指原莉乃とのコラボ、森戸知沙希の兼任加入、そして工藤遥卒業…結成20周年を迎えた激動のモーニング娘。'17(11)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

アイドル界の最前線にいるモーニング娘。は、結成から今年で20年となるだけでなく、来年はデビュー20周年を迎える。毎年名称を変えながら活動するモーニング娘。だが、モーニング娘。’17となった今年はどうだったのか。


本日10月4日リリースの最新シングル!モーニング娘。'17「邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!」

■新メンバー2人を加え、始動したモーニング娘。’17

モーニング娘。’17は、2016年に加入が発表されていた13期メンバーとして加賀楓・横山玲奈の2人を加えた全13人のグループとなった。

しかし1月6日、腰椎椎間板ヘルニアにより以前から療養していた佐藤優樹が、検査の結果を鑑みて、2月下旬までステージ活動を休止することが公式ホームページで発表された。ファンが佐藤の身体を案じる中、2月24日、佐藤が3月より開催のコンサート・ツアーのリハーサルから活動を再開することを公式サイト上で発表、安堵の声が聞かれた。

1月から、ライヴをはじめ、ラジオ番組やテレビ番組への出演、ライヴDVDのリリースなどをしてきたモーニング娘。’17。そんな中、4月29日に2011年に10期メンバーとして加入した工藤遥がモーニング娘。’17とハロプロからの卒業を文書で報告。今秋開催されるコンサートツアー、そして12月11日開催の日本武道館公演が、モーニング娘。’17メンバーとしての工藤の姿を観る最後の機会になるようだ。

■モーニング娘。’17として両A面シングルをリリース

モーニング娘。’17は、3月8日に63rdシングルとなる「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」をリリース。加賀楓と横山玲奈の13期メンバーが初めて参加するシングルということもあり、ファンの注目を集めた作品でもある(療養中のため、佐藤優樹は不参加)。

1曲目に収録されている「BRAND NEW MORNING」は、恰好良さが前面に押し出されたナンバー。どこか攻撃的なサウンドと、軍隊を彷彿とさせる歌詞が魅力である。新メンバーが担当しているソロパートも聴きどころの1つ。「WE ARE BRAND NEW MORNING!」と力強く宣言されるこの曲は、20周年を迎えて気持ちも新たにした彼女達の宣誓曲のようだった。

また、13期メンバーがサビのコーラス部分を担当している両A面の2曲目「ジェラシー ジェラシー」。聴いた人からは、1番の歌い終わりから流れるラップ部分が恰好良くて洒落ているとの声が多く挙がった。「ジェラシー ジェラシー」を聴く時にはぜひ注目して欲しい。

■他グループとのコラボ曲や過去作品のリメイクも

「BRAND NEW MORNING/ジェラシー ジェラシー」の「初回生産限定盤SP」には、変わった試みが。なんと、AKB48メンバーの指原莉乃と結成したグループ・サシニング娘。名義の「Get you!」が収録されている。リーダーの譜久村聖いわく、このナンバーはアイドルの王道ソング。聴けば口ずさみたくなること間違いなし。

その他の収録曲には、マルコメのCMで使用された「モーニングみそ汁」も。この楽曲は、モーニング娘。のメジャー・デビュー・シングル「モーニングコーヒー」のリメイク・ヴァージョン。原曲の歌詞にある“モーニングコーヒー”を、“モーニングみそ汁”に変更した、何ともホッコリするナンバーだ。

■カントリー・ガールズ 森戸知沙希が兼任参加

6月30日に開催された、ハロプログループ カントリー・ガールズのプレイングマネージャーとして活動して来た嗣永桃子のラストライブと前後して、夏以降のカントリー・ガールズの活動形態が発表された。メンバーそれぞれがハロプロの他のグループに兼任移籍、また学業専任することとなり、ファンを驚かせた。そして気になる移籍先のグループが6月26日に発表され、モーニング娘。'17には森戸知沙希が兼任参加することが発表された。

モーニング娘。の長い歴史の中でも、他のグループと兼任のメンバーが在籍することは初となる(タンポポやプッチモニなど、モー娘。あるいはハロプログループからのメンバーから抜擢されて後から結成されたグループは除く)。森戸知沙希は、7月よりモーニング娘。'17に合流、その活動をスタートした。

■森戸知沙希初参加&工藤遥ラスト参加シングルがリリース

10月4日、モーニング娘。'17として2枚目のシングルとなる「邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!」がリリースされた。このトリプルA面シングルは、森戸知沙希の初参加シングルであり、工藤遥ラスト参加シングルとなる。

「邪魔しないで Here We Go!」は、モーニング娘。らしいちょっと大人びた印象のミディアムテンポのナンバー。音数が少ないながらもセリフやコーラスなど凝った構成が魅力的だ。加入したばかりの森戸知沙希と佐藤優樹でWセンターとなり、メンバーそれぞれの見せ場もしっかりと用意されている。「弩級のゴーサイン」は打って変わってポップでアップテンポなナンバーで、歌チームとダンスチームに分かれてパフォーマンスを行っている。

そして「若いんだし!」は、卒業する工藤遥がメインの楽曲。海外で流行している“トロピカル・ハウス”がサウンドに取り入れられた軽快なナンバーで、MVでの演出はファンにとってはたまらない内容となっているので是非チェックしておこう。

▼モーニング娘。'17「邪魔しないで Here We Go!/弩級のゴーサイン/若いんだし!」試聴&ダウンロード

メンバーの加入、卒業のみならず、外部グループとのコラボや兼任メンバーの受け入れなど、結成20周年というアニバーサリー・イヤーというだけでなく、今年も激動の一年となったモーニング娘。’17。(まだ3ヶ月残っているが)。年末にはまた1人メンバーを送り出すものの、来年にはデビュー20周年という新たなアニバーサリーが待っている。今後もきっと彼女達は安定することなく、様々に変化し続けていくことだろう。

また5年、10年と続いて行く前代未聞の女性アイドルグループの未来に幸多きことをファンは祈りつつ、ずっと応援し続けていこう。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP