欅坂46・今泉佑唯が「恋のツキ」で単独ドラマ初出演、本当は好きなのに強がる女の子役に「自分と被る所がたくさんあった」

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

木ドラ25『恋のツキ』今泉佑唯(サカキサトコ 役) 新田 章/講談社 (C)「恋のツキ」製作委員会
画像を拡大して見る

徳永えりが連続ドラマ初主演を務める木ドラ25「恋のツキ」[テレビ東京 2018年7月26日より毎週木曜深夜1時〜1時30分]に、安藤政信と今泉佑唯(欅坂46)の出演が決定し、二人とプロデューサーのコメントが到着した。

原作は、2012年発表の「あそびあい」で「このマンガがすごい!2015」にランクインした新鋭・新田章が、“女の浮気心”を生々しく描き出した同名コミック(講談社「モーニング・ツー」連載)。実写ドラマでは、恋人であるふうくん(渡辺大知)との結婚と、見た目がタイプで趣味が合いそうな高校生・伊古ユメアキ(神尾楓珠)との恋愛の狭間で揺れ動く31歳のフリーター・平ワコ(徳永えり)が、現代日本の様々な社会的ストレスを抱えながら、自分にとっての本当に幸せな生き方を見つけていく様子を描く。

このたび出演が発表された安藤政信が演じる土屋情は、ワコと4年前に付き合っていた元カレでバツイチ。現在スマホアプリの会社に勤めており、友人が企画した映画祭に協力している。一方、今泉佑唯(欅坂46)が演じるサカキサトコは、伊古に恋するクラスメイト。ピアノが得意で、伊古の映画制作の手伝いをしている。情とサトコ、2人の存在によって、ワコと伊古の感情はどうかき乱されていくのか? なお、安藤は今作がテレ東ドラマ初出演、今泉は単独での初のドラマ出演となる。

木ドラ25「恋のツキ」の詳細ならびに続報については、作品公式サイトを参照されたい。

■安藤政信(土屋情 役)コメント

今、勢いのあるテレビ東京深夜枠のドラマに参加できることをすごく幸せに思います。
脚本を読んだ時すごく際どい10代との恋だったり、世間では絶対許さないようなシチュエーションをどうゆう風に演出していくのか挑戦的な作品だと思いました。
僕は、テレビ東京では初めましてなのでまずは芝居を見てくれたら嬉しいです。

■今泉佑唯(サカキサトコ 役)コメント

最初、お話を頂いた時は凄くびっくりして信じられない気持ちでいっぱいでしたが、演じさせて頂くサカキが自分と被る所がたくさんあって嬉しかったです。本当は好きなのに強がる女の子を演じさせていただくのでそこを見ていただけたらと思います。

■大和健太郎(テレビ東京)プロデューサー コメント

土屋を演じる安藤政信さんはテレビ東京初出演!!そしてサカキを演じる今泉佑唯さんも単独としてはドラマ初出演ということで、このドラマ「恋のツキ」で原作のイメージ通りの二人が“土屋”“サカキ”を演じる姿を観れるのがとても楽しみです。
ワコ(徳永えり)、ふう(渡辺大知)、伊古(神尾楓珠)のトライアングル恋愛模様から、土屋(安藤政信)、サカキ(今泉佑唯)も加わり、一体どうような展開が待ち受けているのか!?怒涛の後半戦もお楽しみ頂ければと思います。

■木ドラ25「恋のツキ」7月26日(木)深夜1時スタート:テレビ東京

■木ドラ25「恋のツキ」

放送日時:2018年7月26日スタート 毎週木曜深夜1時〜1時30分
BSジャパン放送日時:2018年7月31日スタート 毎週火曜深夜0時〜0時30分
Netflix配信:2018年11月30日 全世界全話一挙配信予定

<第1話あらすじ>
31歳フリーターの平ワコ(徳永えり)は、結婚と出産を真面目に考える一方で、愛し愛されるメルヘンな世界観にも憧れを持つごく普通の女性。彼氏のふうくん(渡辺大知)と同棲を始めて3年目に突入し、年齢を考えるとこのまま何事もなく結婚すると思っていた—。そんな時、アルバイト先の映画館で顔が超タイプの男の子・伊古ユメアキ(神尾楓珠)と出会う。趣味も合いそうな伊古にときめくが、なんと彼は高校生だった—。

公式サイト⇒http://www.tv-tokyo.co.jp/koinotsuki/

(C)新田 章/講談社 (C)「恋のツキ」製作委員会

▼原作コミック:新田 章「恋のツキ」配信中

恋のツキ

《前作『あそびあい』が「このマンガがすごい! 2015[オトコ編](宝島社)」にランクインした注目作...

試し読み

648円/巻

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全7枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP