AKB48「ゴールドディスク大賞」で7冠達成、「シングル・オブ・ザ・イヤー」は6年連続受賞

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

「第30回 日本ゴールドディスク大賞」でシングル・オブ・ザ・イヤーを受賞したAKB48(写真左より、渡辺麻友、横山由依、柏木由紀)
画像を拡大して見る

「第30回 日本ゴールドディスク大賞」受賞作品・アーティストが2016年2月27日(土)に発表され、AKB48が「僕たちは戦わない」で「シングル・オブ・ザ・イヤー」を受賞したほか、全部で7冠を達成したことが明らかになった。

AKB48は、対象期間(2015年1月1日~12月31日)中に発売されたシングルで正味売上枚数が最も多い作品に贈られる「シングル・オブ・ザ・イヤー」と共に、「唇にBe My Baby」「Green Flash」「ハロウィン・ナイト」「僕たちは戦わない」で「ベスト5シングル」受賞、『ここがロドスだ、ここで跳べ!』『0と1の間』で「ベスト5アルバム」(邦楽)を受賞し、全部で7冠を達成。なお「シングル・オブ・ザ・イヤー」については、第25回から6年連続受賞となっている。

このたびの受賞について、AKB48は…

第30回日本GD大賞で、「僕たちは戦わない」がシングル・オブ・ザ・イヤーを受賞しました。シングル・オブ・ザ・イヤーは6年連続の受賞だそうです。本当にありがとうございました。
そして、ベスト5シングルとベスト5アルバムでも賞を頂いて、今年は全部で7つの賞を受賞することができました。これは、私たちの思いがいっぱい詰まっている作品のひとつひとつがたくさんのファンに届いたということですよね。感謝の気持ちでいっぱいです。
すべてはずっと私たちを支えてくださっているファンの皆さんのおかげです。これからもメンバーのみんなでがんばっていきたいと思いますので、引き続き応援よろしくお願いします。

…とコメントしている。なお、全受賞作品・アーティストの一覧や詳細情報については、ゴールドディスク大賞専用HPを参照されたい。

■ゴールドディスク大賞専用HP

http://www.golddisc.jp/

<<

<

  • 1

>

>>

この記事の画像一覧(全2枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP