。
また、さらに二人の意味深な挨拶を、わけ知り顔で覗く謎の来館者・コウさん(木場勝己)。なんなのー!?
と、見ていると、館長、子どもの描いたクレヨン画を感慨深そうに見つめている。その絵の後ろには「しまゆか」の記名が…
えー!? なにー!? 由香の左遷は偶然じゃなかったの!? それとも因縁なの!?
次週が気になるが、8月5、12、19日は放送おやすみ。
むむ。待たねば。

次回第6話は、8月26日(金)よる10時より放送

いろんな謎の解明に近づき、梶と由香の距離も縮まる次回第6話は、NHK総合で8月26日(金)よる10時より74分間に拡大されて放送。

木宮条太郎の原作「水族館ガール」(実業之日本社)、主題歌・いきものがかりの「夢題〜遠くへ〜」とあわせて、お楽しみいただけます。

水族館ガール

無料あり テレビドラマ 国内ドラマ

「水族館ガール」は、生き物と悪戦苦闘して生きていく2人のドラマを軸に、人と人の心のつながり、いのちの重さ・尊さ、家族の大切さ、そして恋の行方など、見どころ満載。

水族館ガール

市役所勤務のOLから水族館イルカ課に出向!?――市役所に務めて三年、突然水族館「アクアパーク」への出...

試し読み

夢題~遠くへ~

シングル

NHK総合 ドラマ10「水族館ガール」挿入歌


試聴する
停止する

松岡茉優主演「水族館ガール」 公式サイト(http://www.nhk.or.jp/drama10/suizokukan/)

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP