粗削りなパフォーマンスとソウルフルな歌声で魅了する“あヴぁんだんど”とは!?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

3月5日放送のテレビ朝日系音楽番組『関ジャム 完全燃SHOW』で「音楽業界のプロが選ぶ今知っておくべき10代アーティスト」で紹介された“あヴぁんだんど”。第2のもふくちゃんと称される、歌もパフォーマンスもセルフ・プロデュースの彼女たちを紹介する。


非常階段×あヴぁんだんど『あヴぁ階段〜恋のノイズ大作戦』ジャケット

■ポップでキッチュなサブカル・アイドル

2014年結成、スタート当初は別グループのオーディション選考から漏れたメンバー6名で結成。しかしいつの間にかセルフ・プロデュースになっていた、通称「見捨てられたアイドル」。現在は“宇佐蔵べに”と“小鳥こたお”の2人組。
2015年には1stミニ・アルバム『ピクニック at nerd park』に収録されている詩人・最果タヒ歌詞による楽曲「点滅バイバイ」を発表。
さらにノイズ・ミュージック・バンド非常階段とのコラボ・ユニット「あヴぁ階段」を結成、『あヴぁ階段〜恋のノイズ大作戦』をリリース。2016年は現代アートの祭典「瀬戸内国際芸術祭2016」にて単独ライブ行い、“宇佐蔵べに”は元たまの石川浩司、元BELLRING少女ハートのカイと共にアイドル・ユニットえんがわを結成するなど幅広く活動中。

■ヴィレヴァン店長・立山龍廣が推す10代の原石アーティスト

"遊べるサブカル本屋”として名高いヴィレッジ・ヴァンガード店長を務め、多数のイベント・ブッキングをしている立山龍廣から番組内で紹介された“あヴぁんだんど”。
サブカルを詰め込んだカオスな雰囲気、世界観はまさに「ヴィレッジ・ヴァンガードの本棚」と絶賛。
セルフ・プロデュースと銘打っているだけあり、第2のもふくちゃんとしても注目。
全楽曲の振付は宇佐蔵べに、即売会用のZINEも自作、さらにさまざまなブランド・モデルを務めながらTumblr“うさべにたんぶらー”にセルフ・ポートレートをアップしている。

■10代とは思えない豊富なサブカル知識をもつアイドル

耳を塞がなければならない程に元気な歌声と音が大きいライヴで知られているが、MCの時は打って変わって静かすぎるほどだというギャップを持つ彼女たち。
また小鳥こたおは流血デス・マッチやカルト映画にも精通しているほどのヲタクとして知られており、プロ・インタビュアーの吉田豪や漫画家の杉作J太郎 のイベントに出演した際も対等に話し合えるくらいの知識量で周囲を驚かせた。
インストアイベントではお店に観客が溢れるくらいの人気ぶりで、10代と思えないほどのトークで魅了する彼女に憧れるファンも多い。

▼非常階段×あヴぁんだんど『あヴぁ階段~恋のノイズ大作戦』試聴&ダウンロード

粗削りではあるものの、カオティックなパフォーマンスとソウルフルでピュアな歌に心打たれる“あヴぁんだんど”を一目見てほしい。この機会にぜひ!

<<

<

  • 1

>

>>

この記事のジャンル/テーマ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

今、あなたにオススメ

この記事の関連ニュース

PAGE
TOP