ももクロ「行くぜっ!怪盗少女」が発売6年で50万DL突破、星野源「恋」は早くも25万DL

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

配信開始から6年でダブル・プラチナ認定(50万DL以上)を受けた、ももいろクローバーのメジャーデビューシングル「行くぜっ!怪盗少女」(2010年5月5日配信開始/ユニバーサルミュージック)
画像を拡大して見る

一般社団法人日本レコード協会が2016年11月度有料音楽配信認定作品を発表、秦 基博の「ひまわりの約束」(2014年8月6日配信開始/ソニー・ミュージックレーベルズ(アリオラジャパン))がミリオン(100万DL以上)作品として認定、その他1作品がトリプル・プラチナ、3作品がダブル・プラチナ、3作品がプラチナ作品として認定された。

ロングセラー楽曲が並ぶ中、ももいろクローバー(現ももいろクローバーZ)のメジャーデビューシングル「行くぜっ!怪盗少女」(2010年5月5日配信開始/ユニバーサルミュージック)が、配信開始から6年の時を経てダブル・プラチナ認定となった。同曲は現在女優として活躍している元メンバー・早見あかりも参加していた“ももいろクローバー”名義時代の楽曲で、今でもライブの定番曲として高い人気を得ているだけに、ももクロの人気の拡大と合わせてダウンロードされ続けているようだ。

またミリオン認定を受けた秦 基博「ひまわりの約束」は発表以来カラオケでも高い人気を獲得し、映画「STAND BY MEドラえもん」主題歌ということで世代を超えた支持も得ているようだ。トリプル・プラチナ認定を受けたRADWIMPS「前前前世(movie ver.)」、ダブル・プラチナ認定を受けた宇多田ヒカル「花束を君に」、プラチナ認定の星野源「恋」など、今年を代表するヒット曲が並んでいるのも今回の特徴だ。

■有料音楽配信における認定基準(シングルトラック、アルバム)

ゴールド:10万DL以上
プラチナ:25万DL以上
ダブル・プラチナ:50万DL以上
トリプル・プラチナ:75万DL以上
ミリオン:100万DL以上

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP