スティーヴン・コヴァセヴィチ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

プロフィール

1940年10月17日、クロアチア(旧ユーゴスラヴィア)人の両親のもとに米国ロサンゼルスで生まれたピアニスト、指揮者。レフ・ショルのもとで学び、1959年、ロンドンに渡り、マイラ・ヘスの薫陶を受けた。スティーヴン・ビショップ=コワセヴィチ名義で活動し、1961年、ロンドンでベートーヴェンの「ディアベリ変奏曲」を演奏してセンセーショナルなデビューを飾る。以後、ロンドンを本拠として演奏活動を開始、1967年にはニューヨーク・デビューも果たした。1984年から指揮活動も開始し、アイルランド室内管の音楽監督も務める。レパートリーの中心はドイツ・オーストリアの古典からロマン派の作品で、中でも1990年以降録音を開始したベートーヴェンのピアノ・ソナタ全集は、高く評価されている。

スティーヴン・コヴァセヴィチのおすすめ作品

シングル

  • 人気
  • スティーヴン・コヴァセヴィチ ピアノ・ソナタ第18番  変ホ長調  作品31の3  《狩り》: 第1楽章:ALLEGRO

    ピアノ・ソナタ第18番 変ホ長調 作品31の3 《狩り》: 第1楽章:ALLEGRO

    スティーヴン・コヴァセヴィチ

  • スティーヴン・コヴァセヴィチ ピアノ・ソナタ第18番  変ホ長調  作品31の3  《狩り》: 第2楽章:SCHERZO (ALLEGRETTO VIVACE)

    ピアノ・ソナタ第18番 変ホ長調 作品31の3 《狩り》: 第2楽章:SCHERZO (ALLEGRETTO VIVACE)

    スティーヴン・コヴァセヴィチ

  • スティーヴン・コヴァセヴィチ ピアノ・ソナタ第18番  変ホ長調  作品31の3  《狩り》: 第3楽章:MENUETTO (MODERATO E GRAZIOSO)

    ピアノ・ソナタ第18番 変ホ長調 作品31の3 《狩り》: 第3楽章:MENUETTO (MODERATO E GRAZIOSO)

    スティーヴン・コヴァセヴィチ

  • スティーヴン・コヴァセヴィチ ピアノ・ソナタ第18番  変ホ長調  作品31の3  《狩り》: 第4楽章:PRESTO CON FUOCO

    ピアノ・ソナタ第18番 変ホ長調 作品31の3 《狩り》: 第4楽章:PRESTO CON FUOCO

    スティーヴン・コヴァセヴィチ

  • スティーヴン・コヴァセヴィチ ピアノ・ソナタ第30番  ホ長調  作品109: 第1楽章:VIVACE, MA NON TROPPO - ADAGIO ESPRESSIVO - TEMPO I

    ピアノ・ソナタ第30番 ホ長調 作品109: 第1楽章:VIVACE, MA NON TROPPO - ADAGIO ESPRESSIVO - TEMPO I

    スティーヴン・コヴァセヴィチ

スティーヴン・コヴァセヴィチの人気のシングルをもっと見る▶

アルバム

  • 人気
loading

PAGE
TOP