欅坂46「不協和音」がトリプル・プラチナ突破で自身最大のヒットに!NGT48デビューシングルも快進撃

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2017年4月度ゴールドディスク認定作品にて、トリプル・プラチナ認定を受けた欅坂46「不協和音」
画像を拡大して見る

一般社団法人日本レコード協会が2017年4月度ゴールドディスク認定作品を発表、欅坂46「不協和音」(2017年4月5日発売/ソニーミュージックレーベルズ(ソニー・ミュージックレコーズ))がトリプル・プラチナ認定、嵐「I'll be there」(2017年4月19日発売/ジェイ・ストーム)がダブル・プラチナ認定を受けたほか、シングル・アルバム・ビデオを通じて2作がプラチナ認定、7作がゴールド認定となった。

欅坂46の4作目のシングルとなる「不協和音」は、デビュー以来4作連続となる平手友梨奈が表題曲のセンターを担当。発売初週にそれまでの最高売上である3rdシングル「二人セゾン」(2016年11月発売)の累積売上を上回る売上を記録し、早くも自身最大のヒットとなっていた。また、欅坂46として初のトリプル・プラチナ認定作品ともなった(これまでの最高は「二人セゾン」のダブル・プラチナ認定)。

嵐の「I'll be there」は自身51枚目となるシングルで、メンバーの相葉雅紀が主演する月9ドラマ「貴族探偵」の主題歌。前シングル「Power of the Paradise」(2016年9月発売)でもダブル・プラチナ認定を受けており、連続での記録となっている。

また、プラチナ認定を受けたNGT48「青春時計」(2017年4月12日発売/ソニーミュージックレーベルズ(アリオラジャパン))は彼女たちのデビューシングルであり、デビューから早くもヒットを記録している形となっている。

▼欅坂46「不協和音」試聴&ダウンロード

▼NGT48「青春時計」試聴&ダウンロード

■アルバム/シングルにおけるゴールドディスク認定基準

認定|最低累計正味出荷枚数
ゴールド|100,000
プラチナ|250,000
ダブル・プラチナ|500,000
トリプル・プラチナ|750,000
ミリオン|1,000,000
2ミリオン|2,000,000
3ミリオン|3,000,000

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP