『Fate/Grand Order』にも登場した英雄“ラクシュミー・バーイー”の人生を描く 映画『マニカルニカ ジャーンシーの女王』が日本公開へ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<http://spice.eplus.jp/>

『Fate/Grand Order』にも登場した英雄“ラクシュミー・バーイー”の人生を描く 映画『マニカルニカ ジャーンシーの女王』が日本公開へ (C)Esselvisionproduction(p) (LTD)
画像を拡大して見る

インドの歴史大作映画『Manikarnika The Queen of Jhansi(原題)』が、邦題『マニカルニカ ジャーンシーの女王』として、2020 年1月3日(金)より2週間限定で劇場公開されることが決定した。



『マニカルニカ ジャーンシーの女王』は、インド大反乱の指導者・マニカルニカの人生を描いた映画。のちに「ラクシュミー・バーイー」の名で知られるマニカルニカは、インド史上最も有名な女性指導者として、歴史教科書にも記される人物。近年も日本のゲーム作品『Fate/Grand Order』にも登場するなど、「インドのジャンヌ・ダルク」として評価され続ける英雄だ。

(C)Esselvisionproduction(p) (LTD)

『マニカルニカ ジャーンシーの女王』では、マニカルニカの幼少期から、ジャーンシー藩王国の王妃となり、1857年に起きたインド大反乱でイギリス植民地支配と戦い29歳で命を落とすまでの波乱の人生が描かれるという。

マニカルニカを演じるのは、『クイーン 旅立つ私のハネムーン』のカンガナー・ラーナーウト。『バーフバリ』シリーズのK.V.ヴィジャエーンドラ・プラサード氏が脚本を担当。ラーダ・クリシュナ・ジャガルラームディ監督がメガホンをとっている。


公開された予告編では、マニカルニカがイギリスの植民地支配に立ち上がるまでの姿や、『バイオハザードV リトリビューション』のニック・パウエル氏がチームを率いて作り上げたアクションの一部も公開。ポスタービジュアルでは、息子のダーモーダル・ラーオを背負い、戦場で馬に乗って剣を振り回すマニカルニカの姿が描かれている。

『マニカルニカ ジャーンシーの女王』2020 年1月3日(金)新宿ピカデリー他にて2週間限定ロードショー。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP