フジテレビ“オトナの土ドラ”「火の粉」第4話。全面対決に火花飛ぶ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

おーちゃん

武内(ユースケサンタマリア)+味方五人  VS  雪見(優香)+味方一人、あなたはどっちが勝利すると思いますか。「もおー。人を裁くのって、本当に難しい。」と元裁判官梶間勲(伊武雅刀)が言ったような…言わなかったような…そんな声が聞こえてきそうな第4話。


“大人の土ドラ”「火の粉」第4話

迷いの中にいる勲・不幸オーラを纏う池本夫妻・どこまで続く強靭武内!

「火の粉」第4話は、梶間勲(伊武雅刀)の揺れる思いが、画面から滲み出ていました。

雪見(優香)のいなくなった梶間家の皆さまが武内宅に招待され、手料理を振舞われます。楽しい会話と美味しい料理に、妻・尋絵(朝加真由美)と息子・俊朗(大倉孝二)は、溢れんばかりの笑顔で喜びを表します。小さい孫のまどか(庄野凜)も嬉しそうです。
そんな中、勲はグラスのビールを空けると帰ろうとしますが、武内が「お口に合いませんでしたか?」と不機嫌に問うと、尋絵のフォローもあり、その場に残ることになります。
迷いの中!? にいる勲は梶間家から出て行った雪見(優香)と連絡を取り、家に帰ってくることを勧めます。
そして、「あの男(池本)とは 会っていないだろうね。会わないほうがいい。」と雪見に諭します。

ちょうどその時、池本(佐藤隆太)と武内のことについて協力すると話していた雪見ですが、勲の優しい言葉と梶間家の家族のみんなの顔、そして娘まどかのことを思うと「池本と会うな」といった義父の思いに沿ったほうがいいと、池本には協力しない姿勢を見せます。

アテが外れた池本は誰かに電話をします。謎の占い師(酒井若菜)何と! 池本の妻・杏子です。雪見のパート先の蕎麦屋の常連になり、占いで琴音(木南晴夏)と武内の関係を後押ししたり、雪見と夫の池本を近づけるよう仕向けたりと、外から旦那の目的【武内を倒す】を支えている人です。

ネットでも評判になっていますが、普段から読書家の酒井若菜さんはこの役に挑むため、前歯を一本抜いて銀歯にしたそうです。不幸なオーラを身のまとうため考えた一つの対策だそうです。女優魂すごいです。確かに!! 綺麗な女優さんだけど、不幸なオーラ放ってましたね。夫役の佐藤隆太さんも負けてませんけど。あの挙動不審で顔半分を歪ませながら話す「不幸な迫力」が凄い。

さて、この番組、みんなが楽しんで作っているんでしょうね。ツッコミどころがわんさかあって、それだけでも原稿用紙10枚ほどいきそうですが…。
これだけは言わせて下さい。武内扮するユースケサンタマリアさんのビデオレターに向かってする突然のピースとか「なんで!?」ーもう私、笑いましたよ。思い出しても可笑しい。   

さて、この番組、みんなが楽しんで作っているんでしょうね。ツッコミどころがわんさかあって、それだけでも原稿用紙10枚ほどいきそうですが…。
これだけは言わせて下さい。武内扮するユースケサンタマリアさんのビデオレターに向かってする突然のピースとか「なんで!?」ーもう私、笑いましたよ。思い出しても可笑しい。   

オトナの土ドラ「火の粉」 公式サイト(http://tokai-tv.com/hinoko/)

火の粉

テレビドラマ 国内ドラマ サスペンス

製作年:2016年

目が離せない驚愕の心理サスペンス!

原作書籍はこちら

火の粉

累計55万部突破のミステリー。「私は殺人鬼を解き放ってしまったのか?」元裁判官・梶間勲の隣家に、二年...

試し読み

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP