女優・杏を好きになってしまう5つの魅力

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

スラッとした長身と小顔に、ほんわかした雰囲気も兼ね備え、それでいて芯の強さを感じる…。 そんな杏に、多くの女性たちは魅了されていることでしょう。 その魅力はどこからくるのでしょうか?その秘密を探っていきます。


女優・杏を好きになってしまう5つの魅力

その1:スラッとした長身と小顔

一目瞭然なのは、誰もが憧れる長身と小顔です!
今は、女優さんとの印象が強いですが、デビューはモデルからです。

集英社発売「non-no」の専属モデルとして、15歳から活動し、その後、国内のモデルを数々経験し、パリコレデビュー、海外のモデルとしても活躍してきました。

スラッとした長身と小顔を、よりきれいに見せる技は、モデル時代に培ったのですね! 

その2:芯の強さ

「花咲舞がだまっていない」では、間違っていることは黙っていられない、たとえ上司でも、はっきりと伝える、芯の強さを持つ女性を演じています。

その強さが本物に感じるのには、杏の生い立ちが関係しています。
父親は、有名な渡辺謙。

渡辺謙といえば、生死をさまよう白血病と、女性問題での離婚。
そして、多額の借金。

杏が働き出したのは、借金の返済が理由と語っていました。
小さい頃から、壮絶な経験をしたからこそ、芯の強さが培われ、あの花咲舞が誕生したのではないでしょうか。

花咲舞が黙ってない(第1シリーズ)

テレビドラマ 国内ドラマ ヒューマン

製作年:2014年

杏が日本テレビ連続ドラマ初出演!

花咲舞が黙ってない

テレビドラマ 国内ドラマ ヒューマン

製作年:2015年

あの痛快ドラマが帰ってくる!

その3:ほんわかした雰囲気とおちゃめな一面

杏は、モデルや女優の他に、バラエティにも出演しています。
日本テレビの「ぐるぐるナインティナイン」内のコーナー、「ゴチになります!」では、レギュラーとなりましたが、食いしん坊ぶりを発揮し、おちゃめな部分が出ていてました。

また、「花咲舞がだまっていない」で共演している、上川隆也さんとの会話では、天然な部分も見せており、ほんわかした雰囲気が、また魅力的です。

その4:多彩な才能を発揮

モデル、女優、バラエティと、多彩に活躍していますが、ミュージシャンとして、またミュージカルでも活躍しています。

歌で伝えたいこともあると、ミュージシャンとしてのデビューを果たしました。歌もう上手いと評判で、またあらたな才能の一面が発見されました。

また、パリコレなど、海外生活の経験より、英語も話せて、フランス語も少し習得されています。

絵の才能もあり、書かれた絵が注目を浴びていました。
これだけの多彩な才能が、さらに魅力的にしているのだと、改めて感じさせられます。

その5:誰もが認める読書好き

杏の読書好きは有名で、J-WAVEの「BOOK BAR」というラジオのパーソナリティをやり、本を紹介していたほどです。

特に歴史本が好きで、祖父が歴史好きということで、中学から歴史が好きになったと話しています。

休日には、神社仏閣めぐりもしているとのこと。
歴史本についての語りで、アナウンサーをうならせたこともあります。
風貌からも、和風な雰囲気が醸し出され、素敵です。

多彩な才能で、様々な魅力を引き出している杏。
好きなことは、まっすぐ追い求めていくところに道が開け、それが魅力として加わっていくのだと、感じさせられます。

容姿も素敵な上に、このように内面も素敵で、近寄りがたいと思うと、おちゃめな一面やほんわかした雰囲気も醸しだし…。

それらすべてが杏の魅力で、自然と惹きつけられてしまうんだなと、感じずにはいられません。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP