THE BOHEMIANS平田ぱんだのコラム『ロックンロールの話』が書籍化、発売記念のカバーライブも開催決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<http://spice.eplus.jp/>

THE BOHEMIANS(※写真中央が平田ぱんだ)
画像を拡大して見る

THE BOHEMIANSのボーカル、平田ぱんだが初の単行本『ロックンロールの話』を10月1日(火)に発表することが決定した。

この単行本は、平田ぱんだがロックンロールのレコードを紹介するコラム『ロックンロールの話』をまとめたもので、ウェブマガジン「Rock is」にて2016年10月より月イチで連載しているもの。リトル・リチャード、ザ・ビートルズ、RCサクセションなどをテーマに綴った40回を超えるストーリーのなかから、今回の単行本に、まずは本人セレクトによる14編に加え特別企画も収録される予定。詳細は後日発表となる。

また、本作の発売を記念して、9月25日(水)に東京・高円寺のライブハウス、KOENJI HIGHにてスペシャルライブを行うことが発表された。このライブは、THE BOHEMIANSがさまざまなロックンロール・バンドのナンバーを披露する、一夜限りのカバーナイトとして開催。会場では、平田ぱんだのサイン入り『ロックンロールの話』の先行発売も行なう。

本公演のチケットは、7月13日(土)10時より発売開始となる。なお、ライブ同日、THE BOHEMIANSは自身のオリジナルニューアルバム『the popman’s review』をリリースする。



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP