福山雅治が本格アクションに挑戦! 映画『マンハント』メイキング&インタビュー解禁

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

『マンハント』メイキング矢村編(福山雅治)【1】 (c)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.
画像を拡大して見る

ジョン・ウー監督(『レッドクリフ』シリーズ)、チャン・ハンユー×福山雅治のW主演で贈る映画『マンハント』[2018年2月9日(金)公開]より、本格的なアクションシーンに挑戦した福山のメイキング&インタビュー映像が解禁された。

今作では、西村寿行の小説「君よ憤怒(ふんぬ)の河を渉れ」(徳間書店)を、多くのアクション映画ファンを熱狂させたジョン・ウー監督が再映画化。原作は1976年に、高倉健さんの主演により『君よ憤怒(ふんど)の河を渉れ』として映画化、中国では『追捕』というタイトルで公開され大ブームを巻き起こした。

今回の映画『マンハント』では、2016年に大阪・岡山を中心にオール日本ロケを敢行。W主演のチャン・ハンユーは無実の罪を着せられ逃亡する弁護士ドゥ・チウを、福山雅治は彼を追う孤高の刑事、矢村聡をそれぞれ演じ、スクリーン上で激しいアクションを繰り広げていく。

福山は今作で拳銃アクションをはじめ、様々なシチュエーションでのアクション演技に挑戦しており、このたび解禁されたメイキング&インタビュー映像内では、土埃にまみれながらチャン・ハンユーと揉み合うシーンや、水上バイク上でのギリギリの攻防などを堪能することができる。またその中には、ジョン・ウー作品のシンボルとも言える白い鳩が舞う姿も。

今作の撮影をこれまでで最大規模のプロジェクトだったと振り返る福山は、ジョン・ウーのアクションを経験したことについて「僕が演じたシーンで白い鳩を飛ばせてくれて、ものすごく感動した。あまりにうれしくて、何度もモニターでチェックしたよ」とコメント。また映像には、矢村について語るジョン・ウー監督や桜庭ななみのインタビュー等も含まれているので、気になる人はチェックをお忘れなく。

映画『マンハント』の詳細ならびに続報については、公式サイトを参照されたい。

■『マンハント』メイキング矢村編

■映画『マンハント』

2月9日(金)TOHOシネマズ新宿他 全国ロードショー

主演:チャン・ハンユー、福山雅治、チー・ウェイ、ハ・ジウォン
友情出演:國村隼
特別出演:竹中直人、倉田保昭、斎藤工
共演:アンジェルス・ウー、桜庭ななみ、池内博之、TAO、トクナガクニハル、矢島健一、田中圭、ジョーナカムラ、吉沢悠
監督:ジョン・ウー
撮影監督:石坂拓郎(『るろうに剣心』)
美術監督:種田陽平(『三度目の殺人』)
音楽:岩代太郎(『レッドクリフ』)
アクション振付:園村健介(『GANTZ』)
衣装デザイン:小川久美子(『キル・ビル』)
原作:西村寿行「君よ憤怒の河を渉れ」/徳間書店刊 および 株式会社KADOKAWAの同名映画

<ストーリー>
逃げる弁護士。追う刑事。魂の出会い。撃ち抜け、この世界。
実直な国際弁護士ドゥ・チウ(チャン・ハンユー)が目を覚ますと、女の死体が横たわっていた。
現場の状況証拠は彼が犯人だと示しており、突如として殺人事件に巻き込まれてしまう。
何者かにハメられたことに気づき逃走するドゥ・チウ。
孤高の敏腕刑事の矢村(福山雅治)は独自の捜査で彼を追っていく。
鍵を握るのは謎の美女・真由美(チー・ウェイ)。
ドゥ・チウに近づくほど、この事件に違和感を覚え次第に見解を変えていく矢村。
そしてついにドゥ・チウを捕えた矢村は警察への引き渡しをやめ、共に真実の追及を決意する。
身分や国籍を超えた“強く熱い絆”が芽生えた2人の追われながらの真相究明。
果たして事件の裏にはどんな陰謀が隠れているのか。

公式サイト⇒http://man-hunt.jp

(C)2017 Media Asia Film Production Limited All Rights Reserved.

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP