【6/17金曜ロードSHOW】ハリポタ祭り・三週目。「ハリー・ポッターと死の秘宝 PART1」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとせ ゆみ

重たい空気の中始まる、最終章導入部分。先週放送の「謎のプリンス」での、ダンブルドアの死は魔法使いたちの秩序にどんな変化をもたらしたのか。ヴォルデモートの黒い悪意に、力で対抗しようとする魔法省は、すでにヴォルデモートの思惑にハマっていると言っていい。


ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1 (C) 2010 Warner Bros. Entertainment Inc. Harry Potter Publishing Rights (C) J.K.R. Harry Potter characters, names and related indicia are trademarks of and (C) Warner Bros. Entertainment Inc. All Rights Reserved.

「選ばれし者」であるハリーはもちろん、友と運命を共にする、と覚悟したハーマイオニーとロンの覚悟は悲壮感に溢れている。そんな、超重圧なハリーポッター。

■あらすじ。

ヴォルデモートの分霊箱を求めて、旅に出るハリー一行。たくさん居た協力者は、セブルスの密告によって先制攻撃を受け、チリヂリになってしまう。さらに追い討ちをかけるように魔法省の盛大なマグル狩りが始まる。当然、ハリーも狩りの対象になる。ヴォルデモートを倒せる「純血種の強い魔法使い」を得るためだとしたら、あまりに本末転倒だ。

ハリーはヴォルデモートからも魔法省からも追われ、人間界で阻害され、全く居場所を失う。それでもハリーとロン・ハーマイオニーは、ダンブルドアが残したヴォルデモート攻略のヒントを集めながら、世界を巡る…。

■キャスト紹介。

本作は久しぶりにハリーとロンとハーマイオニーの大活躍と団結が見られる。
その上で気になるキャストを紹介していきたい。
まずは物語のキーパーソン、セブルス・スネイプの、アラン・リックマン。原作通り、本当に底知れない、不思議な役どころだ。回を追うごとに、セブルスが魅力的になってくる。現状、裏切り者のスパイなのだが。

そして、また出てくる小憎たらしいおばちゃま・アンブリッジに、イメルダ・スタントン。清々しい苛立ちをありがとう。
プルプル震える、雑魚キャラにもなりきれないドラコ・マルフォイ役の、トム・フェルトン。ドラコって完全名前負け。
ルーナのパパ、ゼノフィリウスに、リス・エヴァンス。調子のいい時と、追い詰められた時の落差がすごい。コメディアンでもあるとか。なるほど。

■見どころ紹介、の前に、関連作紹介。

4週連続のハリポタ祭り。やっぱりこちらも何度でも本シリーズをお勧めしたい。なんといってもこれだけのファンタジー大作はそうそうお目見えしない。
「ハリー・ポッターと賢者の石」「ハリー・ポッターと秘密の部屋」「ハリー・ポッターとアズカバンの囚人」「ハリー・ポッターと炎のゴブレット」。ハリー始め、子どもたちの成長も楽しい。

ハリー・ポッターと賢者の石

映画 洋画 ファンタジー アドベンチャー

製作年:2001年

全世界に魔法をかけたファンタジー・アドベンチャーの最高傑作。

ハリー・ポッターと秘密の部屋

映画 洋画 ファンタジー アドベンチャー

製作年:2002年

史上最強のファンタジー 2年目の冒険が始まる!

ハリー・ポッターとアズカバンの囚人

映画 洋画 ファンタジー アドベンチャー

製作年:2004年

世界を超えて、あなたも必ず魔法にかかる!

ハリー・ポッターと炎のゴブレット

映画 洋画 ファンタジー アドベンチャー

製作年:2005年

史上最大のスケールで描かれる激動の第4章!

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団

映画 洋画 ファンタジー アドベンチャー

製作年:2007年

ハリーの本当の秘密、解禁。

■見どころあれこれ。

やはり毎回感心してしまうのが、魔法が映像可視化しているところ。デイビット・イエーツ監督の「自然に不自然」な表現に脳が喜ぶ。
今回は、まさかのハリポタでカーチェイス、こちらまで喉がひりひり乾いてくるようなロードムービーみたいな要素もある。

そして、各キャラクターたちの内面の葛藤に注目してほしい。死んでから明かされる、ダンブルドアの秘密。若者がリスペクトするのにその人の過去は関係ない。ハリーの心はいささかも揺るがない。
一方、ロンは別人のように顔が変わっていってしまう。ハーマイオニーの苦痛と活躍は特筆しておきたい。全て魔法の世界のファンタジーなのに、とてもリアル。

ストーリーは登場人物たちの敵味方がわからないまま進んで行く。さらに、全編通して重要だった、あの「彼」との別れが…。
ハリポタ最終章の導入。お見逃しなく。

ハリー・ポッターと死の秘宝 PART 1

映画 洋画 ファンタジー アドベンチャー

製作年:2010年

史上最強のファンタジー ついに、完結へ。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP