乃木坂46・秋元真夏がナレーションに挑戦!遠藤さくら初主演ドラマ「サムのこと」TVCMオンエア開始

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『サムのこと』メインビジュアル
画像を拡大して見る

このたび映像配信サービスdTVは、2020年3月20日(金)から配信がスタートするオリジナルドラマ「サムのこと」TVCMを本日から全国(一部地域除く)でオンエア致します。また、ドラマ主題歌は、乃木坂46 の25枚目シングルで4期生が歌う楽曲「I see…」に決定いたしました。

ナレーションに乃木坂46キャプテン秋元真夏を起用!メンバーたちの熱演シーンが満載なTVCMを初公開!!

本作は同じアイドルグループのメンバーだった1人が亡くなったことをきっかけに久々に集まった元メンバーたちが当時を振り返る過程で、仲間を失った喪失感が生きる希望へと変わっていく模様を描いた群像劇。本日からオンエアするTVCMは、“乃木坂46の今がここにある”をコンセプトに、ドラマ初挑戦となる乃木坂46の4期生メンバーが演技に対して不安を感じる撮影中の様子から、一転して、本編での堂々たる演技を披露する、メンバーの成長が感じられる内容に仕立てました。圧倒的人気を誇る乃木坂46の中でも、急成長を続ける4期生が乃木坂46の今を体現している存在と表現し、グループのキャプテンを務める秋元真夏による4期の背中を押すような優しくも力強いナレーションが印象的な内容です。これまでさまざまなナレーションを経験している彼女ですがTVCMのナレーションは今回が初。ナレーションを撮り終えた秋元は「サ行が苦手で”青春時代を過ごした少女たちの再生”という部分が少し難しかったです。」とコメントするも、ほぼノーミスで撮影は終了。さらに「後輩たちの映像を見ながらナレーションを撮るのはすごく新鮮でした。また、私がいなかったシーンの映像も見ることができたので、私も早く本編を見てみたいです!」と作品への期待感を語っています。

また、ドラマの主題歌には、4期生が歌う楽曲「I see…」に決定。4期生メンバーだけで歌われた楽曲ということで、彼女たちらしい、前向きで明るいアップテンポなメロディーに乗せ、ドラマのメッセージでもある<わたしたち大丈夫>という想いを力強く表現しています。同楽曲は、2020年3月25日(水)に発売される25thシングル「しあわせの保護色」(Type-D)の中に収録されます。

ドラマ配信を記念し、直木賞作家・西加奈子の「サムのこと」「猿に会う」両作品を含んだ短編集が新たに刊行!

今回ドラマ化した「サムのこと」(デビュー作「あおい」所収)と「猿に会う」(アンソロジー「東と西1」所収)の初期短編2作を含んだ短編集「サムのこと 猿に会う」が本ドラマの配信を記念し、2020年3月6日(金)に小学館文庫より新たに刊行されます。

著者の直木賞作家・西加奈子は「いろんな意味で、過去の自分にしか書くことができなかった短編たちです。皆さんが、どんな風に「今」の魔法をかけてくださるのか、とても楽しみです。」とコメント。”カッコ悪い青春時代を過ごした女子たちの再生と希望“というコンセプトのもと、どちらの作品も普段のメンバーからはとても想像できない異色なキャラクターを演じており、この作品でしか見ることのできないメンバーたちの迫真の演技は必見です!

<TVCM映像>

<秋元真夏ナレーション風景>

<番組公式サイト>

https://nogizaka46.dtv.jp

<番組公式Twitter>

https://twitter.com/dtv_nogizaka46

<番組公式Instagram>

https://www.instagram.com/dtv_nogizaka46/

■秋元真夏のコメント

サ行が苦手で●青春時代を過ごした少女たちの再生”という部分が少し難しかったです。後輩たちの映像を見ながらナレーションを撮るのはすごく新鮮でした。また、私がいなかったシーンの映像も見ることができたので、私も早く本編を見てみたいです!

■イントロダクション

出演・乃木坂46 4期生×直木賞作家・西加奈子による「希望」と「再生」の物語を完全ドラマ化!

西加奈子の小説「サムのこと」「猿に会う」を『重力ピエロ』『見えない目撃者』など映画監督として数々の作品を手掛けてきた森監督と、坂道のドキュメンタリー映画やMVで知られる高橋監督がドラマ化。キャストは、本作がドラマ初出演となる、人気No.1アイドルグループ・乃木坂46 4期生が総出演。可憐な表情で多くの人を惹きつけるアイドルとしての表情とは打って変わって、本作では個性豊かなキャラクターをそれぞれが熱演します。

青春時代や思春期に誰もが抱えた儚く切ない悩みに奮闘したあの時の大切な1シーン。美しく幸せな「今」があるのは、あの時のあの出来事が創っている。少女たちの心の再生と成長を瑞々しい感性で紡いだ爽快感溢れるストーリー。

3月20日(金)からdTVで独占配信開始!

