星野源の「恋」が 『第89回選抜高等学校野球大会』の入場行進曲に決定

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星野源の大ヒットシングル「恋」が、3月19日から阪神甲子園球場で開幕予定の『第89回選抜高等学校野球大会』の入場行進曲に決定した。

“春のセンバツ”の愛称で親しまれ、広く社会に定着している同大会。開会式での入場行進曲は第1回大会(1924年)から始まり、第34回大会(1962年)の「上を向いて歩こう」から毎年、「その前年に広く社会に親しまれた曲、その年を象徴するような曲」を対象に選定しており、楽曲を行進曲にアレンジし、開会式の各校入場時などに使用される。

2016年を代表する楽曲として広く認められ選出された「恋」が、春の甲子園を熱く彩りそうだ。

【星野源 コメント】

古くは坂本九さんの「上を向いて歩こう」から、ヒット曲や多くの人に印象に残った曲が選ばれています。その流れのなかで僕の曲も選んでもらってうれしく思います。行進曲用のアレンジがどのようになるのか、とても楽しみです。
ワクワクして体が勝手に動くようなダンスミュージックになったらいいなと思って作った曲なので、高校生のみなさんがワクワクして「やるぞ」という前向きな気持ちになってもらえたらうれしいです。

シングル「恋」

発売中
【初回限定盤】(CD+DVD)
VIZL-1006/¥1,800+税
※スリーブケース仕様
【通常盤】(CD)
VICL-37189/¥1,200+税
<収録曲>
■CD
1. 恋
2. Drinking Dance
3. Continues
4. 雨音(House ver.)
■DVD ※初回限定盤のみ
『恋ビデオ。』 約63分
・特別番組「ニセ明、石垣島へ行く」
・「METROCK 2016」ライブ映像
星野源と友人によるコメンタリー付

OKMusic編集部

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全3枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP