ブレイク必然!「時をかける少女 」主演の黒島結菜から目が離せない

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

7月9日(土)21:00スタートの日本テレビ系ドラマ「時をかける少女」主演の黒島結菜。 デビューして間もなく、彼女が出演するNTTdocomoのCMが話題に。ここ数年はCMのみならず、映画やドラマで活躍する彼女のイメージが強い方も多いはず。演技とは思えないナチュラルな表情や立ち振る舞いにハッとさせられる魅力的な3作品を紹介する。


『あしたになれば。』 (C)2015「あしたになれば。」製作委員会

■悩みを抱えながらもフレッシュな女子高校生を演じた「あしたになれば。」

本作の舞台は大阪市東部郊外にあるぶどう畑に囲まれた南河内市。
高校の校長から「地元の町おこしのために地区の特産品を使って、ふるさとグルメの開発を」とプロジェクトを頼まれた、小関裕太演じる主人公・大介と友人たち。隣の女子校に通う黒澤結菜演じるヒロインたちとチームを組み、グルメコンテストに挑む若者たちの群像劇が描かれている。作中で最も印象深いのは、大介と黒澤演じる美希がぶどう畑で語り合う場面。大介の手首をしっかりと握り、自分の頬に持ってくる美希に思わずドキリとさせられる。素直で純粋、さわやかで凛とした彼女の視線に注目してほしい。

あしたになれば。

無料あり 映画 邦画 青春

製作年:2015年

甘酸っぱい青春を瑞々しいタッチで描いた青春ストーリー。

■痛々しいほどの一途な想いが伝わる「ストロボ・エッジ」

学年一の人気者・蓮(福士蒼汰)と関わるうちに彼を好きになってしまうヒロイン・仁菜子(有村架純)。仁菜子は自分に思いを寄せるクラスメイトの大樹と向き合いながらも、一途に蓮を想い続ける。蓮や仁菜子を始め、友達やクラスメイトそれぞれの片思いを描く恋愛ドラマ。映画では黒澤結菜演じる真央が登場するのは後半。蓮への気持ちに嘘がつけず、結果的に周りを傷つけてしまう不器用なキャラを演じている。言葉の端々に怒りの感情を暗に込める、豊かな表現力にも注目だ。

ストロボ・エッジ

無料あり 映画 邦画 青春 恋愛/ロマンス

製作年:2015年

好きな人に、好きな人がいても好き。

■感情を言葉ではなく表情で演じた「ストレイヤーズ・クロニクル」

本作品は本多孝好による小説が原作のアクション作品。
冒頭、90年代極秘に行われた実験によって子供たちにさまざまな特殊能力を与えられることにより物語は始まる。しかしそれは、20歳前後までしか生きられない命の短さと引き換えに得た力だった。彼らは二つのチームに分かれ、人類の希望と破滅の間で苦悩し傷つけ合いながら戦う。
黒澤結菜が演じるのは人類の破滅を願う「チームアゲハ」のメンバー碧。
心に抱え込んだ複雑な感情を言葉なく表現しなければならない難しい役柄を演じきった。

ストレイヤーズ・クロニクル

無料あり 映画 邦画 アクション SF サスペンス

製作年:2015年

望まぬ"能力"と限られた"命"。それでも僕らは、生き抜くんだ。

シュッとした太眉がチャーミングな黒澤結菜。どの役柄も意志の強さを感じさせるのが彼女の特徴でもあり魅力だ。まっすぐに見つめる眼差しは透明感あるキリリとした少女を思わせる反面、一瞬少年のような面差しをも感じさせる。彼女の今後にますます目が離せない。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP