みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 129

多田かおる先生の[イタズラなKiss]、メディア展開で興味深かった製作物といえば☆ランキング

台湾や韓国でTVドラマ化されたりと、幅広い分野でメディア化されたこの作品。
あなたがよく見ていたり、好きだったなどの、興味深かった媒体を挙げてみて♪

現在の投票数
10

1

少女コミック

イタズラなKiss(フルカラー版)

多田かおる

■別冊マーガレットでの連載
原作。1990年6月号~1999年3月号 全23巻(未完)
投票ありがとうございました

10

あと

10

0

あと

10

23巻目が未完とはいえ、すごく素敵な終わり方でよかったです^^

多田先生が1999年に急逝された為、未完となっている事がとても悔やまれます。

2

少女コミック

イタズラなKiss(フルカラー版)

多田かおる

■日本版テレビドラマ

『イタズラなKiss』
1996年10月14日~12月16日 テレビ朝日系列 全9話

『イタズラなKiss〜Love in TOKYO』
2013年3月29日~7月19日 フジテレビTWO 全16回

『イタズラなKiss2〜Love in TOKYO』2014年11月24日~ 
『イタズラなKiss2〜Love In Okinawa』2014年9月12日(1回のみ) フジテレビ深夜
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

ドラマ化の時の柏原崇、めっっちゃかっこよかったー!漫画の入江君を見てるみたいでした^^

こんなにもドラマ化されていたとは! 今も放送しているんですね、今度チェックしてみよう。

3

少女コミック

イタズラなKiss(フルカラー版)

多田かおる

■アニメ
2008年4月4日~9月26日 全25話
琴子は水樹奈々、入江くんは平川大輔が、声を担当。
キャッチコピーは「愛されちゃってザマーミロ。」
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

製作当時、原作の連載開始から15年以上経っていた為、時代に合わない部分の細かい改変(登場人物に携帯持たせたりなど)があった模様。 23話以降は、多田先生が遺した構想メモなどによって、結末が付け加えられたそうです。

4

少女コミック

イタズラなKiss(フルカラー版)

多田かおる

■舞台 

「舞台版 イタズラなKiss 〜恋の味方の学園伝説〜」
2008年11月27日~12月7日(東京シアターサンモール)

「舞台版 イタズラなKiss 〜卒業編〜」
東京公演:2009年7月29日~8月9日(博品館劇場)
神戸公演:2009年8月12日~8月13日(新神戸オリエンタル劇場)
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

琴子は安倍麻美、入江直樹は八神蓮の配役。「卒業編」は「恋の味方の学園伝説」の続編で、キャスティングはほぼ同じだったそう。

5

少女コミック

イタズラなKiss(フルカラー版)

多田かおる

■ドラマCD
2005年1月~2006年春 計6枚
琴子の声を水樹奈々、入江くんの声を浪川大輔が担当。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

第4~6巻のオープニングとエンディングテーマ、水樹奈々が歌ってますね。 OPの「76th Star」、レベッカのNokkoや元メンバーの土橋安騎夫が参加してる。


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加