超特急がインディーズ部門アルバム作品別売上年間首位獲得、同部門音楽ソフト総売上でも3位にランクイン

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「第49回 オリコン年間ランキング 2016」インディーズ部門アルバム作品別売上枚数ランキング年間1位を獲得した、超特急の2ndアルバム『Dramatic Seven』
画像を拡大して見る

「第49回 オリコン年間ランキング 2016」(集計期間:2015年12月28日付〜2016年12月19日付)のインディーズ部門では、超特急の2ndアルバム『Dramatic Seven』(今年10月発売:期間内売上4.3万枚)がアルバム作品別売上枚数ランキング年間1位に。また、超特急は同部門にて、本年度における音楽ソフト(シングル・アルバム・音楽DVD&Blu-ray)の総売上金額を集計したアーティスト別トータルセールス(ATS)でも、期間内総売上金額3.0億円で年間3位にランクインを果たした。

史上初の“メインダンサー&バックボーカルグループ”と言われる超特急は、ダンサーのカイ(2号車)、リョウガ(3号車)、タクヤ(4号車)、ユーキ(5号車)、ユースケ(6号車)、ボーカルのコーイチ(1号車)、タカシ(7号車)の7人で構成。2ndアルバム『Dramatic Seven』には、北川景子が主演を務めたフジテレビ系ドラマ「探偵の探偵」の主題歌「Beautiful Chaser feat.マーティー・フリードマン」、遠藤憲一と渡部篤郎がW主演を務めた関西テレビ・フジテレビ系ドラマ「お義父さんと呼ばせて」主題歌「Yell」などを含む全13曲が収められている。

なお同部門では、「ゴールデンボンバー全国ツアー2015「歌広、金爆やめるってよ」at 国立代々木競技場第一体育館 2015.11.12」(今年2月発売)をはじめとする映像作品が売上に大きく貢献したゴールデンボンバーが期間内総売上金額4.4億円でATS年間1位を、そして、約16年半ぶりの新作「ANOTHER STARTING LINE」(今年10月発売)で同部門シングル作品別売上枚数ランキング年間1位に輝いたHi-STANDARDが、期間内総売上金額3.7億円でATS年間2位をそれぞれ獲得している。

オリコン調べ(oricon.co.jp)

▼超特急『Dramatic Seven』試聴&ダウンロード

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP