上杉昇、初の自伝本とスペシャルCD&DVDをセットしたデビュー25周年記念BOXをリリース

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

提供:OKMusic <http://okmusic.jp>

SHOW WESUGI 25th ANNIVERSARY BOX『世界が終るまでは…』
画像を拡大して見る

12年ぶりとなるシングル「棘と吹雪と」を1月10日(水)にリリースした上杉昇が、同日にデビュー25周年を記念するボックス『世界が終るまでは…』をリリースした。今作は彼にとって初の自伝本とスペシャルCD&DVDをセットしたもので、上杉昇というアーティストの過去から現在までを総括するような濃い内容となっている。

自伝本は、すべて彼自身の言葉で語り下ろされたもので、全320ページというボリューム。生い立ちや少年時代の思い出から始まり、WANDSのボーカリストとしてデビューしてミリオンヒットを連発していた頃の裏話や、WANDSを脱退してal.ni.coを結成した時の思いなど、今だからこそ明かせる衝撃的なエピソードも満載。現在は、自身のバンド“猫騙”と、ソロで活動を続ける上杉だが、本作では猫騙が目指す音楽や、近くリリース予定のソロアルバムで描こうとしている世界観など、未来へとつながる話も詳細に語られており、ファン必読の一冊となっている。

CDには2017年9月17日に大阪で開催したソロライブから、WANDS時代の楽曲「DON'T TRY SO HARD」「SLEEPING FISH」「世界が終るまでは…」の3曲をストリングスバージョンで演奏されたものを収録。DVDには、2017年9月9日に台湾・桃園國際棒球場で開催された日本フェスタ「YOKOSO桃園」にて歌唱した「時の扉」「FLOWER」「世界が終るまでは…」の3曲が収録されている。

このアニバーサリーボックスの発売記念イベントも予定されており、1月27日(土)に大阪・ロフトプラスワンウエスト、2月3日(土)に東京・下北沢440で、限定特典ポストカードセット付トーク&サイン会を開催。チケットは両会場ともイープラスにて1月10日から発売されたが、東京公演のチケットは即日完売。大阪公演のチケットも残りわずかなので、気になる方は急いでチェックを。

また、タワレコ新宿店8階にて、今回のアニバーサリーボックスとシングル「棘と吹雪と」の発売を記念してパネル展も開催中。タワレコ新宿店にて対象商品を購入した方から抽選で展示パネルをプレゼントする。開催期間は1月15日(月)まで。

OKMusic編集部



この記事をオリジナルサイトで見る

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP