細野晴臣、福山雅治、椎名林檎、宇多田ヒカルら参加 『井上陽水トリビュート』全15曲のダイジェスト公開

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<http://spice.eplus.jp/>

『井上陽水トリビュート』
画像を拡大して見る

11月27日にリリースされる井上陽水のデビュー50周年を記念したトリビュートアルバム『井上陽水トリビュート』全15アーティスト・15曲のダイジェスト動画が公開された。

あわせて収録曲順も発表となり、1曲目はヨルシカの「Make-up Shadow」で幕を開け、suis(Vo)のイノセントな声と、妖しげな歌詞が見事な調和を見せる。2曲目は槇原敬之が陽水のヒット曲「夢の中へ」を大胆なアレンジでカバー。陽水が中森明菜に提供した「飾りじゃないのよ 涙は」をカバーするKing Gnuは、陽水とも中森明菜とも異なる色気を醸し出す。椎名林檎が歌うのは「ワインレッドの心」。本人曰く「軽妙に書かれている言葉を、重苦しくより深刻に響かせるべく、取り組んだ」が、「最後はついスウィングしてしまいました」と言うカバーに注目。宇多田ヒカルは、自身の二十歳の誕生日イベント『20代はイケイケ!』でも歌唱した「少年時代」をカバー。

続くはウルフルズ。NHKブラタモリのオープニングテーマとなっている「女神」はウルフルズらしい、肩ひじ張らない楽しげなアレンジとなった。山口百恵への提供曲「クレイジーラブ」を一発録音でカバーしたという田島貴男は、ブルージーなサウンドが魅力的な楽曲となった。「リバーサイド ホテル」では、福山雅治が甘い色気のある声で淫靡な歌詞を歌う。今回の参加アーティストの中で唯一、陽水と同世代の細野晴臣は、自身が原曲でもアレンジを担当した「Pi Po Pa」。セルフリメイクとも言うべき分解再構築したアレンジとなっている。アーバンなR&Bを聴かせるiriは、陽水初期の名曲「東へ西へ」という異色のカバー。

ライブハウスシーン注目のロックンロールバンドSIX LOUNGEによる「Just Fit」は、武骨なアレンジで、男女のめくるめく夜を荒々しく描いている。斉藤和義は陽水の曲の中で格別好きだという「カナリア」をアメリカの荒野を感じさせるようなサウンドメイキングでカバー。井上陽水とこれまでもコラボしてきた世界的サルサバンド、オルケスタ・デ・ラ・ルスは「ダンスはうまく踊れない」。サルサアレンジになると、ダンスを踊る女性の心情はまた違った雰囲気を見せる。ACIDMANは「傘がない」。陽水自身も楽曲の意味を問いながら歌っているというこの曲を、ボーカル・ギター大木伸夫は「今も変わらぬ人間の切なく正しい矛盾を、僕なりの解釈でカバーした」という。アルバムの最後を飾るのは「最後のニュース」。平成の始まりに発表されたこの曲。30年経っても色あせないメッセージをKREVAがそのラップとトラックメイキングで鮮やかに演出する。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP