世界的シンセサイザー奏者・冨田勲氏が逝去 大河ドラマや手塚アニメ、近年では初音ミクも

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲氏が慢性心不全のため逝去(photo by Yasuhiro Ohara)
画像を拡大して見る

作曲家・シンセサイザーアーティストの冨田勲(とみた・いさお)氏が、5月5日午後2時51分頃、慢性心不全のため東京都立広尾病院で逝去した(享年84歳)。同日昼頃に自宅で倒れ、搬送先の病院で家族に看取られながら息を引き取ったとのこと。

冨田氏は日本コロムビアで作曲家としてのキャリアをスタート、NHK大河ドラマの第1作「花の生涯」や手塚治虫アニメ「ジャングル大帝」「リボンの騎士」など多数の作品の音楽を手がけ、1970年代からはシンセサイザーをいち早く導入し、『月の光』や『惑星』など数々の野心的なアルバムを発表。日本人で初めて米グラミー賞にノミネートされるなど、世界的な評価を受けていた。近年では、2012年にバーチャル・シンガーの“初音ミク”をソリストに組み込んだ「イーハトーヴ交響曲」を発表し、国内外で上演を重ね話題に。また、今年11月に上演予定の新作「ドクター・コッペリウス」の創作活動を逝去の直前まで行っていた。

葬儀は5月7日・8日に近親者のみで執り行われ、後日お別れの会が予定されている。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全4枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP