第2章“コテージ編”完結!激動の第6話『わたしを離さないで』!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

荻窪太郎

綾瀬はるか、三浦春馬、水川あさみが、“臓器提供”をするために産まれた若者たちの青春を演じるTBS金曜ドラマ『わたしを離さないで』。2月19日(金)に放送された第6話をもって、ついに第2章“コテージ編”が完結を迎えた。


「わたしを離さないで」第6話、恭子(綾瀬はるか)に別れを告げにやってきた真実(中井ノエミ) (c)TBS

激動の第6話では、綾瀬はるか演じる主人公・恭子のことを見守り続けていた同級生、中井ノエミ演じる真実(まなみ)の壮絶な最期が描かれるとともに、複雑に絡み合った恭子、友彦、美和の三角関係が崩れ、3人がバラバラになっていく姿が描かれた。

愛し合っているカップルだけに与えられる“特別な猶予期間”!?

前回放送の第5話のラストシーンでは、恭子(綾瀬はるか)と友彦(三浦春馬)が車の中でこっそり手を繋ぐ姿とともに、「わたしたちは歩みだしたのだ……それが、すべての崩壊へのスタートだとは知らずに」というモノローグが語られた。

恭子、友彦、美和(水川あさみ)、3人の関係がさらに大きく動き出す予兆を感じさせながら始まった第6話では、何事もなかったようにそっけない態度をみせる友彦のせいで、恭子はこれまで以上に、友彦・美和との三角関係に悩んでいた。

訪れた”のぞみが崎”で、恭子(綾瀬はるか・左)は友彦(三浦春馬・右)に想いを告げる (c)TBS

それは、友彦に「好きだ」と初めて告白したことに加え、「愛し合っているふたりがその愛を証明することが出来れば、“特別な猶予期間”を与えられる」という噂からはじまった新たな「希望」に、恭子自身も大きく心を動かされているためだった……。

「幸せになってね」と言って、恭子を抱きしめた真実。

一方、真実(中井ノエミ)が暮らす「コテージ」では、“提供者”の権利を訴える仲間のひとりが、誤って警察官に暴行をはたらくという事件が発生。「見つかったら即時解体だぞ」と怯える仲間たちのなか、真実はある決意を胸に、ひとり「コテージ」を抜け出して恭子に会いに行く……。

久しぶりに恭子と再会した真実は、悩みを抱える恭子に向かって、「誰にだって幸せを追求する権利がある」と微笑み、「恭子、幸せになってね……なにか、産まれて来てよかったと思えることを見つけて」と、まるで別れを告げるかのように恭子を抱きしめたのだった……。

突然恭子(綾瀬はるか)の前に現れた真実(中井ノエミ)は「幸せにってね」と抱きしめる (c)TBS

恭子と友彦の仲を疑いはじめる美和。

その夜、恭子は、部屋にやって来た美和から、「友彦が納屋でヘタな絵を描いていた」という話を聞くが、“特別な猶予期間”を得るために友彦が絵を描いていることを知らない美和を見て、友彦はきっと自分を選ぶだろうと、ひそかに優越感を抱くようになる……。その一方、美和は、偶然恭子の宝箱のなかに“のぞみが崎”で手に入れたCDが入っているのを見つけ、不安に駆られはじめる……。

その後、友彦の部屋で龍子先生の手紙を見つけた美和は、恭子と友彦が自分を裏切り、ふたりで“特別な猶予期間”を得ようとしているのだと気付き、さらに大きな不安に襲われる……!?

美和(水川あさみ)はついに恭子(綾瀬はるか)と友彦との関係に気づき・・・ (c)TBS

「私は天使じゃない!」という悲痛な叫びとともに、自死を選ぶ真実。

一方、自分の「コテージ」に戻った真実は、仲間たちと一緒に逃亡を企てるが、思いがけないタイミングで警察の一斉摘発を受けてしまう……。その混乱のなか、ひとりだけ逃亡することに成功した真実は、街頭で選挙演説をしていた候補者からマイクを奪い、最後の望みをかけて、道行く人々に“提供者”の権利を訴える……。

警察にから逃亡する真実(中井ノエミ)は街角で提供者の権利を訴え・・・ (c)TBS

「私は、(“提供”に喜びを感じるような)天使ではなく、ごく普通の人間です……仕事をしたり、将来について語り合ったり、子供を持ったり、ごく普通の生き方がしたい。好きな人と一緒に生きていきたい……でも出来ない。私たちは“家畜”だから!」

そう必死に訴えかける真実だったが、駆けつけた警察官によって中断させられてしまうと、それ以上どうすることもできなくなって……ついに真実は、手にしていたナイフで自死を選ぶ。真実は自らの命と引き換えに、「自分の命は自分のものだ」と証明してみせたのだった……。

現代の恭子(綾瀬はるか)と珠世(馬場園梓)は、真実の当時の顛末に思い馳せる (c)TBS

修復できない亀裂が入り、バラバラになる恭子たち。

友彦から「俺、恭子と生きていきたい」と言われた美和は、うろたえながらも、先輩同居人・あぐり(白羽ゆり)から聞いていた恭子の噂、恭子が「コテージ」に住む複数の男性と関係を持っているという話を暴露して、友彦の想いを挫く。

そんなふたりのもとにやって来た恭子は、「誰彼かまわず男に手を出してるの?」と友彦に問いかけられ、驚く。けれど、友彦の傍らに立つ美和を見ているうちに反論する気力も失せてしまい、恭子は、もうこれ以上「美和に支配され続ける」ことを拒否するため、友彦と美和に背を向けるのだった……。

落ち込む恭子に追い討ちをかけるように、聞き取り調査にやって来た警察官が、真実の自殺を知らせる……。想像もしていなかったショッキングな出来事に、恭子は、幼少期からずっと傷つけられてきてボロボロになったその“心”を深く閉ざすことでしか、自らを守ることができなかった……。

ついに恭子(綾瀬はるか)はコテージを出て行く決意を固め、峯岸(梶原善)に手配を依頼 (c)TBS

そうして、「私は(“提供”のためだけに生きる)天使になるのだ」と誓った恭子は、すべてを断ち切り、別の「コテージ」に移り住むことを決意するのだった……。

2月26日(金)放送、第7話のあらすじは?

次回、2月26日(金)夜10時より放送される第7話からは、はなればなれになったまま「コテージ」での生活を終えた恭子、友彦、美和の現在の姿が描かれていく、最終章“希望編”がスタート!

美和の“介護人”として働く恭子は、再会した同級生・珠世(馬場園梓)から「トモの介護人をやる気はない?」と言われるが、気持ちの整理がつかず決断できないままでいた……。そんなある日、恭子は、美和が次に行う“提供”が、実質的には“即時解体”を意味する「3種同時提供」であることが知らされて……!?

残されたわずかな時間のなかで、恭子たちが向かう先に待っているのは、希望か? 絶望か? 次回第7話は2月26日(金)22時よりTBS系で放送。

金曜ドラマ『わたしを離さないで』公式サイト(http://www.tbs.co.jp/never-let-me-go/)

金曜ドラマ「わたしを離さないで」

テレビドラマ 国内ドラマ SF 恋愛/ロマンス

製作年:2016年

カズオ・イシグロの衝撃作を世界で初めてドラマ化!

わたしを離さないで

優秀な介護人キャシー・Hは「提供者」と呼ばれる人々の世話をしている。生まれ育った施設へールシャムの親...

試し読み

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP