【金曜ロードショー】アクション影像美「アメイジング・スパイダーマン2」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ひとせ ゆみ

いよいよ4月29日公開の「シビル・ウォー」でアベンジャーズデビューする、スパイダーマン。良かったね、良かったね! なかなか仲間に入れてもらえない…と心配していたのだ。先週放送の前作からタイムラグがほとんど無い本作。本編は2時間20分とかなり長編だが、楽しんで観られる。放送はノーカットというわけにいかないかもしれないが。


金曜ロード「アメイジング・スパイダーマン2」

ますますメソメソ悩むピーター君。ますます軽薄なスパイダーマン。このギャップがたまらない。
スパイダーマンの時の彼は、存分に能力を発揮できる万能感で、最高にウィットに富んでいる。
そして、敵が電気を操るエレクトロということもあって、アクションもCGもスパイダーっぷりがさらにグレードアップしている。そして、華美な映像以上に、執拗なまでにピーター(スパイダーマン)の内面を描くマーク・ウェブ監督の人間的視点に、ぐっとくる。

あらすじ・スパイダーマンの事情。

前作と同じ時間軸を追うところから物語はスタートする。ピーターの家族が一家離散した、あの日の1日だ。前作ではピーターの目線から当日を追った。2では、父親側から当日を追う。
なぜ、父母は姿を消さなければならなかったか。どう命を落としたのか…
そして、時代はピーターの高校卒業式に戻ってくる。スパイダーマンとしての活動(?)で、首席で卒業する恋人・グウェンのスピーチに間に合わないピーター。

それでもなんとか自分の卒業証書授与には間に合う。ピーターには避けて通れない悩みがあった。前作でピーターの正体を知り、「娘に近づくな」という約束を残して死んだグウェンの父の残像が、救助活動の最中や日常生活の中に入り込んでくるのだ。その度にピーターはグウェンから離れなければ、という強迫観念に突き動かされる。しかし、ピーターとグウェンはどうしようもなく、惹かれあっているのだった。

…と、ここまでがスパイダーマン側の事情。エレクトロ側の事情は、放送で。

キャスト。

前回も紹介したが、傷心で繊細で、迷い多き青年ヒーロー、ピーター・パーカーことスパイダーマンに、アンドリュー・ガーフィールド。
困ってヘラヘラ笑い続けてるのが、本当に可愛い。同年代には多分すごい共感を得られるキャラクター。お調子者なのに、我慢強いのも胸キュンなのだ。

ヒロイン・グウェンのエマ・ストーンは安定の美しさ。頼りないピーターに何度も結論を追求する、まさに次世代ヒロイン。前回はそんなに足を引っ張ることも無かったが、今回は黙ってない。戦闘の合間のケンカが微笑ましい。

現代の精神病理的心理を体現した敵、エレクトロことマックスに、ジェイミー・フォックス。レイ・チャールズを描いた映画「Ray」で主演男優賞を受賞した名優だ。キモくて、悲しくて、世界中にこんな孤独を抱えた人たちが溢れているのだろう、とやるせない気持ちになる。そして、ピーターの古い友達で、オズコープの若き社長・ハリーに、デイン・デハーン。えぐみのある顔で、ちょっと若い頃のケビン・ベーコンを思い出す。

見どころ…の前に、関連作品紹介。

本作の「アメイジング・スパイダーマン2」、配信中。ノーカットで観たい人、字幕で観たい人、ぜひ。先週見落としている方は、「アメイジング・スパイダーマン」も。
そして既出したが、マックス役のジェイミー・フォックス主演の「Ray」。

アメイジング・スパイダーマン2

無料あり 映画 洋画 アクション アドベンチャー ヒーロー

製作年:2014年

彼こそが"希望"

アメイジング・スパイダーマン

無料あり 映画 洋画 アクション ヒーロー

製作年:2012年

飛び越えろ、自分を。

また、個人的に強く推したいのが、劇中歌にも挿入歌にも使われたPhillip Phillips(フィリップフィリップス)の、「Gone,Gone,Gone」。フィリップフィリップスは、アメリカの大人気オーディション番組の優勝者。最高のダミ声と音楽センスに魅了される。

最後に、見どころ。

やはり、先週放送の前作と連携したところだろう。ピーターの両親の謎により深く迫り、要を失った家族がどう辛さを乗り越えていくのか、人の死をどう受け止めて生きていくのか、といったことをグラグラ揺れるピーターの目線を通して描いている。そして、登場人物全てが抱える思い、背景など味わい深いものをスピード感あふれるアクションの中に織り込んでいる。

最終的に、非常に重たいテーマと作品的原点を内包させながら、スパイダーマンの「軽い」「ノリの良い」面白さにつなげている監督の手腕に感嘆する。
アベンジャーズの、長い長い絵巻物を楽しむためにも、今週の金曜ロードショーは見逃せない。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP