みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 234

歌手を目指してます。良いボイトレ方法を教えて下さい

はじめまして。将来歌手になる為に、ボイトレを自己流でやってます。
どうしてもロングトーンができません。何か良い方法はありませんか?

現在の投票数
2

1

音楽は人は楽しむものではなくて楽しませるもの。自分の歌を録音して自分の理想に近づくように工夫してください。
投票ありがとうございました

2

あと

10

0

あと

10

2

腹筋の上がってる状態で声出しするといいですよ^^かなりきついです><

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

3

吹奏楽でロングトーン上達のためにやるんですが、応用できるかもしれません~
壁にむいて立つ。目のまえのかべにティッシュを一枚ひろげる息をすって、くちから細く長くはいて、ティッシュが落ちないように息でおさえる(「はぁ~」、ではく「フー」っという感じです。遠くのろうそくをたくさん消すイメージ)
だんだん長くできるようになると歌うときにも役にたちますよ^^

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

4

素人が横からすみません…私は歌手を目指していませんが、みなさんの助言が凄く役に立ちます!
昔短期間ボイトレを受けていたときに、下腹部でしっかり声を支えることが大事と聞きました。なので、筋トレは欠かせないと思います。
仰向けになってピンと伸ばした両足を30度くらい持ち上げて維持。これだけで結構な運動になると思います!

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

5

私生活でも鼻から吸って口ではく。を意識しているだけでトレーニングになりますよ

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

6

知り合いで、声を使う仕事(劇団で活動されている人、
セミプロで歌うお仕事、声優)の方数人に昔聞いたことがああります。
①音をしっかり、クリアに出すためには、体の「基礎体力」が必要。有名な女性演歌歌手さんなど、「ボイストレーニング」と
共に、「基礎体力の強化」を日々されている方も多いそうです。
声を出す楽器の役目をするのが、「体」とのことです。
②「発声練習」
劇団の方がよく行われる、「あかさたな」などの声を正確に、
遠くまで出す練習。
陸上だと、日々の走りこみのイメージです。
「自分のキー、声の幅」を、少しずつ上げて、慣らしておかないと、いざの時に、「結果」が出せない、とのこと。
③「呼吸法」
腹式ほかのいろんな呼吸法。
などなどまずは、ネットで、情報をお調べになりつつ、
「基礎体力」をつけつつ、日々なさってみては。
ジャンルを絞らず、自分の好きなジャンルから、
「まずは、自分の得意なジャンル(例えば、ゴスペル、演歌など)」を、「とことん、レベルアップし、磨きをかける」のが
、その後の他のジャンルへの転用が楽かもです。
演歌の方でも、ポップを歌うと、すごく上手い方いますものね。
「ひとつ」にしばらず、基礎体力ありきで、足りない部分を
「プラス」するイメージがよいか、と思いますよ。
知り合いの何人かから聞いた話です。

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

7

やっぱり呼吸は大切だと思います。
腹筋を鍛えたり横隔膜を動かす基礎練をしたり
あとは仰向けになって発声をすると声が出やすくなりますよ^^

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

8

自分の声を録音してきくと、どうきこえてるのかわかりますよ^^

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

9

ノエルさんの言うとおりロングトーンは呼吸次第です!頑張ってくださいヽ(*´∀`)ノ

投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

10

腹式呼吸の徹底化、後は息の分配、練習してる音量にもよると思います。
肺活量を増やすのもいいかもしれません。日常生活でも腹式呼吸してください。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10


1~10件 / 10件中
この中にないのでランキングを追加