Mステ出演で話題、HKT48・松岡はなセンターの新曲「最高かよ」踊りたくなる振り付けも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

HKT48「最高かよ」Type-A
画像を拡大して見る

松岡はながセンターを務める、HKT48の新曲「最高かよ」。9月9日放送のテレビ朝日系「ミュージックステーション」で披露され、「最高かよ!」と、たくさんの評価の声があがっている。これまでにない曲とも言われる「最高かよ」について、掘り下げてみた。

今回の曲を担当する選抜メンバーとは

センターで歌う松岡はなは、最初の選抜メンバー入りから約5か月ほどでこのポジションに抜擢された。この起用にはファンの多くが驚いたという。握手会の際での彼女の対応を評価する声が多く、以前のアリーナツアーでもセンターを務めていたことがある。
その他には、AKB選抜総選挙にて連覇を果たした指原莉乃や、6位に入った宮脇咲良、9位の兒玉遥ら16名が担当。中には、井上由莉那、本村碧唯など今後の活躍が期待されるメンバーも多い。

全て異なっているCDジャケット

今回のCDは全部で4種類。すべてのジャケットに写っているのは、松岡、兒玉、指原、宮脇の4人のみである。
以下は、それぞれのジャケットに写っている4人以外のメンバー。TYPE-Aは他に田島芽瑠、松岡菜摘、多田愛佳、朝長美桜。TYPE-Bは井上由莉那、田中美久、渕上舞、森保まどか。TYPE-Cは神志那結衣、矢吹奈子、田中優香、本村碧唯。劇場盤CDは4人の顔写真のみで、それ以外のメンバーは写っていない。
ちなみに、ジャケットはもちろんだが、カップリング曲やDVDの内容もすべて異なっている。全部欲しいというファンも多いことだろう。

2種類のパートで制作されたMV

「最高かよ」のMVは、メンバーのロケパートと歌パートの2つで構成されている。
ロケパートでは、松岡をはじめとするメンバーそれぞれが集音器を手に街を巡る。曲の中のMIXに関連した場所に赴き、音を集めるといった演出のようだ。
一方、歌パートでは、MIXを文字で画面に映し出したり、スタジオ風のセットの前で踊ったりと、個性が光る。明るすぎず暗すぎない照明も、このパートの魅力といえるだろう。
また、ダンスでは手足を大きく動かして踊る振り付けが多く見られる。難しい振り付けはあまりないため、このMVを観て踊りたくなる人もいるのではないだろうか。

この曲の聴きどころは、ずばりMIX

普段聴く曲としても良いが、ライヴなどでも会場が一体となって盛り上がれるような曲となっている。
どこをとっても申し分ないのだが、やはり聴きどころはMIXの部分だろう。いくつか歌詞に含まれているMIXを聴いても、何の違和感も感じさせない。
「最高かよ」は、これまでに類を見ない曲といえる。

「最高かよ」は、誰が聴いても明るい気分になれる曲に仕上がっている。また、今後行われるライヴの定番曲にもなり得るだろう。
興味を持った方は、一度聴いてみることをおすすめする。

▼9/9放送のMステで披露されたHKT48「最高かよ」試聴&ダウンロード

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全4枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP