宝塚歌劇団特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚歌劇団

NOW HOT!

実咲凜音 ミュージック・サロン「Million Carat!!」

実咲凜音のミュージック・サロンから魅力的な数々の楽曲をお届け!

2017年3月に宝塚ホテルで開催された、4月に宝塚を卒業した実咲凜音のミュージック・サロン。桜木みなと、和希そら、宙組の若手男役スター2名と共に、その輝きの集大成を魅せます。花組時代の懐かしい曲から、最新の宙組公演まで、実咲の宝塚の軌跡を辿る宝塚メドレーを中心にお届けします。

雪組特集

NAGOYA-2017- 雪組 中日劇場「星逢一夜」

藩主の子息と身分なき娘の恋を烈しく哀切に描きだすミュージカル作品の中日劇場での再演版。

時は江戸時代中期、徳川吉宗の治世。九州の緑深き里、山々に囲まれた三日月藩藩主の次男、天野紀之介は、ある夏の星逢(七夕)の夜、蛍村の少女、泉と、その幼馴染源太と出会い、星観の櫓を一緒に組み上げる。その日以来、紀之介、泉、源太は、夜ごと星探しに夢中になり、身分を超えて友情を育んでゆく――。
しかし、別れの時はあっけなく訪れる。江戸藩邸に住む紀之介の兄が急死し、紀之介が嫡子として江戸に行くことが決まったのである。互いへの淡い思いを告げられぬまま、紀之介は泉を残して旅立っていくのだった。
紀之介は名を晴興と改め、将軍吉宗に伺候することになった。晴興を思い続ける泉と、泉に心寄せる源太。
彼らには思うままにならぬ運命が待ち受けていた。大人になった三人の関係は、巡る星々のもと、目に見えぬ力によって変貌させられていく――。

花組特集

花組 大劇場「雪華抄」

「花鳥風月」をテーマに絢爛豪華な場面が次々に展開される日本物レビュー。

「花鳥風月」という日本ならではの風雅な趣をテーマに、華麗に格調高く繰り広げる舞踊絵巻。
華やかな初春に始まり、きらめく夏の波濤、秋の月、そして雪の華の舞う世界から桜花夢幻の春へと、絢爛豪華な場面が次々に展開される日本物レビュー!

2016 バウホール公演主題歌集

2016年にバウホールで上演された作品の主題歌、挿入歌を集めた、TCA MUSIC!オリジナルのアルバムが登場!

収録公演

○鈴蘭(ル・ミュゲ) -思い出の淵から見えるものは-

○アイラブアインシュタイン

○FALSTAFF

○双頭の鷲

早霧せいなオリジナルコンピレーションアルバム

早霧せいなが歌う楽曲をイメージごとに集めたTCA MUSIC!オリジナルアルバムです。

TAKARAZUKA SKY STAGEスペシャル

宝塚史上に残る数々の名曲に、新たなスターが挑戦する番組。第10回は星組の綾凰華と天華えまが高らかをキーワードに名曲を歌います。

懐かしの1980年代特集

1988年に月組で上演されたショー作品。

舞踊神「シバ」のイメージを現代の世界に持ち込み楽しく、エキサイティングなショー作品。

©宝塚歌劇団/©宝塚クリエイティブアーツ

PAGE
TOP