防臭ヒロイン『ももいろデオドラントZ』が居酒屋に出張!ほろ酔いのサラリーマンと一緒に汗のニオイを体操でチェック

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

日本中の汗ニオイに悩む人に笑顔を届ける“汗ニオわせないZ プロジェクト”出張 第四弾!防臭ヒロイン『ももいろデオドラントZ』の「汗のニオイ気にならないZ体操 出張ver. 居酒屋編」を公開 (1)
画像を拡大して見る

花王のデオドラントブランド「ビオレ 薬用デオドラントZ」は、人気アイドル「ももいろクローバーZ」とのコラボによる『汗ニオわせないZプロジェクト』の一貫として、居酒屋に出張して汗のニオイをチェックする「汗のニオイ気にならないZ体操 出張Ver. 居酒屋編」の動画を公開しました。

ビオレ 薬用デオドラントZ『ももいろデオドラントZ』特設サイト
http://www.kao.co.jp/bioredeodorantz/momoclosp/
https://www.youtube.com/watch?v=ACD2pOZ_PwU


「汗のニオイ気にならないZ体操 出張ver. 居酒屋編」

 『汗ニオわせないZ プロジェクト』は日本中の汗のニオイに悩む人を応援するプロジェクトです。「みんなに笑顔を届ける」ことをコンセプトに「ビオレ 薬用デオドラントZ」と人気アイドルの 「ももいろクローバーZ」がコラボしました。2018年4月3日(火)には、総合オンラインサイトAmazon.co.jp限定でニイルセンさんによって 『ももいろデオドラントZ』 の為だけに制作された「ビオレ 薬用デオドラントZ ロールオン」のコラボ商品が発売されました。この商品でしか入手できないオリジナルステッカーも同封されており、好評をいただいております。


 また、日常に潜む、汗のニオイが気になる瞬間にさりげなくニオイをチェックできる「汗のニオイ気にならないZ体操」も開発しました。「汗のニオイ気にならないZ体操」は、防臭ヒロインとなった 「ももいろデオドラントZ」が、気になる汗のニオイをチェックしながら、元気に踊る体操です。つい真似して踊ってみたくなる体操の振付は、ラッキィ池田さんが担当。思わず口ずさみたくなる楽曲は、「ROCKETMAN」「ryo fukawa」名義でミュージシャンとしても活動するお笑い芸人のふかわりょうさんが担当し、強力なタッグを組み完成した体操です。

 今回、防臭ヒロイン「ももいろデオドラントZ」のメンバーは、日本中の汗ニオイに悩む人を応援すべく、とある居酒屋に出張しました。ほろ酔いのサラリーマンと一緒に、「汗のニオイ気にならないZ体操」を踊り、これからの季節の汗ニオイに気をつけていこうとアドバイスをしています。
 特設サイトにて公開される「汗のニオイ気にならないZ体操 出張Ver. 居酒屋編」では、楽しい飲み会中でもついつい気になる汗のニオイシチュエーションをピックアップしています。

今後も、防臭ヒロイン 「ももいろデオドラントZ」は汗ニオイに悩む人たちを応援していきます。

詳細・購入はこちら    ビオレ 薬用デオドラントZ『ももいろデオドラントZ』特設サイト
http://www.kao.co.jp/bioredeodorantz/momoclosp/ 
*限定品のため、商品がなくなり次第、終了となります。

◆プロジェクト概要◆
■プロジェクト名

『汗ニオわせないZプロジェクト』
■内容
「ビオレ/メンズビオレ 薬用 デオドラントZ」と、アイドルグループ「ももいろクローバーZ」がタッグを組み『ももいろデオドラントZ』として、『汗ニオわせないZプロジェクト』を始動。「汗のニオイ気にならないZ体操」のほか、Amazonで「ももいろデオドラントZ」限定コラボ品を2018年4月3日より新発売。
■公式URL
http://www.kao.co.jp/bioredeodorantz/momoclosp/

◆プロジェクトメンバー情報◆
■ももいろクローバーZ


スターダストプロモーションに所属する百田夏菜子、玉井詩織、佐々木彩夏、高城れにの4人によるガールズユニットで、2008年5月に結成。
ストリートライブを出発点に活動を開始し、メンバーの身体能力を活かしたアクロバティックなダンスやバラエティタレント顔負けのトークによってライブ会場を盛り上げ、次第に頭角をあらわし、2012年末には結成当時からの目標であった第63回NHK紅白歌合戦へ初出場を果たした。2014年3月には女性グループ初&史上最速結成6年で国立競技場でワンマンライブを開催。2日間で会場110,000人とライブビューイング40,000人を合わせて150,000人を動員した。2018年1月に有安杏果が卒業と芸能界引退を発表。4人グループとして新たなスタートを切った。

■振付 ラッキィ池田


振付師。1985年、監督作品が第1回東京国際ビデオビエンナーレで奨励賞を獲得。桑田佳祐率いるKUWATA-BANDの全国ツアーでは南流石と共にダンサーとして参加。以降、立花ハジメ、バービーボーイズ、郷ひろみ等のミュージッククリップの振付や出演等でも注目を浴びる。数多くのCM振り付けで高い評価を受けつつ、自らも異色タレントとしてTV等に出演。
近年では、行定勲監督「北の零年」での振り付けやソフィア・コッポラ監督「ロスト・イン・トランスレーション」への出演、NHKの番組「いないいないばあ」「にほんごであそぼう」の子供向けの振り付け、吉本総合芸能学校[NSC]の講師等、マルチアーティストとして活躍中。

■楽曲 ふかわりょう


ミュージシャン、DJ。1994年お笑い芸人「ふかわりょう」としてデビュー。当初はシュールな一言ネタ、自虐的な笑いで「シュールの貴公子」と称された。「内村プロデュース」を代表するバラエティ番組出演の機会が増えてからは周囲に愛されるいじられ芸人としての側面も開花。現在では「5時に夢中!」のMCも務めるなど幅広く活躍。
お笑い芸人として活躍する傍ら、1998年に小西康陽と音楽ユニットROCKETMANを結成。2000年からはふかわのソロユニットに移行した。2010年4月には配信限定シングル「dancemusic」がiTunes Store全体の総合チャート1位を獲得した。2013年よりryo fukawa名義で、レーベル「テノヒラレコード」を設立。精力的に活動を続けている。

■コラボパッケージ制作 ニイルセン


美術家、イラストレーター。テレビの美術制作会社などを経て、フリーに。バナナマン・バカリズムといった人気お笑い芸人の舞台やテレビ番組などの舞台美術・映像制作などを手がける。その他にもキャラクターデザイン、CDジャケットや店舗内装など幅広く手がけている。東京03主演のシットコム「漫画みたいにいかない。」やももいろクローバーZのライブに登場する手描きアニメ—ションなどユニークな作風で独自の存在感を放っている。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全10枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP