原作:鉄拳×主演:岡田将生『家族のはなし』追加キャストに時任三郎・財前直見・成海璃子ら、主題歌はサイダーガールが担当

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

映画『家族のはなし』柴田(金子大地) (c)「家族のはなし」製作委員会
画像を拡大して見る

お笑い芸人・鉄拳のパラパラ漫画を原作に、岡田将生が主演を務める映画『家族のはなし』[2018年度公開予定]の追加キャスト、ポスタービジュアル、主題歌が一挙解禁された。

今作は、リンゴ農園を営む両親とその息子との物語。ある挫折を経験し、田舎の両親の元を離れて大学生活の傍らバンドに熱中し、プロを目指すようになる主人公・小林拓也(岡田)が、家族の温かさを再発見しながら成長していく様子を描く。

この度の追加キャスト発表では、拓也を不器用ながらもじっと見守る父親・小林徹役を時任三郎、そんな父と息子を見守る優しい母親・小林愛子役を財前直見、拓也に対して助言をする地元の同級生・明日香役を成海璃子が演じることが明らかになった。

また、拓也が結成したバンドのボーカル・柴田役には金子大地、ドラム・渡辺役には佐藤寛太が決定。2人はギター・拓也役の岡田と同じく楽器の経験がなく、役作りのためにバンド練習にも取り組んだそう。さらに、バンドのプロデューサー・坂本役を映画初出演のお笑いコンビ・和牛の水田信二、拓也と明日香の地元の恩師・鈴木役を渡辺憲吉が務める。

ポスタービジュアルは、原作の鉄拳が描き下ろしたイラスト、主演の岡田演じる息子の拓也と時任演じる父・徹のビジュアル、「家族は、面倒くさい幸せだ。」というキャッチコピーなどで構成。今作では、鉄拳がアートディレクターとしても参加し、描き下ろしのパラパラ漫画と実写映像のコラボにも挑戦するという。

そして主題歌は、劇中で拓也が結成するバンドと同じく男3人のスリーピースバンドであるサイダーガールの「dialogue」に決定。原作のパラパラ漫画を見て書き下ろしたという同曲について、サイダーガールのボーカル・Yurinは「改めて気づかされることがたくさんある映画でした。音楽をするために地元を離れて、たくさんの人に助けられてきたことを思い出しながら作りました。映像に寄り添える曲になっていると嬉しいです」とコメントを寄せている。

さらに、劇中のバンドが演奏している楽曲にも、サイダーガールの「群青」「橙の行方」を起用。実際に、ボーカル柴田役の金子がこの2曲をカバーし、劇中で歌声を披露しているとのこと。

映画『家族のはなし』の詳細ならびに続報については、公式サイトを参照されたい。

■映画『家族のはなし』

2018年度公開予定

キャスト:岡田将生 成海璃子 金子大地 佐藤寛太 水田信二(和牛) 渡辺憲吉 / 財前直見 時任三郎
監督:山本剛義(WOWOW「海に降る」、NHK「絆〜走れ奇跡の小馬」)
脚本:青塚美穂
原作:鉄拳
主題歌:サイダーガール「dialogue」(ユニバーサルJ)
制作:ドリマックス・テレビジョン
製作:「家族のはなし」製作委員会

公式HP⇒kazokunohanashi.official-movie.com

(C)「家族のはなし」製作委員会

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全7枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP