9期・10期メンバー8人加入!平均年齢が一気に下がり、“新生モーニング娘。”としてカラフル期に突入(6)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今年で結成20周年・来年デビュー20周年を迎えるモーニング娘。。9期、10期メンバー加入から高橋愛、新垣里沙と光井愛佳の卒業まで、ファンの間で“カラフル期”と呼ばれるなかでリリースされた楽曲の音楽性や魅力を紹介する。


田中れいな&道重さゆみ、9期10期メンバーの10人による13thアルバム! モーニング娘。『13カラフルキャラクター』

■9期メンバーの加入と高橋愛の卒業を迎えた2011年

9期メンバーとなる譜久村聖、生田衣梨奈、鞘師里保、鈴木香音の4人の加入が発表される。なんとモーニング娘。結成後に生まれたメンバーも登場。
そして9期メンバー初参加となった45thシングル「まじですかスカ!」がリリース。タイトルの通りスカ調の明るく楽しいサウンドに乗せた、キャッチーなギターと厚みのあるブラスが魅力。

そして5期メンバーの高橋愛がラスト参加となる47thシングル「この地球の平和を本気で願ってるんだよ!」がリリース。
高橋はセンターとメイン・ボーカルを務め、「恋愛レボリューション21」を想起させるようなファンキーな楽曲だ。サビの転調とテンポ・チェンジが盛り上げ感を高めてくれる。

■10期メンバー加入の新体制で活躍した2012年

2011年に加入が発表されていた10期メンバーの飯窪春菜、石田亜佑美、佐藤優樹、工藤遥の初参加となった48thシングル「ピョコピョコ ウルトラ」がリリース。日本テレビ系列ドラマ『数学・女子学園』の主題歌であり、ピコピコしたデジタル音が特徴のハウス系サウンド。ヒヨコがモチーフとなった可愛らしい音作りと、キャッチーで耳障りの良いサビが魅力だ。

■シングルTOP10獲得作品数歴代1位の快挙

第5期・7代目リーダーを務めた新垣里沙と8期メンバー光井愛佳のラスト参加となった49thシングル「恋愛ハンター」がリリース。

多彩な音色で作り上げた華やかなデジタル・サウンドに、アップ・テンポを歌い上げるメンバーそれぞれの歌唱も魅力。特にMVでは狩猟服を着たメンバーがハンターの動きに似せて踊る、クオリティ高いダンスがファンの間で話題となった。

本作は49作目のシングルだが、シングルTOP10入り作品数も49作と歴代1位を記録、女性グループとしては異例の活動の長さを誇っている。

▼モーニング娘。『13カラフルキャラクター』試聴&ダウンロード

クールでプロフェッショナルな雰囲気を纏った“プラチナ期”を経て、9期加入で「まじですかスカ!」、10期加入で「ピョコピョコ ウルトラ」と明るく楽しいアッパーな楽曲を放ったこともあり、ファンの間で“カラフル期”と呼ばれたこの時期。

それまでずっと固定メンバーで過ごして来たモーニング娘。だったが、9期10期加入で一気にメンバーが8人増え、また亀井絵里・ジュンジュンリンリンに始まり、わずか1年半の間に高橋愛・新垣里沙・光井愛佳が続々卒業、田中れいなと道重さゆみが残っているものの、若手メンバー中心のグループに生まれ変わった。プラチナ期最後は平均年齢が20歳以上だったが、新垣と光井の卒業時には一気に6歳近く平均年齢が下がり、その変化がいかに大きかったかを物語っている。

元々モーニング娘。は時期によって表情が異なるグループだが、ここまで来るともはや別のグループと呼んでも良いほどの変化だろう。しかし、先輩から受け継がれて来た“モー娘。の遺伝子”は確実に後輩達にも受け継がれており、それが後の再ブレイクに繋がるのだ。

“カラフル期”の楽曲はその名の通り様々なジャンルのサウンドで彩られているが、今でも人気が高い楽曲も多い。もし聴いたことがない人がいたら、この機会に是非聴いてみて欲しい。

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP