元AKB48の宮澤佐江&河西智美が秋の山梨・甲府を満喫! 同期ならではのトークも 『タビフク+VR』

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『タビフク+VR』宮澤佐江、河西智美 (c)TBS
画像を拡大して見る

プライベートでも仲の良いおしゃれな女性芸能人二人の旅行を通して、旅先や二人の魅力を映し出す番組「タビフク+VR」。2019年11月13日(水)放送分[BS-TBS/BS-TBS4K 23:00〜23:30]は「♯76 山梨・甲府(前編)」となり、元AKB48の二期生同期の宮澤佐江と河西智美が秋の山梨・甲府を訪れる。

二人は2006年に初めて出会った。AKB48を卒業してからは共にミュージカルを中心に活躍していたが、昨年、宮澤が突然活動休止を発表。そして今年7月、芸能界復帰作となった人気ミュージカル『ピーター・パン』で、宮澤はタイガー・リリー役、河西はウェンディー役で久々に同じ舞台に立った。河西にとって、祖母の家がある山梨は勝手知ったる場所。しかし、今回の旅では新たな山梨の魅力を知ることが出来たようだ。

まずは、“日本一の渓谷美”と謳われる紅葉の名所「昇仙峡」を訪れる。ロープウェイで上った弥三郎岳山頂は霊峰・富士から発する運気の流れ「龍脈」が流れる最大のパワースポット。二人は巨大な丸い一枚岩の頂上に立ち感慨に浸る。

山梨県は武田信玄の時代から金の採掘を行い、水晶も初めて発掘されるなど、“日本一の宝石の町”として発展。昇仙峡でも多くのパワーストーンが売られており、宮澤からは自分の持っているパワーストーンの話が飛び出す。そして、全国のジュエリー生産の36%を占める甲府の「Lucky Open Factory」では、ジュエリーの作り方を学び、オリジナル・リングの製作も体験する。

今回二人が宿泊したのは、笛吹川のほとりに佇む「笛吹川温泉 別邸 坐忘」。約3千坪の敷地にわずか19室という贅沢な宿で、温泉は高アルカリ性の源泉かけ流しの美肌の湯となっている。日本最古のワイナリーが経営する宿だけに、ディナーは一皿一皿をペアリングの甲州産ワインとともに愉しめる茶懐石。知っているようで知らない日本料理の作法を学びながら食べるディナー、そして、二人が部屋で繰り広げる同期ならではの会話にも注目したい。

なお、二人が訪れる様々なシーンで画面に現れるQRコードをスマホで読み込むと、360度VR動画を見ることができる。また、番組HPでは「タビフク的Best山梨・甲府のタビ」と題したガイドブックもダウンロードできるので、気になる人はチェックをお忘れなく。

■タビフク+VR|BS-TBS

https://www.tbs.co.jp/tabifuku/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全8枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP