ゆがんだ愛情、けやき坂46主演『Re:Mind』第7話レビュー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

星野花太郎

企画原作秋元康、けやき坂46メンバー11人総出演!! テレビ東京系列ドラマ25『Re:Mind』第7話が11月30日(木)に放送された。思い出すことを強いられた彼女たちが思い当たったのは、残された7人全員が出席したバーベキューパーティーのこと。失踪した美穂もいたそのパーティーではたして何が起きていたのだろうか。


けやき坂46主演『Re:Mind』第7話 (c)「Re:Mind」製作委員会

remindは、思い出させるという意味の他動詞。女子高生たちはなぜ囚われることになったのか、という問いかけになっている。彼女たちには、心当たりがあった。それは、彼女たちが「世の中の悪人を懲らしめる」を目的にした「真っ白な正義」という活動。独善的で犯罪的ですらあったその活動への報復だとしても不思議はない。もうひとつは、その「主犯」であった渡邉美穂への徹底的ないじめ。階段から突き落とされた彼女は車いす生活を余儀なくされ、その後行方知れずになっていた。彼女たちを見張っていた元教師の林も消されてしまい、監禁犯の正体探しは振り出しに戻った。

バーベキューパーティーの思い出

けやき坂46主演『Re:Mind』第7話 場面1 (c)「Re:Mind」製作委員会

部屋に残されたのは、柿崎芽実、加藤史帆、齊藤京子、佐々木久美、佐々木美玲、高瀬愛奈、高本彩花の7人。美玲が気づいた。あの日、別荘に一緒に行ったメンバーだ……。

渡邉美穂の彼氏・岡崎の別荘で開かれたバーベキューパーティーだった。当時、幼なじみが亡くなったことで、美穂はひどく落ち込んでいた。案じた久美が、美穂を元気づけようと岡崎に頼んで企画したものだ。

各人のスマホにはパーティーの画像や映像が残されている。朗らかに笑う史帆がカメラに向かって何やら話しかけている……。史帆はかつて話すことができたのだ。

動画のなかで、岡崎が美穂を伴って全員の前に立った。おもむろに婚約指輪を取り出すと、彼女の指にはめ、「僕は生涯きみを愛し続けることを誓います」と宣言した。「おめでとう」「未来の理事長に乾杯」の声が飛ぶ。岡崎は大病院理事長の跡取り息子だった。

愛奈が美穂の彼氏にストーキング

けやき坂46主演『Re:Mind』第7話 場面2 (c)「Re:Mind」製作委員会

楽しいパーティーのはずだった。しかし、それ以来美穂はますます元気をなくしていくことになる。岡崎には他に彼女がいるのではないかと口にすることもあった。

みながパーティの思い出を口にするなか、愛奈だけは不自然なまでに黙っていた。「そういえば、あの日の帰り、愛奈と岡崎さんだけが、バス停に遅れてきた」美玲が指摘する。「あの日を境に、愛奈は美穂からいじめられていた」という指摘も入る。愛奈は慌てて否定するが、スマホを見せてとリクエストされると頑ななまでに拒否した。明らかな挙動不審。全員が疑惑の目を注ぐ。隣にいた芽実が愛奈のスマホを強引に奪った。彼女は愛奈に巻き込まれる形で、美穂からいじめを受けていたのだ。

愛奈のスマホ内のアルバムには岡崎の写真がずらりと並んでいた。観念した愛奈は、すべてを白状した。パーティーの日、告白したこと。しかし即座にフラレたこと。それでも忘れることができずに、美穂のスマホから情報を盗み連絡先を知ったこと、岡崎のことを付け回すようにして、彼の姿を画像や映像として収めていたこと。岡崎を奪いたいがために、美穂には最低の男だから別れたほうがいいよとまで言っていたこと……。

史帆の秘密

けやき坂46主演『Re:Mind』第7話 場面3 (c)「Re:Mind」製作委員会

愛奈の常軌を逸した行動を聞かされて、みな声を失っていた。その行動は、本人は否定するが、ストーカーそのものだった。そのとき愛奈の足元から水が噴き出してきた。パニックに陥った愛奈は、泣き叫びつつ、バトンを史帆に投げつけた。「岡崎さんは美穂と別れた後、新しい彼女がいた。史帆、なに隠してるのよ」。絶叫のさなか、明かりが消えた。点灯したときには愛奈の姿は消えていた。

重い沈黙がその場を支配した。沈黙を破るように、芽実が史帆に向かって「何を隠しているのよ」と問うた。

今後の展開への伏線は2つ

けやき坂46主演『Re:Mind』第7話 場面4 (c)「Re:Mind」製作委員会

今後への伏線は2つか。ひとつは、亡くなったという美穂と久美の幼なじみ。前回あたりから、その存在がチラホラと挟み込まれているが、詳細はまだ語られていない。彼女は「真っ白」の創始者だったらしく、彼女亡き後、美穂がその意思を継ぐと思いを強くしている。壁に掛けられた絵画のほとんどが、姉妹をテーマにしているようなのも、もしかしたら関係するかもしれない。もうひとつは岡崎、またはその背後にいる大病院の理事長の存在。「真っ白」の活動が彼らの利権を潰すようなことだったとしたなら、その報復に監禁したとしても筋は通る。個人的な推理としては前者と後者の複合型ではないかとみているんだけどもどうだろうか。

第8話は12月7日(木)深夜1時より放送

史帆はなぜしゃべれなくなったのか。次回第8話はテレビ東京系列で12月7日(木)深夜1時より放送。

『Re:Mind』公式サイト
http://www.tv-tokyo.co.jp/remind/

主題歌「それでも歩いてる」とあわせて、お楽しみください。

それでも歩いてる

シングル

テレビ東京系木曜ドラマ25『Re:Mind』主題歌


試聴する
停止する

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP