星野源が東京ドーム公演映像で4作連続通算4作目の映像3部門同時1位達成、男性ソロ歴代単独1位に

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星野源 アーティスト写真
画像を拡大して見る

星野源の最新ライブDVD&Blu-ray Disc(以下BD)『DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME』(ビクターエンタテインメント/8月7日発売)が、それぞれ初週に4.1万枚、5.3万枚を売り上げ、2019年8月19日付オリコン週間DVDランキング、BDランキング(集計期間:8月5日〜8月11日)で、ともに初登場1位を獲得したことが明らかになった。

星野の音楽映像作品によるDVD、BDの同時1位は、2016年7月4日付の『Live Tour“YELLOW VOYAGE”』から4作連続通算4作目。また、音楽作品のDVDとBDを合計した「ミュージックDVD・BDランキング」でも、合計売上9.4万枚で1位を獲得し、DVDとBDの1位と併せて、4作連続通算4作目の映像3部門同時1位となった。また、「映像3部門同時1位連続獲得数」と「〜通算獲得数」記録で男性ソロ歴代単独1位、さらにその他各映像ランキングにおいても、男性ソロ歴代1位(タイ含む)を記録した[※]。

今作では、2019年2月と3月に開催された自身初の5大ドームツアーより、2月27日、28日の東京ドーム公演の模様を映像化。アルバム『POP VIRUS』収録曲を中心に、「ドラえもん」や「SUN」といったヒットシングルも披露されたライブ本編のほか、ツアーで回った全国各地のライブや舞台裏を記録したドキュメンタリー、バンドメンバーとの座談会が特典映像として収められている。

なお、星野はここ最近も多岐に渡って活動を展開。11年前の楽曲で新たにレコーディングした「夜のボート」が、松尾スズキ監督・脚本・主演映画『108〜海馬五郎の復讐と冒険〜』[10月25日公開]主題歌に決定したほか、8月12日付週間BOOKランキングでは、対談集「星野源 ふたりきりで話そう」が初登場1位を獲得している。

※:星野源が本作で獲得した主な記録

●映像3部門(DVD、BD、ミュージックDVD・BD)同時1位
 男性ソロアーティストによる連続1位獲得作品数(4作)|歴代1位
 男性ソロアーティストによる通算1位獲得作品数(4作)|歴代1位
●DVD、BD 同時1位
 男性ソロアーティストによる連続1位獲得作品数(4作)|歴代1位
 男性ソロアーティストによる通算1位獲得作品数(4作)|歴代1位
●BD1位
 男性ソロアーティストによる連続1位獲得作品数(4作)|歴代1位
 男性ソロアーティストによる通算1位獲得作品数(4作)|歴代1位タイ
●ミュージックDVD・BD1位
 男性ソロアーティストによる連続1位獲得作品数(4作)|歴代1位
 男性ソロアーティストによる通算1位獲得作品数(5作)|歴代1位

【オリコン調べ(2019年8月19日付 集計期間:8月5日〜8月11日)】

■星野源 - DOME TOUR “POP VIRUS” at TOKYO DOME【Live BD&DVD Trailer】/ Gen Hoshino - DOME TOUR “POP VIRUS”

■星野源 オフィシャルサイト

https://www.hoshinogen.com/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP