真矢×大黒摩季 異色に見えるが実はソウルメイト!? 共鳴し合う二人の出会いから『ルナフェス』まで

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:SPICE(スパイス)<http://spice.eplus.jp/>

真矢(LUNA SEA)×大黒摩季 撮影=横井明彦
画像を拡大して見る

6月23日、24日に千葉・幕張メッセで開催されるLUNA SEA主催のフェス『LUNATIC FEST.2018』 。

その開催を間近に控え、SPICEではLUNA SEAのドラマーである真矢がホストとなり、出演アーティストの中でもひときわ意外性を放っているだろうルナフェス初の女性アーティスト、大黒摩季をゲストに迎えて対談を決行。一見すると“異色”にも思われる組み合わせだが、実はソウルメイトかとも思えるほど共鳴している二人の出会いから、ルナフェスにかける意気込みまで、たっぷり語ってもらった。

――知らない人は、おそらくこのお二人がつながっていることもまったくご存知ないかと思うので。まずは、そんなお二人の馴れ初めから教えていただけますか?

大黒摩季(以下、大黒):最初に会ったのはイベントなんだけど。どこだっけ?

真矢:熊本!

大黒:そのときのウチのバンマスが武部聡志さんだったんですよ。私がビーイング(当時の所属事務所)から独立していろいろやりだした頃、武部さんに「いっそのこと面白いバンド組んじゃえば? 見た目から“ロックだぜ”っていうヤツらとやってみら? 俺が集めるよ」っていわれて。それでやって来たのが真矢くんだったの。

真矢:そうそうそう。ベースがCHIROLYN、ギターが井上慎二郎とパンチマンっていうメンバーで。

大黒:それを調教していくのがバンマスの武部さんの役目で(笑)。

真矢:俺なんか、そこで武部さんに返事の仕方から教わったからね。「これはこうアレンジするよ?」っていわれて「はいは~い」っていったら「“はい”は短く1回」って怒られて(笑)。そんなとこから教わったからね、武部先生に。

――それがいつ頃ですか?

真矢:2002年だね。そこから摩季ちゃんにはずっと呼んでもらうようになったの。

――お互い、初めて会ったときの印象はどうだったんですか?

真矢:第一印象はね、なんて色っぽいお姉さんなんだろうと思った。バンドのリハの途中でバーっと入ってきたんだけど。なにもいわずに颯爽と入ってきて、ボーカルのポジションについたら、パッと俺のほう向いて合図をしてAメロを歌い始めたの!

――うわっ、カッコいい――っ!!

真矢:でしょ? そうなの。もう映画のワンシーンみたいでカッコよかったよ!

大黒:本当に? ならよかった(笑顔)。

真矢:大黒摩季が「どうもどうも~」って入ってきたらイメージ違うじゃん(笑)。あの登場がよかったんだよ。

大黒:あのときは、実はすごい緊張してたの。それまではビーイング内のお兄ちゃんたちとしかやってたことがなくて、そこからいきなり外の人とやるタイミングだったから。その最初のときから真矢くんは“気持ちいいドラムだな”と思った。これはいつもいってるんだけど、タイム感が好みなの。ドラムのキックとかスネアのタイム感がピタッと合う人に出会う確率って、恋人を見つけるよりも低いんですよね。

――へー、そうなんですか。

大黒:ツアーもスタジオも、本当に多くのミュージシャンとセッションする訳ですけど、そのなかで“うわ、いいー!”“キター! やっと会えた!”と思ったの、真矢くんは。キックとスネアの位置が私の好みだなんて、誰も分からないんですよ。でも、リズムは命なんですよね。キックの“ドン”と落ちてくるところ。真矢くんはそこをいろいろ使い分けてくれるんですけど、基本的にはジャストよりもちょいアフターなんですね。かといってR&Bみたいな、どアフターでもない。いまだにいないですよね、真矢くん以外にそこで私をジャストミートしてくれる人は。

真矢:嬉しいね~(超笑顔)。

大黒:だから、熊本のイベントで出会ったその日から、真矢くんは欠かせないパートナーになりました。

大黒摩季 撮影=横井明彦

最初のときから真矢くんは“気持ちいいドラムだな”と思った。タイム感がピタッと合う人に出会う確率って、恋人を見つけるよりも低いんですよね。

――以来、真矢さんが大黒さんのライブのドラムを担当するようになっていったんですね。

真矢:うん。俺なんかバンド上がりだから、最初は譜面も読めないし、テクニック的にも全然器用にできないタイプのドラマーだったの。でも、摩季ちゃんの楽曲っていろんな曲調を網羅しなきゃいけなくて。楽曲的には難しいんですよ。

大黒:ラテンがあったり、気を抜いてるといきなりジャズっぽいものが出てきたり。オールジャンルであるからね。

真矢:そうなんだよ。曲のなかのキメも多いし、俺は最初、まったくそういうのができなかったの。だから俺は最初、バンマスに一つのキメだけをずっと練習させられたりしてたんだよね。それを摩季ちゃんはずっと待っててくれて。しまいにはこっちを見て「頑張って!」って声までかけてくれて。そういうことをやってたら譜面も読めるようになったし。本当に俺を育てたくれた現場なの。

――ドラマーとしての真矢さんを育ててくれたと。

真矢:うん。本当にそう!

大黒:二人が似ているのは、親びん(武部聡志)にいわれたことはとりあえず1回はやるところ。できないと思われると悔しいから1回はやってみるの。そういうツッパリ方が似てるよね。

真矢:そうだね。

大黒:私たちロック上がりは“本番でなんとか辻褄が合えばいいや”みたいなところがあったから、最初はとりあえず決まりごとだけ小耳に挟んでおけばいいやっていう感じだったの。でも、それじゃあダメで。本来は、リハから完成してないといけないことを、親びんに叩き込まれたよね。

真矢:うん、まさに。

――そういうなかで、お互い切磋琢磨してきた戦友みたいな関係でもあるんですかね。

真矢:本当にそう!!

大黒:真矢くんはバンドとして叩き上げだけど、私はバックコーラス出身で。コーラスとしてとか、作家としては叩き上げだけど、ライブアーティストとしてはいきなりポンッと大きな会場に放り出されて“ひえ~”だったからね(苦笑)。ライブミュージシャンとしては真矢くんのほうが先輩だったと思う。

真矢:いやぁ~(照笑)。でも、いまの摩季ちゃんのライブは凄いから。

――どんなところが凄いんですか?

真矢:パワー感だね。いつも本番前に「私をみんなで大黒摩季にして輝かせてね」っていってくれるのね。でも、とんでもない訳。こっちが摩季ちゃんの存在で輝かせてもらってるんだから。そんな感じのパワーがある人。

大黒:いつもテンパっててギリギリなんだけどね(苦笑)。私が、真ちゃんがいってくれた言葉で一番嬉しかったのは、私が活動をお休みしてたときに「俺は摩季ちゃんの背中を見ながら叩くのが好きなんだよ」という言葉。それをいわれたときは、ちょっとウルっときたね。それはきっと、ライブのとき、なにかを放つような背中のことをいってくれていると思うんですよ。

真矢:うん。360度オーラが出てるから。

大黒:ボーカルってトランスミッターみたいな役だと思うの。バンドは熱くなってきてるけど、お客さんはまだそうでもないって思ったら、バンドを抑えて、ちょうどその両方が熱くなったときに、きっと私の体から……。

真矢:すっごいものが出るんだよ。

真矢(LUNA SEA) 撮影=横井明彦

バンド上がりで譜面も読めなかったし、テクニック的にも全然器用にできないタイプのドラマーだった俺を、摩季ちゃんの現場が育てたくれた。

――なるほど。そんな大黒さんが今回のルナフェスに参加することになったのは、真矢さんのほうからお誘いをした訳ですか?

真矢:いやいや。なにをおっしゃいますやら。

大黒:事務所から連絡きたよ?

真矢:そうだよね。こういうのを本人同士でやることが無礼になることもあるので。本人はOKでも事務所がOKじゃないと、すごいトラブったりするから。

大黒:私たち同士で意思確認はするけど、もういい大人だから、ちゃんと事務所同士で。

真矢:そこは義理を通してね。

大黒:愛はあってもちゃんと契約は結ばないと。

――なるほど(笑)。では、実際ルナフェスへのお誘いがきたとき、大黒さんはどう思われたんですか?

大黒:「お呼びでなくない?」と思った(笑)。

真矢:うははははっ(笑)。

大黒:私はね、“ルナフェスに出るのが目標です”みたいな若い人たちとは違って、やってる音楽も雑食タイプだから、夏になればラテンもやるし。「“夏がくっる~”とか歌ってる人が出ていいの? お呼びでなくない? スケジュール調整できたから行けるのは行けるんだけど、本当に大丈夫なの?」って、真ちゃんに聞いたんですよ。そうしたら「大丈夫! 大丈夫!」って。「でもこれ、アルバムのレコーディングに参加したからSUGIちゃん(SUGIZO)が気ぃ遣って呼んでくれてるんじゃないの?」っていったら「そんなこと全然ないから!」っていってくれて。しばらくは、しつこくそんなことばっかりいってたよね?

真矢:いってた(笑)。

大黒:それで、GLAYがラインナップに載っかった瞬間、ちょっと安心してホッとしたんです。ポップな人たちが入ったから。

真矢:いやいや、もともと大丈夫だからって。

大黒:私は意外とシャイで人見知りなんです。GLAYは同じ道産子だから知ってるけど、他の人たちはまったく知らないので。シドでギリかな……あとの人たちは、まず読めないもん、アーティスト名が(笑)。

真矢:がはははー(笑)。いいね。その大御所感がいいよ~。

大黒:発音が分からない。

真矢:そうね、分かる分かる。

大黒:そういう人たちと一緒になったらどうしよう!? と思って。そういう引きこもり的な恐怖感ばかりが先に立つから、選曲とかも「LUNA SEAとLUNA SEAファンで決めてほしい」っていう感じなの。そいう場面でやりたいことなんてないから、私は。

真矢:だから、そのまんまでいいんだって。

大黒:でも、どのツラ下げて「Lie,Lie,Lie」をやればいいの?

真矢:あのね、ヴィジュアル系のファンの人は(手をひらひらさせて)こういうフリをして踊ったりするのが好きだから、絶対大丈夫だから。

大黒:でもね、声をかけてもらったことは嬉しかったですよ。

――そうなんですか?

大黒:ええ。LUNA SEAのライブに行っても、私は人見知りだから真矢くんとだけしゃべって、あとのメンバーとは「どうも~」って挨拶して帰ってたから、他の人たちと長く話したことがなかったんですよ。そんななかで、ジャズボーカリストのTOKUさんがいろんな方々とコラボして作った『SHAKE』というアルバムがありまして。私も参加したんですね。そのショーケースがブルーノートであったので歌いに行ったら、そこにSUGIZOくんがいて。SUGIZOくんもそのアルバムに参加してたんですよ。そのときにSUGIZOくんから「大黒さんですよね? 真ちゃんがお世話になってます」って、いきなりお父さんみたいな挨拶をされて。「いやいや、こちらこそいつもお借りしててすいません」って。

真矢:俺、里親に引き取られた犬みたいじゃない?(笑)

大黒:(笑)そのときに、ご飯の話や絶対音感の話で盛り上がって。「大黒さん、レコーディングとかクリエイティブなお話なんですけど。人のところで歌ったりするのはありですか?」といわれて「全然ありだよ。だってバックコーラス上がりだからなんでもやるよ?」って話をして。「LUNA SEAはこれからレコーディングをするんですけど、コーラスを頼んでも大丈夫?」っていうから「全然いいよ! 真ちゃんいつもお借りしてるから恩返しするよ!」って。で、その後に私たちがレコーディングしているスタジオで、偶然LUNA SEAもレコーディングをしていて。

真矢:ああー、そうそう! たまたま一緒でね。摩季ちゃと会ったったあと、すぐにSUGIZOがその話をしてきて。「摩季さん、すっばらしいね!」っていってて。そこで、レコーディングの話もしてきて。

――そういう経緯でLUNA SEAのアルバム『LUV』に大黒さんが参加されることになったんですね。

真矢:そうそうそう。

大黒:すごい楽しかったですよ。私は成長することが大好きなんですね。それで、自分が成長していくことが好きだから、ドMじゃないけど、叩かれると“チッ!”とかいいながら頑張って。いまだにそこは高校生みたいで、上手くなれると嬉しいんです。で、SUGIZOくんは結構厳しい人だったんですけど(苦笑)。

真矢:そうよ。厳しいからね。

大黒:普通は許されるぞっていうところも絶対に許してくれないの。だから、こっちもかかっていくワケ。そうしたらね、出なかった音が2つ出るようになったの。

真矢:へー。すごいね。

大黒:「時間かかってごめんね」っていいながら、SUGIZOくんも見捨てないで付き合ってくれて。成長できて嬉しかった。

――真矢さんにSUGIZOさん、LUNA SEAのアルバム参加と、まさに。

真矢:予定されてたかのように偶然が重なっていったのよ!

――なるほど。ルナフェスに女性アーティストの名前がラインナップされるのは、大黒さんが初となる訳なんですが。それについてはどう感じていらっしゃいますか?

大黒:それを聞いて、ますます「お呼びでないんじゃない?」って思ったの。

真矢:いやいや。性別よりも、アーティストが先に立ってるから、大黒摩季は。女の子は、その存在にすごい勇気づけられるっていうし。男は男で“摩季姐カッコいい”っていうし。性別を超えてるんだよ。大黒摩季という存在は。

大黒:ああ、それはあるかも。だって、結婚してもファン減らないし、身体を引き締めて頑張って露出を増やしても、ファン層が全然変わらないんだもん(笑)。

真矢:がっははははっ(笑)。

大黒:出し損だよ(笑)。出してもファン増えないんだもん。

真矢:一番いいじゃない、安定してて。摩季ちゃんの歌は人生のバイブルみたいな歌詞だから、性別問わず、あの歌に勇気付けられてる人はたくさんいると思うよ。

大黒:こっちは現実とどう戦うかっていう歌だからね。LUNA SEAのアルバムを私も聴かせてもらったんだけど、ロマンチックだよね。ロマンチックでシュールだし、人生の部分でもちゃんと聴き手を包んでくれる。“オラオラいけー”っていうのがウチだとしたら、一緒に連れてってくれる、みたいな感じがすごいよかった。やっぱりそこは男の個体だよね。あと、なによりも演奏がうまい。私、下手くそは嫌いなんですよ、全般的に。曲はよくても演奏でがっかりとかしたくないんです。LUNA SEAは本当にみんな上手。演奏がいい。シビれるもん。

真矢:やっぱり、ロックバンドでもある程度クオリティーがないとね。

――LUNA SEAでドラムを叩く真矢さんはどんな風に見えますか?

大黒:それはそれは、別世界の人ですよ。それこそLUNA星の人。一つのストーリーのなかにいるのを見ているみたいで、ちょっぴりSF気分。LUNA SEAで叩いてるときは、スターバンドのスタードラマーだから。LUNA SEAは一人ひとりが確立していて、みんなソロでも活動してるから、各スターが集結した『アベンジャーズ』みたいなバンドだよね。

大黒摩季×真矢(LUNA SEA) 撮影=横井明彦

みんなの言う通りになんでもやる。楽しんでもらうのが一番だから。(大黒)
いいね。フェスだからみんながお祭りっぽく楽しめるのが一番。(真矢)

――それでは、ルナフェス当日。どんなパフォーマンスを見せたいと考えていますか?

大黒:LUNA SEAやLUA SEAのファンの方の期待通りのライブをします。ツイッターを見ていると『大黒摩季には「夏が来る」を歌ってもらわないと』とか、「チョット」も「あなただけを見つめてる」も歌ってもらわないと困るとか、大概全部書いてあったので。真ちゃん、休憩ナシになりそうだよ(笑)。

真矢:全然いいよ!

大黒:せっかく呼ばれたんだから、LUNA SEAのメンバーやファンの人たちが聴きたいテッパンは押さえていこうと思ってます。

真矢:大黒摩季はどの曲をやってもみんな知ってるし、盛り上がれるから。それってすごいことだからね? どの曲も聴かせたいからメドレっちゃう?

大黒:幕の内弁当、やっちゃおっか。

――もちろん、大黒さんのステージは真矢さんがドラムを叩くんですよね?

真矢:これで違う人が叩いてたらおかしいでしょ? 二人で対談までしておいて。

大黒:蓋開けてみたらGLAYの永井(利光)さんが叩いてて。

真矢:で、俺がGLAY? できないから(笑)。

――では、LUNA SEAのステージに大黒さんをフィーチャーリングする予定はあるんでしょうか?

大黒:LUNA SEAの選曲次第で、そこに入ってくれというのがあれば全然いきますし。

真矢:おぉーー(拍手)。

大黒:私、レコーディングで、あの隆ちゃんの細かいビブラートにあれだけ近づけて歌ったのはB'zの稲葉さん以来ですよ。私、稲葉さんの“字ハモ”(歌詞でハモるコーラスアレンジ)は子稲葉になれるぐらいだと自負してるんですけど。隆ちゃんもレコーディングのときに本気出して字ハモは付いていったんですけど、SUGIZOくんに隆ちゃんの(語尾が)“うぃ”って少し上がるところまでピタッとハモって欲しいわれて(笑)。頑張った。本当にそこは頑張った。なので、もし頼まれたら、ライブでもそこは背後霊のようにくっついてコーラスします! みんなのいうとおりに、なんでもやる。楽しんでもらうのが一番だから。

真矢:いいね。フェスだからみんながお祭りっぽく楽しめるのが一番だから。

大黒:どんな衣装を着たらいいのかも教えてよ。ボンテージ? デスロリがいい?

真矢:そこは普段通りで大丈夫だから(笑)。

――当日、真矢さんはプレイヤーとして以外に、ホストとして大忙しなんですよね?

真矢:当日は楽屋まわりを走りまくってるからね。今回はセグウェイでも置いて欲しいです。バックステージを走り回るだけで足すっごい疲れたもん、前回。

――5人で分担して出演者の皆さんにご挨拶に行かれたりしてるんですか?

真矢:ううん。全員一緒に行ってる。最初に楽屋に挨拶しに行って、本番前にまたおじゃまして送り出して、本番終わったら出迎えるっていうのを5人全員で全アーティストにやってる。

大黒:ウチはそんなのいいよ! 本当に、マジでいいから。そんな律儀にやらなくていいってみんなにいっといて。

真矢:分かった(笑)。

――では、最後にファンのみなさんに一言メッセージをお願いします。

真矢:LUNA SEAもそうなんですけど、摩季ちゃんでも思いっきりロックをしたいと思います!

大黒:ファンの方達に楽しんでいただけるよう、全力を尽くします。みなさんいっぱい書き込んでください。

真矢:リクエストをね。

大黒:大黒摩季のツイッターにハッシュタグで「#ルナフェス大黒摩季リクエスト」を付けて書き込んでくれたら、それをやります。楽しんでもらうのが一番だから。


取材・文=東條祥恵 撮影=横井明彦

大黒摩季×真矢(LUNA SEA) 撮影=横井明彦



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全5枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP