【第58回グラミー賞総括】テイラーが3冠、ガガ・ジョニデらがレジェンド追悼パフォーマンス (1/3)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

第58回グラミー賞授賞式オープニングにて、「Out of the Woods」をパフォーマンスしたテイラー・スウィフト(Getty Images)
画像を拡大して見る

2016年2月15日(日本時間16日)にアメリカ・ロサンゼルスのステープルズ・センターにて、世界最高峰の音楽の祭典“第58回グラミー賞授賞式”が開催。人気アーティストらが多数出演し、豪華なパフォーマンスやプレゼンターの登壇などで盛り上がりを見せた。

テイラー・スウィフト「Out of the Woods」の華麗なパフォーマンスでスタートを飾った今年のグラミー賞授賞式。そのテイラーは7部門にノミネートされ、見事“年間最優秀アルバム”“最優秀ポップ・ヴォーカル・アルバム”“最優秀ミュージック・ビデオ”の3部門を受賞した。

最多となる9部門11ノミネートのケンドリック・ラマーは、“最優秀ラップ・アルバム”など5部門を獲得。囚人服でのライブ・パフォーマンスでも観客を魅了した。その他“年間最優秀レコード”にはマーク・ロンソン ft. ブルーノ・マーズの「Uptown Funk」が、“年間最優秀楽曲”はエド・シーランの「Thinking Out Loud」が受賞し、エドにとって悲願の初受賞となった。“最優秀新人賞”は昨年に引き続きノミネートされていたメーガン・トレイナーが受賞。マーク・ロンソンは3部門、アラバマ・シェイクスは“最優秀ロックソング”など3部門受賞となった。

そして毎回賞レースと同じく話題となる豪華パフォーマンスでは、TV初パフォーマンスとなったアリス・クーパー、ジョニー・デップ、ジョー・ペリー(エアロスミス)らの“ハリウッド・ヴァンパイアーズ”は、モーターヘッドのレミー・キルミスター追悼に加え新曲を披露。4年ぶりにグラミー賞に帰ってきたアデルや、ジャスティン・ビーバーなどが観客を酔わせた。ライオネル・リッチー トリビュートではジョン・レジェンドやメーガン・トレイナーらが登場し、ライオネル本人とも名曲の数々を披露。そして先月急逝したグレン・フライの追悼ではドン・ヘンリーらイーグルスのメンバーが登場し、ヒット曲「Take It Easy」を演奏した。

今年1月、新譜発表直後に逝去したデヴィッド・ボウイの追悼パフォーマンスには、レディー・ガガがボウイを彷彿とさせる衣装とメイクで登場。「Let’s Dance」「Heroes」など10曲をメドレーを熱唱した。

一方、日本人ノミニーで小澤征爾が指揮したオぺラ・アルバム「ラヴェル:「こどもと魔法」)が「最優秀オペラ・レコーディング」を見事受賞。小澤征爾は8回ノミネートで今回80歳にして初受賞となった。最優秀劇場ミュージカル・アルバムにノミネートされていた、渡辺謙が主演したミュージカル「王様と私」、および最優秀ミュージック・ビデオにノミネートされていたShin Nishigakiは惜しくも受賞を逃した。

なお、スタジオゲストにジョニー・デップとジョー・ペリーら豪華メンバーが登場したWOWOWでの生中継リピート放送は、今夜21時から行われる。

次ページ:■受賞コメント>

<<

<

>

>>

この記事の画像一覧(全10枚)

画像を拡大して見る>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP