欅坂46・織田奈那、櫻井淳子W主演作品「未来のあたし」レイトショー公開が決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「未来のあたし」キービジュアル
画像を拡大して見る

織田奈那(欅坂46)初主演作品としても話題を呼んだ短編映画「未来のあたし」。本作品はアジア最大のショートフィルムの映画祭「ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2018」にノミネーションされたほか、昨年11月に開催された「はままつ映画祭2018」「伊参映画祭2018」でも招待上映されるなど各回満席の大盛況。

昨年12月には織田の故郷であり、本作品の舞台でもある地元浜松市の映画館「シネマイーラ」で一般公開され、多数の動員を記録。

そんな好状況を受けて東京都内の公開がついに決定!2019年2月23日(土)より、ユーロスペース(渋谷)にてレイトショー公開されることが決定した。本プログラムは「未来のあたし〜豊島圭介ショートフィルム映画祭〜」と題され、「未来のあたし」以外にも豊島監督が過去に手掛けた短編作品「すけ坊」(主演 Micro(Def Tech))「あさのはなし」(主演 秋山成勲)も同時上映される。

待望の都内上映が決まり、「未来のあたし」主演の織田奈那は
「「未来のあたし」は私自身とても思い入れのある作品なので、こうしてたくさんの方々に観ていただけることを大変嬉しく思います。
この作品が公開されてから予想以上の反響を頂いたり、予定よりも広い範囲で上映されることが決まったりしてとても驚きましたが、
この素敵な作品をより多くの皆さんに届けられると思うとわくわくします。
豊島監督がこの作品に込めてくださった思いが観てくださる皆さんに伝わったら良いなと思います。是非劇場にてお楽しみ下さい!」とコメント

ショートフィルム作品のオムニバス上映について豊島圭介監督は
「『未来のあたし』をとうとう東京で上映できることになりました!「映画の存在は知っているのに見る方法がない!」という声を沢山いただいていましたが、やっとご覧いただけます。嬉しいです。櫻井淳子さんに引っ張られて織田奈那さんが初々しくも感情豊かなお芝居を見せてくれました。ぜひ、大きなスクリーンでご覧ください。 今回は、過去に撮りためた短編2編も合わせて公開します。「すけ坊」はDef TechのMicroさんが落語家くずれに扮して一席ぶちますし、「あさのはなし」は格闘家の秋山成勲さんが繊細な役柄に挑戦しています。ぼくの作風としては珍しくあったかいかんじの作品が並びました。ぜひご覧ください!」とコメント

 なお、公開中は豊島監督によるトークショーなども開催予定。詳細は後日発表します。お楽しみに。

●「未来のあたし 〜豊島圭介ショートフィルム映画祭〜」

上映日程:2019年2月23日(土)〜
上映館:ユーロスペース(渋谷) http://www.eurospace.co.jp/
オフィシャルページ:http://www.keisuketoyoshima.com

「未来のあたし 〜豊島圭介ショートフィルム映画祭〜」予告編YouTube

<上映作品紹介>

「未来のあたし」
(ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2018ノミネーション作品、はままつ映画祭2018 オープニング作品)
主演 桜井淳子、織田奈那(欅坂46)
あらすじ:真理、46歳。仕事があり夫も子供もいる。怒涛のように忙しい日々に追われている彼女は、ある日ひょんなことから30年近く前にタイムスリップし高校生だった自分と出会ってしまう。しかもその日は、彼女の人生最悪の日だった。
「未来のあたし」予告編(※再生10万回突破!)

「すけ坊」
(ショートショート フィルムフェスティバル&アジア(SSFF & ASIA)2015ノミネーション作品)
主演 Micro(Def Tech)
あらすじ:泰介(Micro)は、スーパーで亡き父の後を継ぎ、実演販売の仕事をしていた。そこに昔の泰介の仕事仲間、父を知るおばさん、ついには元彼女までも現れる。さらに元彼女は子連れで、その子供は泰介の子供だというが。一体泰介にはどんな過去があるのか…?

「あさのはなし」
(2016年)
主演 秋山成勲 中村映里子 花田優里音
あらすじ:
何気ない日常の朝の時間。普通の家族の朝食、支度に追われてバタバタしている父、母、娘。
その中になぜかぎこちない夫婦の会話、父娘の妙な空気感がただよい、この家族が抱えているものは何なのか、傑作のヒューマンドラマ。

監督:豊島圭介 プロフィール

1971年浜松生まれ。映画やTVドラマの監督。『ヒーローマニア-生活-』(2016)『森山中教習所』(2016)『花宵道中』(2014)『ソフトボーイ』(2010)『裁判長!ここは懲役4年でどうすか』(2010)。「徳山大五郎を誰が殺したか」(2016)「黒い10人の女」(2016)など。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全4枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP