Hi-Res AUDIO かつてない豊かな音楽体験をあなたに

ハイレゾとはCDでは再現できなかった
生の音を限りなく再現した、高音質な音源です。

イメージ図

“ハイレゾ” とは、「ハイレゾリューション(High-Resolution)=高解像度」を略したもので、 “ハイレゾ音源”は「従来のCDを遥かに超える情報量を持つ音楽データ」を指しています。
従来のCD音源や音楽配信の音源は(ある程度)圧縮されたデータであるため、人間の耳で感知しづらい高音域の情報カットなどが行われていました。 ハイレゾ音源は情報量がCDの数倍から数十倍(※)もあるため、元々のスタジオで録音された空気感や臨場感をあますところなく感じることが出来ます。 ※サンプリング周波数等によって変動します。

ハイレゾ楽曲の仕様について

  • FLACとWAVとは?
  • kHzとbitとは?

ハイレゾ音源の最もポピュラーなファイル形式です。

対応するプレイヤーやオーディオ機器で再生することが可能です。

特徴としては、「可逆圧縮」が挙げられます。MP3などの一般的な音楽ファイルは「非可逆圧縮」方式でファイルが圧縮されており、 圧縮することで失われた情報は元に戻すことが出来ません。「可逆圧縮」であれば、圧縮前のデータを全く損なうことなく再現することが出来ます。music.jp®のハイレゾ配信では、このFLAC形式を採用しています(2015/7/15現在)。


music.jp®の
ハイレゾ楽曲データ仕様
その他のハイレゾ楽曲データ仕様 その他の楽曲データ仕様
データ形式 FLAC
フラック
(Free Lossless Audio Codec)
※リニアPCM(PCM)方式
WAV
ウェーブ(ワブ)
(waveform Audio Format)
※リニアPCM(PCM)方式
DSD
ディーエスディー
(Direct Stream Digital)
※DSD方式
mp3、mp4
特徴 圧縮されているが、圧縮前の録音
データを完全再生可能(可逆圧縮)
圧縮なし、録音データのまま デジタルノイズが低減され、
丸みのある曲に適している
音楽・動画などの一般的な
デジタルデータ形式
データサイズ
※()内は5分の96kHz/24bitの
音源の場合の目安のデータサイズです
大きいが、WAVの約半分程度
(約100MB)
かなり大きい
(約175MB)
かなり大きい(約200MB)
※2.8MHZ/1bitの場合
かなり小さい
(数MB程度)
ジャケット画像や曲情報の有無 有り 無し 無し 有り
フォーマット FLAC WAV DSF|DSDIFF MPEG3、MPEG4
サンプリング周波数 44.1kHz|48kHz|88.2kHz|96kHz|176.4kHz|192kHz など 44.1kHz|48kHz|88.2kHz|96kHz|176.4kHz|192kHz など 2.8MHz|5.6MHz ~48kHz
量子化ビット数 24bit以上 24bit以上 1bit以上 ~16bit
ファイル拡張子 .flac .wav .dsf|.dff .mp3|.m4a など
※サンプリング周波数/量子化ビット数に
よる「ハイレゾ定義」は、団体(JEITA/
日本オーディオの協会)によって異なります
容量があまりかさばらず、
ジャケ写や曲情報も
管理出来る!
再生可能な環境が
非常に多い!
CDの64倍(2.8MHz)、
または128倍の
圧倒的な情報量!
とにかく手軽で
扱いやすい!

音楽データの「情報量」を表す単位です。


  • 「kHz(きろへるつ)」:サンプリング周波数の単位

    1秒間に行われるサンプリングの細かさを定義しています。
    例えば音楽CDの場合、サンプリング周波数は「44.1kHz」ですが、これは「1秒間に44,100回のサンプリング(測定)を行っている」ことを表します。
    このサンプリング周波数が大きければ大きいほど、より原音の表現に近くなると言えます。

  • 「bit(びっと)」:ビットレート(量子化)の単位

    音の幅(レンジ)を表現する 細かさを定義しています。
    例えば音楽CDの場合、ビットレートは「16bit」ですが、これは音を数値化した際に「0~65535」で表現することが出来るということになります。「24bit」であれば「0~16,777,216」の範囲となり、ビットレートの数字が大きい方が、より細やかな音の表現が出来ることになります。

CD:秒間44.1kHz/16bit ハイレゾ:秒間192kHz/24bit

ハイレゾを聴くには?

購入前にご確認ください

・ファイルサイズが通常音源のものよりかなり大きくなるため、曲数によっては数GB以上になる場合があります。
保存先に十分な空き容量があるかどうか、事前にご確認下さい。
・ダウンロードするファイルサイズが大きくなるため、お客様の通信環境によってはダウンロード完了までに数分~数十分かかる場合があります。
・music.jp®のハイレゾ音源を再生するためには、ハイレゾ音源に対応しているプレイヤーが必要になります。

ハイレゾ音源はここが違う

高音質だからこそ聴きたいあの曲

イメージ図

クラシック

大編成の生楽器で演奏されるものが多いクラシックこそが、最もハイレゾの恩恵を受けるジャンルかもしれません。
本来想定されている楽器のセッティングや音響の設計など、従来のCD音源では再現出来なかった空間の広がり、場の響きまで感じることが出来るようになるでしょう。
これまでの音楽体験を覆す音の洪水が、あなたを待っています!

イメージ図

なつかしいあの曲

今のように録音技術が向上する前に発売された昔懐かしい曲などは、どうしても「高音質で聴く」という体験とは縁遠いジャンルでした。
ところが、そういった楽曲のハイレゾ化に際してよりハイレゾに適したリマスターが行われることが多くなり、それらは古ぼけた音像から、鮮やかな色彩を持った音に生まれ変わっています。時代が変わっても色褪せない名曲達を、まるでタイムマシンで現在に連れて来たかのような体験をしてみてはいかがでしょうか。

イメージ図

アニソン

意外なことに、ハイレゾ・シーンにおいても、現在の音楽シーンを語るには欠かせない“アニソン”(=アニメやゲームの主題歌)が高い人気を集めています。
音にこだわるファンが多いこと、さらに一般的なアニメオープニング曲の「1分30秒」という決められた制約の中で作品の世界観を表現するが故、情報量が多く緻密になる傾向があり、それらを存分に堪能するためにハイレゾというフォーマットが求められたのは必然と言えるでしょう。

ハイレゾを体験しよう ※無料サンプル配信中!

通常音源とハイレゾ音源を聴き比べてみよう

交響曲第9番 ホ短調 Op.95 「新世界より」 - 第4楽章

ボルティモア交響楽団/マリン・オールソップ(指揮)

※サンプル音源をダウンロードするには無料会員登録が必要です。

通常音源を試聴してみる
mp3|44.1KHz/16ビット

ハイレゾ音源を試聴してみる
FLAC|96kHz/24ビット


ボルティモア交響楽団とマリン・オールソップによる3枚のドヴォルザーク・シリーズより、最初のアルバム「新世界」に収録された“第4楽章”を未曾有のハイレゾ体験の入門としてご用意しました。
まずは曲の始まりから弦楽器の演奏から放たれる低音により、空気が震え、弦がきしむ息遣いまでもが再現されていることがわかります。その後の管楽器演奏部分ではトランペットの高音が頭から突き抜けるようにはっきりと聴こえ、その音像にはっとさせられることでしょう。
通常の音源と比べ、楽器同士の音の重なりが明らかに濁らず、個々の楽器の存在を常に感じることが出来ます。また、まるでオーケストラ・ホールで演奏を聴いているが如く、広大な空間での音の広がりを感じることが出来るのが、このハイレゾ楽曲の最も際立つ特徴と言えます。

これまでの音楽体験を全て“過去”にしてしまうハイレゾ楽曲。是非音楽を聴く素晴らしさを再発見して下さい。

ハイレゾをもっとよく知るための Q&A

ハイレゾを聴く方法

ハイレゾってどうやって聴くの?

ハイレゾ音源を聴くためには、目的や環境によっていくつか方法が選択出来ます。

このQ&Aでは以下の方法をご紹介します。

・パソコン(PC)での再生について
・ハイレゾ対応ポータブルプレイヤーでの再生について
・ハイレゾ対応スマートフォンでの再生について
・iPhoneでの再生について

パソコン(PC)でのハイレゾ音源再生方法

パソコン(PC)での再生について

ハイレゾ音源ファイルの再生に関しては、各ファイル形式をサポートしているプレイヤーで再生することが可能です。

【メーカーサポート有りの無料プレイヤー】
Media Go(SONY製):http://mediago.sony.com/jpn/features
AudioGate(KORG製):http://www.korg.com/jp/products/audio/audiogate3/

【その他の無料プレイヤー】
WAV:Windows Media Player(WMA)、iTunesなど
FLAC:foobar2000(無料)など

※music.jpでは上記プレイヤーのサポートは負い兼ねますため、それぞれのプレイヤーの詳細については、各提供元にご確認下さい。

また、多くのPCに最初から搭載されている内蔵スピーカーは一般的なCD音源相当の再生にしか対応されていないため、ハイレゾ再生対応ソフトをインストールしてPCで再生するだけだと、せっかくのハイレゾ音源もCD相当のクオリティでしか聴くことが出来ません。

PCでハイレゾ音質を楽しむためには、PCに外部機器「USB DAC」および「ポータブルアンプ」を装着し、高品位な音楽が再生可能なスピーカーやヘッドフォンに接続する必要があります(「USB DAC」にアンプが内蔵されている商品もあります)。
「USB DAC」とは、USBケーブルでPCと繋ぐことで、PCからデジタル信号として出力された音楽を、アナログ信号に変換して出力することが出来ます。

「USB DAC」は各社から様々なものが発売されていますが、機器によって再生出来るスペック(サンプリング周波数/ビットレート)が限られて来るため、購入時は十分にご確認頂くことをお薦め致します。

また、ネットワーク経由で再生が可能なハイレゾ対応コンポであれば、PCで購入したハイレゾ音源をコンポで再生することも可能となります。

ポータブルデバイスでのハイレゾ音源再生方法

ハイレゾ対応ポータブル音楽プレイヤーでの再生について

ソニーの最新ウォークマン(R)シリーズを始め、ハイレゾ音源を手軽に楽しむことの出来るポータブル音楽プレイヤーが近年多数リリースされています。

PCでハイレゾ音源をダウンロード、PCとハイレゾ対応ポータブル音楽プレイヤーを接続、データ転送することで簡単にハイレゾ音源を楽しむことが出来ます。

※ハイレゾ音質で楽しむには、ハイレゾに対応したイヤホンやヘッドフォンが必要になります。

ハイレゾ対応スマートフォンでの再生について

ハイレゾ対応スマートフォンでは、PCで購入したハイレゾ音源を転送するだけで簡単にハイレゾ音源を楽しむことが出来ます。

PCでハイレゾ音源をダウンロード、PCとハイレゾ対応ポータブル音楽プレイヤーを接続、データ転送することで簡単にハイレゾ音源を楽しむことが出来ます。

※ハイレゾ音質で楽しむには、ハイレゾに対応したイヤホンやヘッドフォンが必要になります。

iPhoneでハイレゾ音源再生方法

iPhoneでの再生について

iPhoneに登録されている音楽プレイヤーであるiTunesは、ハイレゾ音源(FLAC)の再生に対応していません(WAV形式の再生には対応しています)。iPhoneでハイレゾ音源を楽しむためには、「ONKYO HF Player」(有償)などのハイレゾ再生対応アプリをインストールする必要があります。

また、ハイレゾ音質で再生するためにはiPhoneに対応したポータブルアンプ、ハイレゾに対応したイヤホンやヘッドフォンを接続する必要があります。

PAGE
TOP