みんなの投票ランキング

新規ランキング作成

view 148

グルメ漫画の定番「美味しんぼ」に出てくる登場人物の言った名言は?

美味しんぼでは心に沁みる名言がたくさん。そんな言葉を集めてみます。

現在の投票数
0

1

【今は真冬だ。草は枯れ、昆虫は死に、すべての生命は活動を停止しているかに見える。一見すると死の季節だよ。だが、雪の下の地面の中ではもう春が始まっている。雪がとけたらすぐに飛び出そうと、こんなチッポケなフキノトウが健気にも生命の炎を燃やして、じっと待っているんだ。】第3話「春のいぶき」
山岡士郎のセリフ。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

2

【料理は、人の心を感動させてはじめて芸術たり得る。だが、おまえの今の心がけではどんな料理を作ったところで材料自慢、腕自慢の低俗な見せびらかし料理で終わるだろうっ!】 第4話「鮎のふるさと」
海原雄山のセリフ。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

3

【美食を芸術の域まで高める条件、それは唯一、人の心を感動させることだ。そして、人の心を感動させることが出来るのは、人の心だけなのだ。
材料や技術だけでは駄目だっ!!】第8話「もてなしの心」
海原雄山の一言。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

4

【驕りたかぶった心で握れば、シャリもガチガチに固まってしまうんだッ!!心のこもってないスシは、ただのシャリとネタの固まりだ!!スシじゃねえ!おまえのスシがそれなんだよ!!】第3話「寿司の心」
山岡士郎のセリフ。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10

5

【自分の真心をお茶をもてなすことで表そうというのが茶道であって、作法も茶道具も心映えなんだ。だから、高価な茶道具を自慢して見せたり、作法を知ってることを鼻にかけたりする人間は、茶道の本質から外れていると思う。】第3話「茶人といちご」
山岡士郎のセリフ。
投票ありがとうございました

0

あと

10

0

あと

10


1~5件 / 5件中
この中にないのでランキングを追加