■番組概要

『サムのこと』
配信日時:2020年3月20日(金)、21日(土)、27日(金)、28日(土) 
配信話数:全4話 (各話 約20分)  ※各話0時更新
出演:遠藤さくら 早川聖来 田村真佑 掛橋沙耶香 金川紗耶 筒井あやめ 矢久保美緒 / 秋元真夏
山本剛史 村岡希美 中島歩 ほか
原作:「サムのこと 猿に会う」西加奈子(小学館文庫)
監督:森淳一
脚本:三嶋龍朗
チーフプロデューサー:上田徳浩
プロデュース:鈴木健太郎、備前島幹人
プロデューサー:龍貴大、西ヶ谷寿一、横山蘭平
協力:秋元康
(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送

ストーリー:アリ、キム、モモ、スミ、サムは元アイドルグループ。パッとすることもなくグループは解散しメンバーは各々違う人生を歩み始めていた。解散してから1年後のある日、サムが事故死する。その通夜でメンバーたちは久しぶりに再会する。アイドルだった10代の頃のように他愛もない話に花を咲かせた残されたメンバーたちは、彼女との思い出を語りだす。しかし、その誰もが自由奔放で独自の世界観を持つ「サム」と呼ばれた彼女の素性も、家族構成さえも知らなかった。サムの思い出を語るうちに自分たちがそれまで言えなかったことを告白する。

思い出話の最中に明るみになる「サム」というあだ名の由来、事故ではなく自殺だった可能性、そして、お通夜の最中に死んだはずのサムからメッセージが届く・・・。

〜キャラクター紹介〜
サム(遠藤さくら)・・・自由奔放で独自の世界観を持つ本作の主人公。おせっかいでしつこい性格でメンバーから疎まれる存在だったが、アイドルグループを解散してから1年後に事故死する。
アリ(早川聖来)・・・LGBTであることをメンバーに隠し続けるが、ある日サムにバレてしまう。
キム(田村真佑)・・・ストレスが原因でアルコールにおぼれてしまう。翌日の失敗談は数知れず。
モモ(掛橋沙耶香)・・・妹の順調なアイドル活動に嫉妬し、ネットで妹へのネガキャンを行ってしまう。
スミ(金川紗耶)・・・幽霊&オカルトマニアで占いにもハマりすぎて借金をかかえてしまう。
キララ(筒井あやめ)・・・モモの妹。姉からのネガキャンでメンタルをやられ、引きこもりになる。
カラオケ店員(矢久保美緒)・・・サムたちがよく通うカラオケボックスの店員。
振付師(秋元真夏)・・・サムたちが所属するアイドルグループの振付師。

『猿に会う』
配信日時:2020年4月予定
配信話数:全4話 (各話 約20分)  ※各話0時更新
出演:賀喜遥香 清宮レイ 柴田柚菜 北川悠理 / 堀未央奈 ほか
原作:「サムのこと 猿に会う」西加奈子(小学館文庫)
監督:高橋栄樹
脚本:穐山茉由
チーフプロデューサー:上田徳浩
プロデュース:鈴木健太郎、備前島幹人
プロデューサー:龍貴大、西ヶ谷寿一、横山蘭平
協力:秋元康
(C)西加奈子・小学館/エイベックス通信放送

ストーリー:まこ、きよ、さつきの3人は教室の少し端っこにいるような仲良し女子大生3人組。皆実家暮らしで同じ大学に通って同じサークルに所属している。きよは、昔から何でも四捨五入するのがクセ。中学の頃からさつきは、きよの後ろにいつもくっついて歩いていた。まこはリア充の妹のぞみに対する劣等感がある。そんな3人がさつき提案で冬休みに日光東照宮に行くことになる。東照宮には日本有数のパワースポットがあり、恋愛にご利益があるのだという。しかし、まことさつきは年齢=彼氏いない歴だが、きよは既に恋愛経験済み。そんな中はじまる旅の道中で出会う占い師アキラ。テレビが伝える殺人事件の犯人逃亡のニュース。果たして3人は日光の地へ無事にたどり着くことができるのか。

〜キャラクター紹介〜
飯田まこ(賀喜遥香)・・・人の話を聞き逃すので、きよによく怒られる。また、両耳に大きなホクロがある。
蒼井きよ(清宮レイ)・・・しっかり者で物事を四捨五入しがちな性格。また、近眼で眼鏡をかけている。
明石さつき(柴田柚菜)・・・おっとりした性格で今まで彼氏がいた事がない。また、歯の矯正をしている。
川瀬涼子(北川悠理)・・・まこたちと同じ大学に通う少しイケてるタイプの女子大生。
アキラ/夏目明子(堀未央奈)・・・山道でまこたちの車に同乗する謎の占い師

※先日発表された乃木坂46 4期生新メンバーは本作(「サムのこと」「猿に会う」)には出演しておりません。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全5枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP