音楽配信でユニゾン「シュガーソングとビターステップ」がダブルプラチナ認定、RADWIMPSは「前前前世」でプラチナ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

2016年9月度有料音楽配信認定作品
画像を拡大して見る

一般社団法人日本レコード協会が2016年9月度有料音楽配信認定作品を発表、UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」(2015年5月27日配信開始/トイズファクトリー)がダブルプラチナ(50万DL以上)作品として認定、その他3作品がプラチナ作品として認定された。

UNISON SQUARE GARDENの「シュガーソングとビターステップ」は、TVアニメ『血界戦線』エンディングテーマに起用され、登場人物たちがラインダンスをする印象的なエンディング映像とともに、その名の通り、可愛らしく軽快な曲調の中に苦味が織り交ぜられたような楽曲として話題を呼んだ。
また、大ヒット中の映画『君の名は。』主題歌のRADWIMPS 「前前前世(movie ver.)/RADWIMPS」(2016年7月25日配信開始/ユニバーサル ミュージック)が早くもプラチナ認定となった。

その他、アルバム部門にてDREAMS COME TRUEのベストアルバム「DREAMS COME TRUE THE BEST! 私のドリカム」がゴールド認定となっている。

■有料音楽配信における認定基準(シングルトラック、アルバム)

ゴールド:10万DL以上
プラチナ:25万DL以上
ダブル・プラチナ:50万DL以上
トリプル・プラチナ:75万DL以上
ミリオン:100万DL以上

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP