水樹奈々が東京ドーム2DAYSで80,000人を動員、高さ7.7mの巨大アーマー型ロボットも登場

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

80,000人を動員した、水樹奈々東京ドーム公演の模様 Photo:hajime kamiiisaka
画像を拡大して見る

声優アーティスト・水樹奈々が、自身二度目となる東京ドーム2DAYS公演“NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016”を4月9日(土)・10日(日)の2日間に渡り開催、女性ソロアーティストとしては通算4度で最速での最多公演達成となった。

なお、この度2日間合計で80,000人を動員、それぞれ25曲を歌い大盛況となったライブのオフィシャルレポートが到着している。また、ドーム公演でも発表された通り、水樹は34枚目となるニューシングル(TVアニメ「この美術部には問題がある!」OPテーマ)を7月にリリース、また9月22日(木・祝)に自身初かつ念願となる阪神甲子園球場でライブを開催することが決定している。

■“NANA MIZUKI LIVE GALAXY 2016”オフィシャルライブレポート

9日公演ではセンターステージに斜めに突き刺さった大きな脱出型ポッドの中からスモークに包まれ、水樹が起き上がるように登場。
水樹の透き通る声と共に始まった1曲目は『ETERNAL BLAZE』。会場は一気にオレンジ色に染まっていった。
対して10日公演では、センターステージに水樹らしき人影が現れ、花道を火花が走ったかと思うと、爆発音と共に突然メインステージへ水樹が登場。そんなイリュージョン演出を見せた後、披露された1曲目は『禁断のレジスタンス』。全く異なる演出でスタートしたOPに、2日間通して訪れたファンでさえ、この後一体何が飛び出してくるのかと期待に胸を膨らませながら観ていたことだろう。水樹本人も「またこの場所に立てるなんて最高に嬉しい!」「今日のこの日を指折り数えていました」と、二度目の東京ドーム公演への意気込みを語った。

9日にはデビュー間もない楽曲やブレイクしたきっかけになった楽曲、現在に至る独特の歌唱法などを作り上げてきた楽曲が勢ぞろい。
前半戦では2002年リリース6thシングル『suddenly ~巡り合えて~』、2003年リリース3rdアルバム収録の『What cheer?』、2002年リリース2nd Album収録の『deep sea』を、後半戦では2004年リリース4thアルバム収録の『Take a shot』、2001年リリース1stアルバム収録の『Love’s Wonderland』、2006年リリースの13thシングル『SUPER GENERATION』などを歌唱。本編ラストには水樹が自身の人生のテーマにもなっていると語った、「一度きりの人生 楽しむべきだよね絶対」という歌詞が印象的な2003年リリースの7thシングル『New Sensation』で締めくくられた。

10日公演には、“水樹奈々”というアーティストの存在を確固たるものに押し上げた楽曲や新しいことに挑戦し続けるという音楽性がうかがえる楽曲を続々披露。
前半戦では2012年リリースの26thシングル『Synchrogazer』、28thシングル『BRIGHT STREAM』、2008年リリースの18thシングル『Trickster』を、後半戦では2014年リリース10thアルバム収録の『VIRGIN CODE』、2011年リリースの24th Single『POP MASTER』などを歌唱。本編ラストには「これから語っていく夢は宇宙では狭すぎます」という言葉と共に、同様の歌詞が印象的な2008年にリリースされた17thシングル『Astrogation』が披露された。

又、水樹といえばやはり大型演出も見どころの一つ。まず、惑星型のバルーンに吊られて空中に登場したのは、箒に乗った水樹。最高地点20mという東京ドーム2階のスタンド席まで飛び、会場の隅から隅までご挨拶。コンセプトは宇宙魔女っ子。大人になっても乙女の気持ちを忘れない、そして声優として多くの魔法少女を演じてきたからこそ実体験してみたかったとのことだった。
そして、本編後半のショートムービー明けには、なんと高さ7.7m、重さ1.5tもある巨大アーマー型ロボット“GALAXY-7”(ギャラクシーセブン)が出現!水樹の歌声に共鳴して動くというロボットの上に水樹が立ち、歌い上げたのは2015年にリリースされた11thアルバム収録の『Glorious Break』。「ロボットに乗りたいんですけど…、とスタッフさんに話したら会議室が凍りつきまして」と笑いながら水樹は話していたが、花道の上をスモークに包まれながら進んでくるその姿に会場ではこれ以上ない盛り上がりを見せていた。
加えて、アンコールで登場したUFO型のフロートや無重力の宇宙空間をイメージした、全16台のリフターなどがステージを彩り、楽曲毎に様々な表情を見せてくれた。

4月10日の公演にてソロライブ通算150公演目を迎えた水樹。「デビュー当時から応援してくださっている皆さんもいれば、最近水樹を知って、今日初ライブ参戦という方もいらっしゃって…。でもその皆さんが本当に心を一つにして、同じ曲で同じ笑顔を浮かべて…、一緒に応援してくださっている姿を見たら、時間なんて関係ないんだなって改めて感じました」と感謝の気持ちを述べ、「まだまだ夢は尽きない」と今後への意気込みを語った。

自身二度目となった東京ドームとなったが、二日間で18曲の楽曲変更という大きなチャレンジを見せてくれた今回の公演。水樹奈々というアーティストヒストリーを感じると共に、改めて圧倒的なアーティスト性と世界観に浸った二日間となった。
そして、2日目公演の最後には、9月22日に阪神甲子園球場でのライブ開催を発表。自身念願の場所での公演なだけに、今回とはまた違った、そして新たな演出でまた我々を楽しませてくれるのは間違いないだろう。

【セットリスト】

●4/9(土)公演 「-GENESIS-」
01. ETERNAL BLAZE
02. 残光のガイア
03. suddenly ~巡り合えて~
04. Never Let Go
05. Bring it on!
06. Exterminate
07. フリースタイル
08. エゴアイディール
09. What cheer?
10. deep sea
11. アンビバレンス
12. SUPER☆MAN
13. still in the groove
14. Take a shot
15. リプレイマシン -custom-
16. Glorious Break
17. Orchestral Fantasia
18. Love's Wonderland
19. Clutch!!
20. SUPER GENERATION
21. New Sensation
<アンコール>
22. BE READY!
23. Pray
24. innocent starter
<ダブルアンコール>
25. POWER GATE


●4/10(日)公演 <-FRONTIER->
01. 禁断のレジスタンス
02. Synchrogazer
03. BRIGHT STREAM
04. Never Let Go
05. Trickster
06. Exterminate
07. COSMIC LOVE
08. エゴアイディール
09. Mr.Bunny!
10. 少年
11. アンビバレンス
12. SUPER☆MAN
13. DISCOTHEQUE
14. 恋の抑止力-type EXCITER-
15. FEARLESS HERO
16. Glorious Break
17. VIRGIN CODE
18. Love Brick
19. Clutch!!
20. POP MASTER
21. Astrogation
<アンコール>
22. Rock you baby!
23. 天空のカナリア
24. 愛の星
<ダブルアンコール>
25. NEXT ARCADIA

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全14枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

PAGE
TOP