Fear, and Loathing in Las VegasのTaiki 日本人アーティスト初「Mayones」とフルエンドースメントプレイヤー契約

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<http://spice.eplus.jp/>

Fear, and Loathing in Las Vegas/Taiki
画像を拡大して見る

Fear, and Loathing in Las Vegasのギタリスト・Taikiが、ポーランドの楽器メーカー「Mayones」とエンドースメント契約を交わした。

Mayonesはリンプ・ビズキット(Limp Bizkit)のウェス・ボーランド(Wes Borland)をはじめ、こだわりのある数多くのミュージシャンに愛用されており、Taikiは日本人アーティスト初のフルエンドースメントプレイヤーとなる。

Taikiは「時は来た、それだけだ」とコメントを発表している。

12月4日に発売となる彼らのニューアルバム『HYPERTOUGHNESS』では一体どんなギタープレーを聞かせてくれるのか? 楽しみにしていよう。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP