宝塚歌劇団特集

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

宝塚歌劇団

月組特集

月組 TBS赤坂ACTシアター「雨に唄えば」SINGIN' IN THE RAIN

サイレント映画がトーキーへと移り変わる1920年代のハリウッドを描き出した、明るく陽気なミュージカル。

映画がまだ音も声も持たなかった頃――。
1927年、ハリウッドでは無声映画が黄金時代を迎え、スター達が栄光を目指してひしめきあっていた。中でも映画ファンの憧れの的は、モニュメンタル映画の看板スター、ドン・ロックウッドとリナ・ラモント。スクリーンで夢のようなラブロマンスを繰り広げる二人は、実際にも恋人同士だと噂されていた。しかしそれは、ドン&リナの人気を煽る為に宣伝部がでっち上げたゴシップ。にもかかわらず、当のリナまで自分はドンのフィアンセだと思い込む始末・・・。ドンは、いくら説明しても理解しないリナにホトホトうんざりしていた。そんなドンを元気付けるのは、親友でピアニスト兼作曲家のコズモ・ブラウン。かつて二人で組んでボードビルの舞台で歌い踊っていたドンとコズモは、有名になった今も、変わらぬ厚い友情と、音楽や歌に対する情熱で結ばれていた。
ある夜、ドンとリナの主演映画のプレミア上映会が華やかに催された。映画の評判は上々、ドンは打ち上げパーティーへ向かう。しかし道行く人々に気付かれ、たまたま居合わせた一人の女性と恋人を装ってファンの目を誤魔化す。キャシーというその女性は、いきなり現れた男性が今を時めくドン・ロックウッドだと知って驚くが、彼のスター然とした態度が癇にさわり、無声映画のスターはパントマイムをしているだけだと酷評する。
腹を立てつつも、キャシーの言葉が気に掛かるドン。その後、再会を果たした二人は、次第に惹かれ合うように・・・。

エリザベート -プレミアムオルゴールボックス-特集

『エリザベート』のナンバーをオルゴールの音色でお楽しみ下さい!

『エリザベート』のナンバーをオルゴールの音色で楽しめる、CD「エリザベート-プレミアム オルゴールボックス」より6曲を配信!

The Star Calendar 2019 特集

毎年好評のスターカレンダーメンバーによるオリジナルコンピレーションアルバムの2019年版が登場!

「2019年宝塚スターカレンダー」の表紙に続き、1月から12月までの紙面を飾るスターが歌う近年の代表曲で綴るオリジナルコンピレーションアルバム!カレンダーと共にお楽しみ下さい。

TAKARAZUKA SKY STAGEスペシャル

宝塚史上に残る数々の名曲に、新たなスターが挑戦する番組。第19回は花組の峰果とわ、泉まいらがメロディアスをテーマに名曲を歌います。

宝塚歌劇専門チャンネル「タカラヅカ・スカイ・ステージ」の音楽番組から2018年11月放送分の楽曲が登場!

1990年 懐かしの実況主題歌集

1991年に宝塚大劇場公演で上演された懐かしい貴重な作品の実況主題歌集のVol.1。

(収録公演)
花組 『春の風を君に・・・』『ザ・フラッシュ』
雪組 『花幻抄』『スイ-ト・タイフ-ン』
月組 『ベルサイユのばら -オスカル編-』
星組 『恋人たちの肖像』『ナルシス・ノア-ル』

1991年に宝塚大劇場公演で上演された懐かしい貴重な作品の実況主題歌集のVol.2。

(収録公演)
花組 『ヴェネチアの紋章』『ジャンクション24』
雪組 『華麗なるギャツビ-』『ラバーズ・コンチェルト』
月組 『銀の狼』『ブレイク・ザ・ボーダー! 』
星組 『紫禁城の落日』

1991年に宝塚バウホールで上演された懐かしい貴重な作品より実況主題歌をお届け!

(収録公演)
花組 『小さな花がひらいた』
月組 『カウントダウン・1991』『紫陽花の花しずく』『たとえばそれは 瞳の中の嵐のように』
雪組 『スポットライト・マジック』
星組 『グランサッソの百合』

©宝塚歌劇団/©宝塚クリエイティブアーツ

PAGE
TOP